wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

読了目安時間:6分

エピソード:17 / 87

第十七話 帰ろう、一緒に

 ザーザーと雨の降る音が響く。  道行く人々は傘を差し、街灯が薄暗い住宅路地を照らす。  私はあの場所から逃げ出すためだけに、あてもなく走っていた。  足がもつれそうになっても、どれだけ息が苦しくても。  私は死に物狂いで走り続けた。  (私……どうして……っ)  水溜まりに足を取られ、バランスを崩す。  アスファルトの舗装されていない穴に足が引っ掛かり、私の身体は勢いよく地面に倒れ込んだ。  生暖かいものが口内に広がっていく。  すぐ傍に立った電柱から、灯りが静かに私を照らした。  道行く人々が何事かと私を一瞥しては、また何事もなかったかのように通り過ぎていく。  彼らは赤紫色に腫れ上がった醜い顔の私と目が合っては、慌てて視線を逸らした。  まるで化け物でも見てしまったかのような、そんな顔つきで。  ――クスクス。  ――クスクス。  どこからか、彼女の声が聞こえた。  それは、私を嘲笑う冷えきった声。  『だから言ったじゃない』  『あなたはこの力から逃れられない、と』  ――あなたが殺したのよ。  耳元で囁かれた気がして、ゾクリと悪寒が這い上った。  あの時、私は確かに見た。  男が力を失い、地面に倒れる姿を。  あの時、私は確かに見た。  満咲が恐怖に顔を歪め、その場から動けなくなる瞬間を。  瞳孔は開かれ、叫び声は枯れ、力なく蹲る他ない親友の姿を。  目と鼻の先。  突然、それまで生きていた人間が白目を剥き崩れ落ちる怪奇現象を前に、怯える他ない親友の姿を。  ――私は、見てしまったのだ。  (こんな力、使わないって決めたのに……!)  土砂降りの雨の中、街灯の光が静かに私を照らす。  私は地面に這いつくばったまま、声を上げて泣いた。  視界が酷く澱んで、周りがよく見えなかった。  幾つもの粒が地面に打ち付けられては細かい飛沫を上げているのを、私はただ虚ろに眺めていた。  (私はまた、人を……)  圧し掛かる重圧はとても支え切れるものではなかった。  今もなお、男が事切れた瞬間の表情が脳裏を掠めては、吐き気が込み上げる。  「まったくしょうがないな、君は。いい加減泣くの止めなよ」  頭上から死神の声が降り注いだ。  「君はあの子を守ったんだろ? 何で泣く必要があるんだよ」  それからミタは、得意げに「俺だったら今頃、全力で勝利を噛み締めているところだな!」と言葉を続けた。  虚ろな眼差しで、声のする方を見上げる。小さな死神の肩の上で、幾つもの雨粒が細かい飛沫を上げていた。  「まるで英雄だな、未玖。君は大切な友人を守ったんだ」  そう言って、彼は私に手を差し伸べた。  私は彼の手は取らず、痛みを堪えながら自力で立ち上がった。  顔についた泥を拭い、虚ろな表情で私は呟いた。  「英雄なんかじゃ、ない……私は、ただの」  ヒトゴロシ。  ――言葉を続けようとした瞬間、唇が強張って声が出せなかった。  「それにしても、クスクス。君、酷い顔だよ? 目元なんてまるでピエ……。ッハハ、○-1グランプリに出たら優勝出来るかもね」  「…………」  「ごめんごめん、冗談だって。まったく、君はもっと早く力を使えばよかったんだ」  「な…………」  「なあ。折角の可愛い顔が台無しだろ?」  雨空の下、小さな人形は乾いた声で笑った。  陰になった彼の表情はよく見えなかったが、彼が心から笑っている訳でないことくらい、私にも想像できた。  立ち上がった足が震え出す。  命を奪った二人の死に際の表情が過ぎっては、どこからともなく怨嗟の声が纏わりついてくるような気がして私は、  情けなく震えた吐息を漏らした。  「心のどこかで、私が死なせた二人が言ってくる気がするの。『何で殺したんだ』って」  一週間前のあのときとは違う。  私は、あの人が死んでしまうことを分かっていて、右目を瞑った。  人を殺すことを、自分で選択したんだ。  不安が募り、また涙が溢れてくる。  瞼から溢れた温い雫が、大粒の雨にとけて消えていく。  「死んだ方が良かったのかな」  通り過ぎていく人々が私を一瞥しては、見てはいけないものを見てしまったかのように慌てて目を逸らしていく。  まるで化け物(ヒトゴロシ)を見たような顔つきで。  「あの時私、死んだ方が良かったのかなあ……?」  ぽろぽろと涙が溢れて止まらなかった。  視界が歪む。私は腫れ上がった唇を強く、強く噛み締めた。  ヒトゴロシ。  お前なんて――人間じゃない。  道行く人々が、そう言っているような気がした。  あの時罪を償って死んでおくべきだったのだ、と言っているような気がした。  《まるで英雄だな、未玖。君は大切な友人を守ったんだ》  私は、英雄なんかじゃない。  私は、人間を二人も殺してしまった。  全身の力が抜けていく。  電柱にもたれかかった私は、よろよろとその場にしゃがみ込んだ。  自分の両掌が視界に映った。  それらが一瞬真っ赤に染まって見えた気がして、私は思わずヒッと顔を引き攣らせた。  死神は黙っていた。  静かに、氷のように冷たい雨が降り注ぐ。  道行く人の数は次第に減り、雨の音だけが路地に響く。  暫くの沈黙の後、頭上から死神の声が降り注いだ。  「本当に面倒臭いな。君」  それは酷く冷たい声で。  一瞬、肺が凍りついたかのような錯覚が襲った後、途端に呼吸が苦しくなった。  耳元で、自分の荒い呼吸が聞こえた。  歯の奥がガタガタと鳴っているのが、自分でもわかった。  どれだけ息を吸い込んでも、肺が広がらない。  次第に視界が明滅し、酷い寒気が全身を覆った。  しかし、次の瞬間――  「俺だって、君が死ぬのを見るのは嫌なんだ」  「え……?」  思わず声が零れた。  何故なら、  街灯の下、死神の表情が僅かに灯りに照らされた。  冷淡な死神の頬を、一滴の涙が伝っていく。  ――彼がどうして泣いているのか、理解出来なかったから。  「前にも言ったろ。生きていきたいなら覚悟を決めろ、って」  小さな肩を上下させながら、彼はゆっくりと言葉を紡いだ。  死神ミタは涙を流しながら、真っ直ぐに私を見つめた。  「誰かを守るために、誰かを傷つけることを躊躇う時間なんてない」  「………………」  「いつだって、()()()選ばなくちゃいけないんだ」  冷たい死神の言葉。  その瞬間は何故だか、とても温かく感じた。  「誰かを傷つけないで生きてる奴なんて、いないだろ?」  やがて雨が上がり、空を覆っていた雲が晴れていく。  夜空の向こう側に隠れていた月が姿を見せては、地上を煌々と照らした。  「頼むから、死んだ方が良かったなんて、もうそんな事言わないでくれ」  「ミタ……」  「折角君は、()()()()()()()()()()()」  彼はそう言うと、申し訳なさそうに視線を逸らした。  天使のように長い睫毛の下で、黒い瞳が僅かに揺れていた。  死神は口をつぐんだまま、それ以上何も言わなかった。  それは何かを隠しているかのような、どこか後ろめたさのようなものを孕んだ不安げな表情で、  そのとき彼が何故そんな表情をしていたのか、私には理解できなかった。  雨に濡れたアスファルトの上に、天井に輝く月が映った。  電線から滴り落ちた雫が波紋を起こし、水面に映った月が揺らいでは、やがて元の輝きを取り戻していく。  「あーあ。何でこんな面倒臭いことに巻き込まれちゃったのかなー」  「わ、私……」  死神ミタはハア、とわざとらしく大きなため息をついてから、両腕を頭の後ろに組み、困ったように笑って続けた。  「俺が暇じゃなかったら、絶対にこんなこと言わないんだからな?」  「ご、ごめんなさ……」  「後で、俺にアイス食べさせてくれたら許してやる」  彼はそう言ってニッと笑ってみせた。  ぶっきらぼうな死神の言葉が、私の心に優しく沁みわたった。  「ほら、帰るぞ。君の家に」  ミタが私の頭を撫でる。  優しい温度が冷え切った身体を包み込んでいく。  不意に、嗚咽が漏れ出した。  一週間前と同じ――彼の言葉も、彼の手も。  冷たく見えて本当は温かいその優しさが、心細くて不安だった私にとっては何よりもかけがえのないものに感じられて、  気がつけば私は、ミタにしがみついて泣きじゃくっていた。                       第十七話 帰ろう、一緒に  ――――――――――――  次回予告。  第十七話 帰ろう、一緒にの挿絵1

第二章完結まで、あと三話。 次回は明日、1月3日(日)投稿予定です。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ウルスラ

    白井銀歌

    〇100pt 2021年1月2日 18時42分

    未玖ちゃん、よく頑張ったね;; 人の命を奪う重みは理解しているつもりではありますが、それでももし私が彼女の立場だったら、やっぱり力を使ってしまうだろうなぁと思いました。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白井銀歌

    2021年1月2日 18時42分

    ウルスラ
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年1月2日 20時05分

    白銀さん、今夜もありがとうございます……! のべらポイントまで。゚(゚´ω`゚)゚。いつも、この温かいお言葉が大変励みになっています。 ええ、自分も迷わずに行使する気がします。あのDV男は怖過ぎです。。 これからも頑張る主人公を見守ってやってくださると嬉しいです✧٩(ˊωˋ*)و✧

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2021年1月2日 20時05分

    キューコ(デンドロ)
  • ブルーマーメイド

    藤しゃわ

    ♡1,000pt 2021年9月20日 21時48分

    ドキドキしながらここまでの展開一気読みしてしまいました。 満咲ちゃんのために恐怖と葛藤する姿...( ´^`° )とても読み応えがありました...!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    藤しゃわ

    2021年9月20日 21時48分

    ブルーマーメイド
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年9月21日 23時41分

    藤しゃわさん、一気読みいただき大変感謝です……! 素敵なコメントもとても励みになります(泣) 悩み葛藤しながらもその時々の最適解を目指して進む主人公達。これであらすじ回収もあと少し、今後彼らがどうなってしまうのか、宜しければまたお見守りいただけたら幸いです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2021年9月21日 23時41分

    キューコ(デンドロ)
  • くのいち

    希乃

    ♡1,000pt 2021年1月6日 0時01分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    希乃

    2021年1月6日 0時01分

    くのいち
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年1月6日 1時02分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「嬉し涙天の川」ステラ

    優月 朔風

    2021年1月6日 1時02分

    キューコ(デンドロ)
  • ノベラひよこ

    徒人

    ♡1,000pt 2021年1月3日 12時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「感動した!」ステラ

    徒人

    2021年1月3日 12時53分

    ノベラひよこ
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年1月3日 18時10分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「嬉し涙天の川」ステラ

    優月 朔風

    2021年1月3日 18時10分

    キューコ(デンドロ)
  • タイムトラベラー

    藍ねず

    ♡500pt 2021年1月4日 22時16分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    藍ねず

    2021年1月4日 22時16分

    タイムトラベラー
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年1月4日 23時15分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    報われました…!

    優月 朔風

    2021年1月4日 23時15分

    キューコ(デンドロ)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • “      ”

    タイトル浮かばないや。第三回勉強会用。

    0

    0


    2022年5月29日更新

    今回の例文、ハードルガン上げしとらん? 文豪に敵うわけないからいいんですけど、あんなん読んでからじゃなかなか浮かばんよ~。 前回までとは違うお話の脳内プロットから、シーン抜粋して書きました。目新しい描写は無理だけど、参加することがミッションなのだ。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ブラック・スミス 〜探偵と妖精泥棒と馬の蹄鉄

    あなたは、魔法を信じますか?

    51,200

    1,090


    2022年2月28日更新

    「――それでは、皆様。突然ではありますが、まずは僕の質問に答えて頂きましょう。皆様は、魔法を信じますか?」 1970年代後半、妖精伝説が国民に広く信じられているエルヴェシア共和国。その湾岸都市ブランポリスでは、大泥棒スワイリーの復活が世間を賑わせていた。スミシー探偵社の探偵社員であるジェムは、「より良い社会を実現するため」に活動する市民団体"蹄鉄会"の会長エメリー・エボニー=スミスから、グレアム支部長を通して大泥棒の調査を依頼される。そんな彼のもとへ、リリーとオルトンのふたりがスワイリーにまつわるロケットペンダントを持って人探しをも依頼してきた。しかもリリーには、なにやら不思議な力があるようで……。真実に近付けば近付くほど、彼らは己の無知に気付かされることになる。 ローファンタジーで、ちょっぴりサスペンスなミステリー。 ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ※残酷描写はPG12指定程度を想定しています。 ※サブタイトルを、旧『探偵と大泥棒と馬の蹄鉄』→新『探偵と妖精泥棒と馬の蹄鉄』に変更致しました。 この作品は「小説家になろう」様にも掲載させて頂いております。 映画のような、西洋文学のような、そんな文章を目指しております。がっくす3との共作となります。よろしくお願い致します。 ※《設定資料》(イラスト付き)を公開しました! ☆キャラクター原案・イラスト:がっくす3 Twitter:@gax3_original

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 報われない者たち ~祝2000PV感謝!毎晩更新!独特異色の哲学系学園譚!~

    第三章、武士道 vs 騎士道の体育祭!?

    29,600

    170


    2022年5月28日更新

    自殺一歩手前まで行った女の子が、高校に入学して七癖も八癖もある同好会に所属したことを転機に、先輩たちの心の闇を取り払うまでになる一年間の物語。 【あらすじ→】 高校に入学して間もなく、『報われない者たち』という謎の同好会に勧誘されてしまった水野舞湖。「なんだか面白そう」という理由でつい入会してしまうが、その活動実態は工作に筋トレに読書、小難しい議論をしているかと思えば、ボランティア活動と称した地域の七不思議の解明まで!? クラスマッチ、夏休み、体育祭に文化祭。高校生の日々を過ごす中でそれぞれの思想信条を持つクセ強な先輩部員たちに揉まれ、水野も段々と自分なりの ”ものの見方” を身に着け、人生に悩む先輩たちの心を支えていく。 そしてそれは、水野の心を救い、『報われない者たち』に水野を勧誘した張本人である、代表の杯賀にも……。 登場人物たちはみな日陰者、人生に社会にすべてを憂う "アンチ" 青春ストーリー「報われない者たち」、ぜひご一読ください。 各編予告動画↓ https://www.youtube.com/channel/UCJBNqWcDGjwyLRYqipiggIQ ※Twitterにあとがきのようなものを置いてます。 ※すべての発言、仕草、状況、展開を伏線だと思ってもらって構いません。本小説は群像劇、ないしは全体論的小説の一面を持ち合わせています。 ※本小説に登場する人物、集団、思想、発言、組織、商品、サービス、現象、地名、その他のすべてはフィクションであり、現実のそれとは何ら関係するものではなく、特定の何らかを推奨、勧誘、斡旋、揶揄、非難等をするものでもありません。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間46分

    この作品を読む

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    240,780

    545


    2022年5月27日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間11分

    この作品を読む