悪役道化師はトマトがお好き

読了目安時間:5分

エピソード:2 / 4

第二話 大切なパートナー

 まといはゆめみ高台公園の階段を下りていく。途中ふと立ち止まり、先ほどまでいたベンチを見た。そして回想する。6年前、塩川に全てをぶつけて改心させた時のことを。  まといと塩川は、隣り合ってベンチに座っていた。塩川の手には手錠がはめられている。本来ならばすぐに連行されるべきところを、あまりに泣きじゃくるまといをみた担当者が融通をきかせ、塩川と最後の時間を作ってくれたのだ。塩川はバツが悪そうに言う。 「泣かなくていいんだよ。お前が泣いてたら俺は行けない」 「……だって。だって」    何度もまといはだってと繰り返した。続く言葉は出てこない。まといの涙をぬぐいながら、塩川は言葉を紡いだ。 「俺が戻ってくるまで待っててくれよ。そしたら伝えたいことがあるんだ」 「伝えたいこと?」  しゃくりあげながらもなんとか受け答える。それを見て、塩川はニッと笑った。 「ああ、だから泣くなよ。まとい」  そう言ってまといの頭をなでる。首が揺れるほどなでられながら、まといは不思議と涙が引いていくのを感じていた。  まといはそこまで思い返して、自分を呼ぶ声に我に返った。 「まとい!」  振り返るまとい。自分より数段下を歩く塩川が、怪訝そうな顔でこちらを見ている。 「すみません!」  まといは早足で塩川の方へ走っていった。  塩川の運転する車の中。  赤信号に停車する。まといはどこか落ち着かない気持ちだった。 「先輩が四輪乗ってるの、なんか不思議な感じです」 「そうか?」  片手をハンドルから離し、塩川が答える。 「そうですよ。先輩と言えばバイクですもん」 「バイクは今も好きだけど、今日はお前を迎えに行くつもりだったからな。こっちの方が便利」  まといは照れ笑いを浮かべた。つられるように塩川も笑う。 「やっぱいいよな。自由にどこでも行けるってのは」  ハッとして俯くまとい。 「ごめんなさい先輩私……」  塩川は続く言葉を遮った。 「やめろって。俺は悪いことをした。だから捕まった。それだけだろ?」  噛みつくようにまといは言う。 「だって私、先輩から自由を奪ってしまった。先輩が一番大切にしていた自由を」  まといの強い語気とは反対に、柔らかい口調で塩川が答える。 「あの時も言ったけど、お前が俺を自由にしてくれたんだよ。お前が俺と本気で向き合ってくれたから、俺はこの先どこにいて何をしてても自由でいられる。お前は俺の心を自由にしてくれたんだって」 「でも」  なおも続けようとするまといを塩川が制した。 「それに、捕まったあとも色々あったしな」 「色々?」  まといは首をかしげる。 「大切なパートナーにも出会えた」 「たっ、大切なパートナー?!」  塩川はまといの大声に一瞬ひるんだが、すぐに続けた。 「そ。だからお前が気に病むことはなにもねえよ」 「……はい」  まといは視線を塩川から外に移した。塩川の口調は優しかったが、これ以上この話題を続ける気はないと鈍感なまといにも感じ取れたし、何より自分に待っててくれと約束しながら他の人間をパートナーと呼んだことに、少なからず憤慨していたからである。 「そろそろだな」  車窓に銀行が通り過ぎる。それをみたまといは、今日本来の用事を思い出した。 「あ、まって」 「ん?」  塩川は前を見たまま少しだけ首を傾げた。 「振込今日までで、ちょっと寄ってもらえますか?」 「おう、了解」  ゆめみ銀行。機械の熱で少し暑い。  まといは窓口で金を振り込んでいる。塩川は隅でぼんやり天井を見ていた。振り込みが終わったまといが塩川に走り寄る。まといは振り込み証明書を塩川に見せ、笑んだ。 「お待たせしました!」 「おう、もう大丈夫」  か、と言いかけたその時、行内に銃声が響いた。驚いて音の方を向く二人。覆面をした男が一人、拳銃を持って立っていた。 「全員動くな。お前はこれに金を詰めろ」  一人の行員に袋を渡しているのが見える。行内の人々が動けずにいる中、塩川がつぶやいた。 「いきなり治安悪ぃな……うっし」  塩川の目がスッと鋭くなる。獲物を狙う獣の瞳だった。小声で続ける。 「さあ、ジョーカーのショウに」 「待って!」  まといが塩川の腕をつかむ。また塩川が遠くへ行ってしまうような気がしたのだ。塩川はまといの剣幕に一瞬ひるんだものの、すぐに微笑みを返す。 「だいじょうぶだよ。昔とは違う。そもそも使える異能は一つだけだ。トマティーナに誓ってひどいことはしねえよ」  まといの瞳が揺れる。 「ほんとう?」 「ホント」  まといは少し目を伏せてから塩川を見た。 「はい」  ニカッと笑う塩川。 「じゃあ改めて。さあ、ジョーカーのショウに」  強盗の方を向く。 「ご招待だ」  塩川はポケットの中で指を鳴らした。  窓口のそば。強盗ががなっている。 「とっとと金を詰めろ!」  突然強盗が目を覆った。 「うわああ! なんだ?!」  塩川は強盗まで一気に距離を詰めると、手刀で強盗の拳銃を落とす。 「なにが……がっ」  間髪入れず、顎に裏拳を打ち込んだ。昏倒する強盗。塩川はほっと息をついた。 「先輩!」  まといが塩川を横に押し倒した。まといの横を銃弾がかすめる。強盗の仲間が客の中に紛れこんでいたのだ。拳銃を塩川に向けながら、男は焦点の定まらない目で言う。 「何の手品か知らねえが舐めた真似しやがって」  まといを後ろに隠しながら、打つ手がないのを塩川は感じていた。その瞬間何かが空を切る音が響く。同時に男が拳銃を手から取りこぼした。誰かが男の拳銃をけり落したのだ。その誰かは、何が起きたかを男に悟らせる間もなく、空中で身を翻し、顔に蹴りを入れた。あっという間の制圧に、行内は静まり返る。静寂を破ったのは塩川だった。 「坂月!」  坂月と呼ばれたその青年は、何事もなかったかのように塩川に返答する。 「塩川。お前の異能は戦闘向きじゃない。無理はするな」 「わかってるって」  突然の展開の連続に、まといは首を傾げるしかない。 「おう。まとい、紹介するぜ」  塩川は坂月の横に立つと、まといの方を向いた。 「俺のパートナー。唯一無二の相棒! 坂月士だ」  坂月はまといを見ると、小さく笑んだ。 「坂月だ。よろしく頼む」 「あ、朱都まといです。よろしく……」  混乱しながらもなんとか言葉を紡ぐ。まといは驚いていた。自分以外何も信用できないと言っていた塩川が、唯一無二とまで言う男。まといの中に渦巻くそれは、嫉妬だった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこ剣士

    キコ

    ♡2,000pt 2021年6月3日 10時51分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    お慕い申し上げます

    キコ

    2021年6月3日 10時51分

    ひよこ剣士
  • 文豪猫

    ノザキ波

    2021年6月24日 15時01分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    ノザキ波

    2021年6月24日 15時01分

    文豪猫
  • ひよこ剣士

    キコ

    ♡1,000pt 2021年7月17日 17時11分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいぞ、もっとやれ!

    キコ

    2021年7月17日 17時11分

    ひよこ剣士
  • 文豪猫

    ノザキ波

    2021年7月18日 9時33分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    サンキューですよ

    ノザキ波

    2021年7月18日 9時33分

    文豪猫
  • ひよこ剣士

    キコ

    ♡1,000pt 2021年6月21日 23時05分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    キコ

    2021年6月21日 23時05分

    ひよこ剣士
  • 文豪猫

    ノザキ波

    2021年6月24日 15時01分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これからもよろしくね!

    ノザキ波

    2021年6月24日 15時01分

    文豪猫
  • ひよこ剣士

    キコ

    ♡1,000pt 2021年5月24日 22時02分

    字が……字が…大きくて…読みやすい気がする…

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    キコ

    2021年5月24日 22時02分

    ひよこ剣士
  • 文豪猫

    ノザキ波

    2021年5月24日 22時33分

    字が大きくて読みやすいですよね!! コメントありがとうございます!!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ノザキ波

    2021年5月24日 22時33分

    文豪猫
  • ロボ先生

    Edy

    ビビッと ♡1,000pt 2021年5月20日 22時34分

    《「ご招待だ」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Edy

    2021年5月20日 22時34分

    ロボ先生
  • 文豪猫

    ノザキ波

    2021年5月20日 23時24分

    ご招待ですよ!! ビビッとありがとうございます!!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ノザキ波

    2021年5月20日 23時24分

    文豪猫

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 真夜中のデスペラード

    君たち……おっぱいは、好きかい?

    298,100

    11,210


    2022年5月29日更新

    「おっぱいが……出るようになっちゃった……」 幼馴染の口から零れた言葉は、にわかには 信じがたいものだった。 小学校から、順調にカップを増やしに 増やして中学生となった今。 女性下着メーカーすらも匙を投げるK点 越えの偉業を成した上に――更には 有り得ない事に、おっぱいまで 出るようになったと言う。 これまでどおり、学校に通うためには制服をも 濡らす、おっぱいを……どうにか しなくてはならない。 けれども母乳パッドなんて方法は以ての外。 規格外の乳圧に悲鳴を上げ続けるブラに これ以上の無理はさせられない。 考えあぐねた末の結論が、母乳搾乳器なんて 電化製品のお世話になると言うもの。 行き着いた解答は、ショボかったけれども なんとか取り戻す学校生活。 しかし、次第に冷凍庫を圧迫し 始めていた、そのおっぱいは…… 著しく社会性を欠くアナーキストな主人公の ――斜め上過ぎる活用法のもと 波乱の序章を幕開かせる。 これは、第二次性徴期を迎えたばかりの 少年少女たちによる ほんの少しだけ、艶めかしい ちょっとおかしな ノワール・厨二ボイルド。 この主人公、わりと凶暴です。 ――――――――――――――――――――――― ※1話辺りの文字数は、およそ2000字前後。 ※書くだけ白々しくは御座いますが、本作に 犯罪を慫慂する意図は有りません。 ※小説家になろうの方でも以下のタイトルで投稿しています。 【真夜中のデスペラード】 https://ncode.syosetu.com/n0488gz/

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間30分

    この作品を読む

  • オモイ海をまとう。

    海をまとうの小説大会用です(^ω^)

    100

    0


    2022年5月29日更新

    初心者が頑張りました(^ω^)

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ギベオンの浄罪者ハラシア

    心の灯火よ。星を越え、闇を照らす光となれ

    73,900

    10


    2022年5月29日更新

    科学が迷信を否定したはずの現代日本で、人の心の闇から生まれる魔物「ウツロ」が次々と人を襲いだした。 生まれながらの魔法と超能力に恵まれた青年ラシルは、双子の妹と共に「ツインローブ」として顔と正体を伏せ、その力で魔を狩っていく。 彼らの使命は、万年の眠りから覚めた魔の首魁「大禍龍」の打倒である。 いずれのしかかる、その使命の重さも知らずに……。 王道回帰の骨太バトルアクションファンタジー。ちょっと懐かしいワクワクを。 続く限り日曜更新予定です。また、予告なく推敲が入る場合があります。 少年漫画並みに流血過多。苦手な方はご注意ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    240,780

    545


    2022年5月27日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間11分

    この作品を読む