ゼロからわかるストーリー創作講座

推敲せずに書いたので、もしかしたらわかりづらいかもしれません。 改稿する時が来た際に改めて新しい文章で投稿します。

七部構成とは~その3~

こうしたことを受けて、④の大きな出来事の発生には、登場人物が合流することになる大きな話の流れがここで具現化することになる。これが三つのうちのタイムライン「ストーリーという出来事」そのものとなり、先ほど話した「メインイベント」という潮流となる。この項目は山場の中では中間ほどの標高を持ち、やがてエベレスト級の山場を表出させるための手段としての第二段階としての大規模な事件となる。つまり、主人公をも巻き込む登場人物たち、またはその世界観に見合ったすべての生きとし生けるものに対する大問題、または危機だ。ハリウッドでは世界の危機として描かれることが多い。 この「メインイベント」は何が、または誰が引き起こすのか? それは基本的には敵役となる登場人物による目論みや陰謀、企みなどの顕在化を意味するが、同時にその世界観の変遷や変動も意味することがある。ストーリーを何かしらの形で変化させながら一つの結末へと持っていくためには、主人公にとって不利な立場を取るサイド、つまり、敵の目論みの進行が先行した方が主人公としてもストーリー上で動き出す動機を生じやすくさせることができるからだ。ストーリー上で起きた問題を解決するには、敵の目論みを逆転させるための主人公の動機付けが必要になるからだ。逆に言えば、敵の目論みが表出化しなければ、主人公に現状を打開するための動機付けが生まれずストーリー上で起きた問題、つまり山場の収束に事欠くからである。どちらにせよ、ストーリー上の問題となる山場は敵サイドが引き起こす役割であり、それを逆転させるための打開が主人公、またはそれに付随する味方サイドの役割となる。言ってしまえば、敵とはトラブルメーカーであり、主人公はそのソリューション役を買って出ることになるわけだ。 そうして、問題の解決方法を探す旅に出た末に導き出された真相の露呈となる展開が⑤の出来事の発端の解明である。ここでは、主人公の旅路が一つの到達点として描かれることになり、ここで出来事が起きた真相と主人公の関連が顕現することになる。つまり、なぜ主人公がストーリーの流れに席巻されてまで関わる必要があったのか、その本当の理由がここで明かされるのだ。その関連性が白日のもとにさらされることになって、そこで改めて、状況打開のための主人公の新たな決断と行動が決定づけられることになる。 そこに主人公の動きが生まれた時、ストーリー上の流れを収束させる具体的な解決方法が実行に移されていくことになる。これが⑥の決断であり、問題を解決するために最終的に敵と対峙する宿命を持つことになる。 ここまで来ると、ストーリーとしての構造に組み込まれるからくりは明白になり、あとは主人公と敵の対立の果てに待ち受けるクライマックスを描くのみとなる。ただし、この⑦の事態の収束は主人公にとって最大の危機となる場面が描かれる局面でもあり、今までのすべての伏線が明るみに出て、終わりへと向かうための衝突がストーリー上における最大の山場となって一気に収束していくことになる。つまり、問題を起こしたすべての要因をひとまとめにして解決するために、主人公と敵の決着がつけられることになるわけだ。この問題の収束には三つのタイムラインのうちの一つである「キーポイント」が状況打破のためのカギとなる。要はこれが敵に主人公を打ち勝たせるための、いわば武器としての役割を担う。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 傍観者でいられるはずなどなかったのだ

    ♡5,600

    〇70

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話・16,274字 色紙

    2021年1月18日更新

    この世界には大勢の名前も知らない誰かが生きていて、その数だけの物語があると偉い人は言う。 しかしながら俺が、思うに世界というのはたった一つの物語だ。そのたった一つの物語の中に我々は偶々混ざったに過ぎない。 この世の大多数の人々がモブキャラであり、数名の主要人物という舞台装置を目立たせるための小道具に過ぎないのだ。 ――そして無論、それは俺も例外ではない。 これはヒーローの話ではない。ただの俺の、モブですらない観客の一人語り。 空想に囚われた少女に出会ってしまった凡人の、どうしようもない話である。

  • 百合姉妹がイチャイチャしたりしなかったり

    ♡85,000

    〇730

    異世界ファンタジー・連載中・53話・114,998字 べるえる

    2021年1月17日更新

    幼き日に蒔かれた想の種は 笑みの眉開くまで その色を識ることはできない 北限の極寒の大地、ニフルハイム伯爵領。 伯爵の姉妹である白子(アルビノ)の姉と黒髪の妹は、大人達の陰謀に巻き込まれ心がすれ違っていく。 なんだかんだで仲直りした二人は、力を合わせて 世界に逆襲を始めるのだった。 神に見放された大地、辺境が舞台のダークファンタジー でも、そんなに残酷な感じではないイチゴ味。 表紙イラストは陽名ユキ先生(@hina__yuki)に描いて頂きました!ありがとうございます!! 需要的にニッチな方だと思うので、感想とか頂けるととっても嬉しいでっす。 HJ大賞2020後期に応募しました!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る