恋愛/ラブコメ 長編 完結済

【BL】激情コンプレックス【全年齢版】

作者からの一言コメント

もどかしいすれ違いのBL群像劇

読了目安時間:5時間3分

【BL】激情コンプレックス【全年齢版】の表紙

小さな頃から仲良しだった悠と伊織。 女顔でいつも周囲の男の子にからかわれ泣かされている伊織の面倒を見ていた悠。 悠は、伊織が自分を頼って来るこの関係はいつまでも変わらないと信じていた。 しかし、成長するに連れて周囲は伊織の魅力に気づきはじめ、次第に伊織を囲むようになって行った。 そんな伊織を見て、自分は彼のいる世界にはふさわしい人間ではないと思った悠は、いつしか伊織を意識して避け始める。 やがて伊織はモデルデビューを果たす。 見た目と雰囲気が当たって即座に売れっ子になった伊織に、ますます隔たりを感じてしまう悠。 伊織の華々しいモデルデビューを複雑な心境で見守る悠だったが、今までと関係は変わらないと言ってくれた伊織の言葉に安心していた。 けれど、ある出来事を切っ掛けに二人はすれ違い、完全な絶交状態になってしまう。 その後、縁あって悠も伊織と同じモデル業界へ入り、今では業界で一、二を争うモデルとして活躍をしていた。 そんな時、悠の元に伊織の所属する事務所からしつこい程にオファーが届き始める。 伊織本人からのオファーであると確信する悠。 自分から手を離したくせに今更何をと取り合わない悠だったが、悠の知らない所で次第に周囲を巻き込み、状況はさらに複雑な事になって行く。 進学した先で悠に興味を持って色々と世話を焼く玲央。 中学時代から悠を知り、彼を見守るようにとある人物から言われた春夜。 彼らと接する事で、周囲に興味を示さなかった悠の気持ちも次第に変わって行く。 すれ違いにすれ違いを重ねた彼らは一体どこへ向かうのか……? 悠と伊織の関係は修復されるのか……? ※群像劇風味でお届けいたします。 ※はっきりとした性的表現はカットしている為ありませんが、匂わせる表現がある為性的表現有にチェックが入っています。 ※以前運営していたサイト(閉鎖済)で公開していた話を改稿し、投稿しています。  かなり古い作品なので、表現が稚拙だったりしますがご容赦下さい。 ※ムーンライトノベル・エブリスタ・アルファポリスにはR18版を投稿してます ※表紙右半分はyasagure様に描いていただきました!ありがとうございます(*´艸`)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【BL】激情コンプレックス【全年齢版】
作者名 姫嶋ヤシコ(旧名:シキバヤシコ)
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ BLフェア2020 シリアス R15 現代 群像劇 三角関係 愛され 美人受け ハッピーエンド BOYSFANコン
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月13日 17時55分
最終投稿日 2020年12月16日 21時00分
完結日 2020年12月16日 21時01分
文字数 151,685文字
読了目安時間 5時間3分
ブックマーク登録 15件
コメント 42件
スタンプ 66件
ビビッと 20件
応援ポイント 67,900pt
ノベラポイント 960pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔法人形~マドール~ ネットで出会った最強ゲーマーの正体は人見知りなコミュ障で俺だけに懐いてくる美少女でした

    ゲーム×ラブコメ×インターネット

    8,600

    10


    2021年9月22日更新

    インターネット上で†吸血鬼†を自称する最強ゲーマー・ヴァンピィ。 日向太陽はそんなヴァンピィとネット越しに交流する日々を楽しみながら、いつかリアルで会ってみたいと思っていた。 ある日彼はヴァンピィの正体が引きこもり不登校のクラスメイトの少女・月詠夜宵だと知ることになる。 人気コンシューマーゲームである魔法人形(マドール)の実力者として君臨し、ネットの世界で称賛されていた夜宵だが、リアルでは友達もおらず初対面の相手とまともに喋れないコミュ障で、自分に自信が持てずにいた。 そんな夜宵はネット上で仲の良かった太陽にだけは心を開き、外の世界へ一緒に出かけようという彼の誘いを受け、不器用ながら交流を始めていく。 やがてオフ会などを通じてリアルとネット両面での人との繋がりが増えていくにつれ、魔法人形で世界一をとることを何より優先していた夜宵の価値観は少しづつ変わっていく。 青春インターネットラブコメ! ここに開幕! ※表紙及び作中イラストは佐倉ツバメ様(@sakura_tsubame)に描いていただきました。

    読了目安時間:7時間50分

    この作品を読む

  • 人魚の姫さまと始める物の怪の世界での問屋家業!

    大人が読みたいエンタメ小説コンテス中間選

    6,200

    0


    2021年9月22日更新

    主人公大島新太《だいとう・しんた》の家は、元は海の商主を代々おこない商いをしてきた家である。戦後GHQの政策により商主をやめ、海産物等を扱う問屋、仲卸業へと以降……昭和のバブル期迄は、会社の実績もうなぎ上りの状態ではあったのだが。その後は平成、令和と、大手の企業に圧され会社の売り上げも下がる一方……。そんな最中に大島家の大黒柱の二名の様態が……。 だから更に新太の家の財政は下がるのみ……。 そんな最中に毎夜毎夜と、自身の家へと恨めしそうな声色で家を訪ね。玄関の戸を叩き、ノブを『ギシギシ』と開ける女性に新太は畏怖……。従姉で会社の事務件営業の亜紀姉へと相談……。祖父や父の女性関係まで尋ねるのだが。従姉は知らぬと言葉を返してくるのみなのだ。 だから仕方なく自分で解決をしようと勇気を振り絞る新太なのだが。毎夜自分の家を訪ねてくる時代錯誤の羽織に袴姿……。胴に刀と物々しい容姿の女性の後を密かに追尾……。 するとそこには、新太の家が代々守護してきた洞窟内の社の姿が……。 と、いった怪談噺から物語が始まります。 人魚伝説と水軍、海賊、商いと領地経営をメインにした物語で御座います。 お時間あればよろしくお願いしますm(_ _"m) ノベル0 第二回大人が読みたいエンタメ小説コンテスト最終選考作品の改修版で御座いますm(_ _"m) お時間あればお読みください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,200

    375


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む

  • 魔法少女になりたかったのに!

    魔法少女に憧れる少女のドタバタコメディー

    287,100

    700


    2021年9月22日更新

    「あんさんに、助けてほしいんや」 関西弁を話す奇妙な黒猫と出会った、魔法少女オタクJCの西村千秋。 そんな黒猫と契約した千秋が身を投じたのは、魔法少女になって敵と戦う運命――になるとばかり思っていたのに、実は悪の組織の一員になっていた!? 契約を破棄しようとする千秋。 だけど 「悪の組織を抜けたら、魔法少女オタクなことを周りにバラすで」 なんて脅されて、大好きな魔法少女の敵として戦う羽目に。 しかも悪の組織はブラック企業も真っ青になるくらいの労働環境。 果たして、悪の組織が魔法少女に勝てる日は来るのか? そして千秋は大好きな魔法少女を愛する日々に戻ることはできるのか!? 【表紙は大江戸ハマチ様(@Hamachi_Oedo)に描いていただきました。ありがとうございます。】

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む