wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

読了目安時間:4分

エピソード:16 / 87

第十六話 血の涙

 雲一つない深い空に、煌々と輝く月が一つ。  生温い風。草木が擦れざわめく。  (満咲……早……く……)  赤く染まった視界の端に、友の姿が映った。  彼女は逃げ出すこともなく、ただその場に立っていた。  唇を強く噛み締め、俯きながら。  私が身を挺して守ろうとした友は、依然としてその場に留まり拳を震わせていた。  (に……げて……)  少しずつ意識が遠のいていく。  次の瞬間、男が一際大きく拳を振り上げた。  ――脳裏を、一抹の恐怖が掠めた。  どこかで死神の叫ぶ声が聞こえた。  少年の泣き喚く声が聞こえた。  彼女の嗤い声が聞こえた。  『さあ、早く』     『この男を殺して、楽になるの』  『怖いでしょう』  怖い。  私はこのまま、殺されてしまうかもしれない。  『痛いでしょう』  痛い。  息が苦しくなるくらい、気が遠くなるくらいに。  『それなら――』  でも、  「で……きない……そ……な事……」  乾いた唇が弱々しく震えた。  久方振りに発した声は、酷く掠れていた。  頭上の男が興味深そうに私を覗き込んでは、小首を傾げてニヤリと笑った。  それに合わせて、私も思わず顔を引き攣らせて笑った。  情けないけれど、  惨めだけれど、  《満咲の代わりに犠牲になれば、私の犯した罪は許されるだろうか》  全て、綺麗事に過ぎなかった。  助けて欲しい、と願ってしまった。  死にたくないと、願ってしまった。  自分で他人に手を下す覚悟も出来ぬまま、罪を(あがな)う覚悟も出来ぬまま、いつだって他人任せで、どうしようもない程の臆病者。  ――これが、本当の私なのだ。  「……ねぇ」  どこからか、声が聞こえた。  震えた声。けれどとても、真っ直ぐな声だった。  それが満咲の声だと分かった瞬間、私は思わず息を呑んだ。  「お願いが、あるんだけど」 ――――――――――― 第十六話 血の涙 ―――――――――――  彼女の声を聞いた男は、私を殴る手を止めた。  男は沈黙したまま、ゆっくりと彼女の方へ視線を移していく。  (満、咲……逃げて……)  遠くの方で草木がざわついた。  消えかけた蛍光灯が明滅を繰り返した。  人気のない静かな夜の公園に冷たい風が吹き抜ける。  逃げて、と口に出そうとした瞬間、千切れた唇にピリリと痛みが走った。  視界の端に友の顔が映った。  「私を好きなようにすればいい」  「………………」  「代わりに、未玖を解放して」  その顔には、強い怒りが宿っていた。  その顔には、強い覚悟が宿っていた。  何故だか無性に、嫌な予感が込み上げた。  それは焦りに近い感情で、  「おやおや、美しい友情ですか」  男は沈黙していた。  不様に腫れ上がった女子高生二人の顔を交互に眺めながら、嘆息を一つ。  それから、頭上の悪魔は赤く染まった自身の右拳を眺めながら、ヒヒ、と乾いた笑みを溢す。  「羨ましい限りですねぇ」  そう言って、男は立ち上がり、ゆっくりと満咲の元へ向かった。  「いいですね。いいですねぇ? 自己犠牲ですか」  「…………っ」  「美しい、うつくしい自己犠牲」  天から一粒の雫がこぼれ落ちた。  空は次第に陰り、やがて黒い雲が覆っていく。  「……そんなもの存在しない」  男はギリ、と歯を喰いしばり、満咲を睨みつけ低い声で唸った。  コートのポケットに手を伸ばした男は、次の瞬間――  「反吐が出る。」  私は思わず息を呑んだ。  瞳孔が開き、呼吸が、浅く、 なっ て い、く。  「え…………?」  男の手の中から、銀色のナイフが鋭い光を放った。  満咲は真っ直ぐに私を見つめ、恐怖に耐えながら必死に言葉を紡いだ。  震えた声。  覚悟を決めた彼女の最期の台詞は、確かに私の耳に届く。  「今までありがとう、未玖」  ――それは、  「もう十分だよ」  ――それは、一番あってはならない結末なのだ。  「私ね。幸せだった」  ――させてはならない。  「最後に未玖みたいな人間と会えて、幸せだった」  ――このまま親友を失っては、ならない。  「ありがとう。さようなら」  満咲は笑っていた。  苦悶に顔を歪め、大粒の涙を流しながら。  地面に這いつくばりながら、私は満咲を見上げた。  立ち上がろうと、必死になって全身に力を籠めた。  けれど身体はまるで金縛りにあったかのように動かず、  (満咲……!)  だめだ。  だめだ。  そんな事があってはならないのに。  「これで私、弟に会えるかな」  彼女の両肩は酷く震えていた。  彼女の歯がガタガタと音を立てていた。  それでも、満咲は逃げ出さなかった。  私を守ろうと。  私の代わりに、犠牲になろうと。  一粒、一粒。  天を覆う雨雲から溢れ出した雫が、頬を伝う。  男が少しずつ満咲の元へ近づいていく。  彼女は歯を強く喰いしばった後、恐怖に耐えながら笑った。  「今行くね……陽」  真っ赤に染まった視界の端に、  ()()()()空を見上げる彼女の姿が映った。  「そんな……姉ちゃん……」  近くで、少年の空しい声が聞こえた。  全身に力を籠める。  ――早く、  幽霊少年の泣き声が聞こえる。  ――早く、助けなきゃ。  しかし依然として身体は鉛のように重たく、焦りばかりが募っていく。  酷い耳鳴りがして、(つんざ)く様な音が頭の中でぐわんぐわんと鳴り響いた。  《俺ね。本当は……最後に姉ちゃんに、ありがとうって言いたかったんだ》  ――姉ちゃんを、助けて。  その瞬間。  幽霊少年の声が、耳元でハッキリと聞こえた気がした。  刹那。  すべての音が、ピタリと止んだ。  真っ白な空間に、私と男がたった二人。  一粒、一粒。  天から溢れ出した雫が、頬を伝う。  千切れた目尻の皮膚から、血の涙が頬を伝う。  ――マモラナケレバ。  強い何かが、私を突き動かした。  (()()()()()()()()。)  だから、私は――  男の()を見て、右瞼を瞑った。  ――――――――――――  次回予告。  第十六話 血の涙の挿絵1

元旦の投稿はお休みです。皆さまよいお年をお迎えくださいませ。 次回は、1月2日(土)投稿予定です。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • くのいち

    希乃

    ♡3,000pt 2021年1月5日 23時59分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ブラボー!!

    希乃

    2021年1月5日 23時59分

    くのいち
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年1月6日 1時00分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    優月 朔風

    2021年1月6日 1時00分

    キューコ(デンドロ)
  • 女騎士

    みんとす。

    ♡1,000pt 2022年1月30日 7時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    みんとす。

    2022年1月30日 7時14分

    女騎士
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2022年1月30日 15時53分

    みんとす。さん、また遊びにいらしてくださりありがとうございます!! 友人を守ることが出来た一方で、それは使わないと決めていたはずの力。主人公の行く末がどうなってしまうのか、また見守っていただけましたら幸いです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2022年1月30日 15時53分

    キューコ(デンドロ)
  • ひよこ剣士

    アカポッポ

    ♡1,000pt 2021年9月19日 13時18分

    殺人は癖になる。 ある小説のタイトルにもなった一文です(某web小説で読んだから知ってるだけ)。 『一度殺人を犯した者は、再び危機が訪れた時に殺人と言う手段に頼ってしまう』と言う意味だそうです。  また人を殺したミク。段々と闇に飲み込まれて行くようで、ゾワゾワします......

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    アカポッポ

    2021年9月19日 13時18分

    ひよこ剣士
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年9月19日 22時02分

    アカポッポさん、流石ですね。秀逸な感想をありがとうございます(某有名小説・有名web小説にも感謝ですね)。 あらすじは第三章で回収されます。次の殺しは一体何になってしまうのか、心をざわつかせながらもお見守りいただけたら幸甚です!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2021年9月19日 22時02分

    キューコ(デンドロ)
  • ウルスラ

    白井銀歌

    ♡1,000pt 2020年12月31日 18時15分

    とてもハラハラする展開でした……!満咲ちゃんの「今行くね……陽」というのが切ない。そしてついに未玖ちゃんが……!これはしょうがない、正当防衛ですよ。個人的にはよくやった!という気持ちなのですが、本人はそうでは無いんでしょうね。 年内の連続更新お疲れ様でした。良いお年を!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白井銀歌

    2020年12月31日 18時15分

    ウルスラ
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2020年12月31日 19時13分

    そうなんです、本当は空には居ないんですけどね。。未玖は仲間想いなので、満咲を守るために力を発揮してしまいました。そしてそれは、この先もきっと……。 いつも温かいお言葉をありがとうございます……! 白銀さんも、良いお年をお迎えくださいませ(*´˘`*)♥

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2020年12月31日 19時13分

    キューコ(デンドロ)
  • ノベラひよこ

    徒人

    ♡800pt 2021年1月1日 13時37分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鳥肌立った・・・

    徒人

    2021年1月1日 13時37分

    ノベラひよこ
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年1月1日 23時47分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    優月 朔風

    2021年1月1日 23時47分

    キューコ(デンドロ)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ノベプラ文芸部小説勉強会(仮)第2回参加用作品

    桜小路喫茶の怪盗は二度珈琲を淹れる

    0

    0


    2022年5月22日更新

    ノベプラ文芸部小説勉強会(仮)第二回の参加作品です。 サブタイトルの元ネタがわかった人は、ぼくと握手!

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 迂闊探偵を殺さないのは難しい

    その不死、全員が――迂闊。

    200

    0


    2022年5月22日更新

    ※リレー小説です。 とある古びたペンションで主人が殺された。 殺人事件に恐れおののく人々だったが、第二の事件が起きてしまう。 探偵、六梨モキョがホウ酸団子を食べた変死体で見つかったのだ。 それを見つけた助手の三橋蜂蜜は頭を痛める。 すみません、先生は迂闊にもネズミ捕り用のホウ酸団子を食べてしまっただけなんです。 参加者 黄鱗きいろ 白柴沙織子 互いを苦しめるために無茶振りをしあっているので、ぜひその苦悶と嗚咽をお楽しみください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る