wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

読了目安時間:6分

エピソード:51 / 87

第四十七話 「天才」

 同日、帰り道。  茜色が照り映える通学路。思考を巡らせながらぼんやりと歩く彼女を、同じ高校の生徒達が追い抜いていく。  彼女――門田永美は鞄から携帯端末を取り出し、両耳にイヤホンを装着した。  歩道の片隅で足を止め、瞼を閉じる。暗闇の中で静かなピアノの音が広がっていく。周囲の喧騒から離れ、余計な思考が浄化され、自分の世界だけが切り取られていく感覚。好きなクラシック音楽を聴いている間だけは誰にも邪魔されなかった。  改札をくぐり抜け、階段を上がる。ホームに辿り着くと丁度電車が来ていたので、慌てて乗車した。  ドアが閉まると同時に、車内の女子学生二人と視線が合う。どこかで見覚えがある顔だと思った。数秒ほど考えを巡らせたところで、クラスメイトの女子二人だと認識する。  「あ、門田さん」彼女達は永美に軽く会釈すると、再び自分達の会話へと戻っていった。  電車が動き出す。彼女は吊り革を握りながら、バイオリンの音色に集中した。ふと先日の満咲との口論が脳裏を過ぎったが、頭を左右に振ることで雑念の排除に成功する。  イヤホンから流れる音楽は長調から短調へ。透明な窓ガラスには彼女の姿の他、クラスメイト二人の背中も映っていた。  「でも、門田さんのあの長台詞、本当に凄いよね」  「分かる、流石『天才』って感じ。この前の全国模試も順位一桁だったんでしょ」  小声で会話している筈なのに、聞こえてくる。  彼女はイヤホンの音量を上げた。  「なんか住む世界違うって感じ」「ちょっと話しかけ辛いよね」  イヤホンの音量を上げる。  「ていうか、いつも『実験』って言ってるけど何なんだろうね」「正直、ちょっと変だよね」  「ちょっと美人だからっていつも男子からチヤホヤされて」  イヤホンの音量を上げる。  「最近ずっと一人だよね」「友達に見限られたんじゃないの?」  「「アハハハハハ」」  吊り革を握り締める右手に力が籠る。  電車がゴトン、と強く揺れる。電車の窓ガラスには孤独な女子高生の姿が映っていた。  (私は負けない。私は屈しない。私は……) ――――――――――――― 第四十七話 「天才」 ―――――――――――――  クラス委員長、前原(まえはら)(すず)の悪態は今日に始まった事ではなかった。  《門田さん、劇の練習サボって何処行ってたのよ》  《いつも女王様気取りでいいご身分よね。ちょっと頭が良いからって調子に乗らないで貰える?》  「天才」という言葉が重苦しかった。それは彼女を周囲から遠ざける言葉。  周囲は門田永美という人間にレッテルを貼り、彼女から遠ざかっていく。  孤独の恐怖を押し殺して明るく振る舞う日々は、息が苦しかった。  《辛かったね》  《僕が全部、受け止めてあげるから》  堀口優は、そんな彼女にとっての心の拠り所だった。  彼だけが唯一、彼女の孤独を理解してくれたから。  しかし、幸せな日々はある日突然終わりを迎えてしまう。  《僕はあの子と一緒にいくんだ》  別れの間際、彼は彼女にある事を打ち明けた。  それは、彼自身の秘密だった。  人間の負の感情が目に映ってしまうこと。誰もが化け物ばかりに見える世界の中で、化け物にならない人間を探していたこと。  以前から自殺願望があったけれど、それは「愛する人と共に死にたい」という歪んだものであったこと。  《僕はね、本当の愛を探しているんだ》  《僕の世界は生まれつき化け物ばかりだった》  《()()()()()()んだ。表面上は笑っていても、負の感情があれば黒い仮面みたいなものが表情に張りついて見える》  《はは。僕って不気味でしょ?》  それは荒唐無稽で、永美は彼が自分に嘘を吐いているのだと思った。  ただ自分を試すために、彼が嘘を吐いているに過ぎないのだと思った。  だから彼女は、彼のことを嫌いになれなかった。  それから数日後。堀口優が原因不明の怪死を遂げたというニュースを目にした時、彼女は膝から崩れ落ちた。その後も同じようにして二人が原因不明の不審死に見舞われたことを、父親達から聞いた。  同じような事故死が偶然に立て続けて起こるなんて有り得る筈がない。すなわち、これは自然発生的な事故ではない。  堀口優は唯一彼女の孤独を理解してくれた人間だった。そんな彼を奪った犯人を、彼女は赦すことが出来なかった。例えそれが神であったとしても、彼女はそんな理不尽な神を許すことが出来なかった。  《君の大切なお友達が、人殺しかもしれないんだ》  父親と捜査を共にしているある刑事からその事実を聞いた瞬間、彼女は絶望した。  けれど、否定の為の論理を組み立てようとすればする程、仮説は綻び、破綻していく。  《花、満咲。少し話があるのだけど》  理解していたはずだった。  《永美、あんた何言って》  《どういうことなの……永美ちゃん》  《違うの! 私はただ、そうかもしれないって可能性の話をしただけで》  彼を失った今、彼女のことを理解してくれる人間など何処にもいなくなってしまったというのに。  《未玖はあの時、あの男から私を庇ってくれたんだ!》  《あんなにボロボロになって、自分が殺されるかもしれないっていうのに》  《何度も。何度も何度も、何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も!》  夏目満咲の流した涙が彼女の脳裏に焼き付いて離れない。  神崎花の絶望する顔が彼女の脳裏に焼き付いて離れない。  《どうして……どうして、信じてあげられないの》  門田永美は初めから、孤独だった。  《未玖がそんな事するはずないのに!》  《でも、情況証拠から考えればこれは妥当な推論だと思うけど?》  心が泣きたいと叫ぶのを押し殺して笑う日々は、息が苦しかった。  孤独の恐怖を押し殺して明るく振る舞う日々は、息が苦しかった。  《ああ、そうか。永美ちゃんは未玖のこと、友達だと思ってなかったんだね》  《そ、そんなわけ……っ》  《永美ちゃんみたいに『天才』になっちゃうと、そんな風に考えるんだ》  「天才」という言葉が重苦しかった。  《この嘘吐き》  それは周囲から彼女を遠ざける言葉。  《上辺だけの、嘘吐き野郎》  周囲は門田永美という人間にレッテルを貼り、彼女から遠ざかっていく。  「何であんな事言ってしまったのかしらね」  電車が駅に停車し、ガタンと一際大きく揺れる。  ドアが開き、ぞろぞろと人が降りていく。振り返れば、先程のクラスメイト二人の姿も無くなっていた。  《私がきっと、満咲を説得してみせるからさ!》  ふと、蒲田未玖(連続殺人犯)の笑顔が脳裏を過ぎる。  駅のホームに軽やかな電子音が鳴る。慌てて駆け込んできた親子が「間に合ったね」と息も絶え絶えに笑い合っていた。  発車ベルが鳴り響く。けたたましい音に紛れて、項垂れた彼女は小さく掠れた声を零した。  「私だって、未玖のことは好きなのに」  ドアが閉まり、電車がゆっくりと動き出す。人の少なくなった車内はガランとしていたけれど、彼女は依然として立ち続けていた。  握り締めた吊り革がキィ、と乾いた音を立てる。  「仲直り、したいなあ」  そしてもう一度、何も知らなかったあの平和な日常に戻れたなら。  決して叶う事のない願望を心中で唱えながら、門田永美は自嘲気味に口角を持ち上げるのだった。  窓の外の景色が目まぐるしく移り変わっていく。見慣れた景色が過ぎる度、友人達とふざけ合った帰り道を思い出す。やがて電車は真っ暗なトンネルに吸い込まれていった。  一人だけ窓ガラスに映った女子高生は、失った日々を想い、静かに唇を噛み締めた。

「ねえ、未玖。大事な話があるの」 次話は、8月25日(水)投稿予定です。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ノベラひよこ

    徒人

    ♡2,000pt 2021年8月22日 15時03分

    うわあぁぁ…悲しいですね。 どうして仲違いしたのか気になっていましたが、永美さん…。 正直に話せちゃえば楽ですが、そうもいかないですもんね…。 早く仲直りして楽しい日々を送ってもらいたいです…。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    徒人

    2021年8月22日 15時03分

    ノベラひよこ
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年8月22日 19時50分

    徒人さん、コメントもポイントもありがとうございます!! 永美も満咲も悪い人ではないのだけれど、想いがすれ違ってしまいました。全てはあの男の所為ですね。 次回は遂に永美が未玖に本題を切り出します。待ち受けるのは希望か絶望か、引続き御付き合い頂けましたら幸いです!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2021年8月22日 19時50分

    キューコ(デンドロ)
  • 女魔法使い

    seokunchi

    ビビッと ♡1,000pt 2021年12月17日 11時00分

    《一人だけ窓ガラスに映った女子高生は、失った日々を想い、静かに唇を噛み締めた。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    seokunchi

    2021年12月17日 11時00分

    女魔法使い
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年12月17日 23時40分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御礼申し上げます

    優月 朔風

    2021年12月17日 23時40分

    キューコ(デンドロ)
  • くのいち

    希乃

    ♡1,000pt 2021年8月22日 10時51分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    謎は深まるばかり

    希乃

    2021年8月22日 10時51分

    くのいち
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年8月22日 11時19分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    燃えてキタ~‼

    優月 朔風

    2021年8月22日 11時19分

    キューコ(デンドロ)
  • ひよこ剣士

    みぎわ

    ♡500pt 2021年10月9日 23時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しい時間をありがとう!

    みぎわ

    2021年10月9日 23時22分

    ひよこ剣士
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年10月10日 1時47分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    またお越しください

    優月 朔風

    2021年10月10日 1時47分

    キューコ(デンドロ)
  • タイムトラベラー

    藍ねず

    ♡500pt 2021年9月20日 23時01分

    大切な人を奪った犯人が例え神であっても許せない激情と、犯人かもしれないと疑う友人を嫌いになりきれない葛藤。永美さんの心を潰しそうな現状と、何も知らない頃には戻れない寂しさが刺さります。ありがとうございます。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    藍ねず

    2021年9月20日 23時01分

    タイムトラベラー
  • キューコ(デンドロ)

    優月 朔風

    2021年9月22日 0時28分

    素敵なコメント、本当に励みになります。こちらこそありがとうございます……! 永美の心理は難しく、正直何度も悩みながら表現したところでしたので、刺さっていただけて感無量です。相反する感情が複雑に絡み合ってしまっている彼女こそ、心のない「天才」ではなく一番人間らしいのではないかと。。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    優月 朔風

    2021年9月22日 0時28分

    キューコ(デンドロ)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • sky bird

    変革後の世界で殺し屋と少女が空を舞う

    2,350

    0


    2022年5月22日更新

    奇跡なんて起こらないと信じられていた、その時代。その世界。 最終戦争と言われた世界大戦時、核兵器に優る新兵器の有害物質や複数の有害物質が混合して生まれた未知の物質などにより世界は歪んだとされている。そして歪みからカオス空間と後に呼称される異次元がうまれた。世界は変革した。 物理法則が狂い環境が変革した変革後の世界。世界はイフ(仮定=未来)とパスト(過去=絶対)に分かれた。人々はヤク(異能=厄災)とネイチャー(無能=自然人)に分かれた。世界は人間、突然変異で生まれた獣人、変革により生じた異形が混じりあい、更には未来と過去が両存する混沌のゴミ箱と化していた。 変革を作りしカオス空間の使者達はヤクやネイチャー等、人に扮して世界に混ざった。そして一つの支配階級を形成した。奴らを見分け、早期に世界を取り戻す。その志を持つ者はいない。何故か。知る者がほぼいないからだ。巧みな手口で世界からカモフラージュされた彼らはとある力で持って世界の命運(設定)をゲームのように決めていた。法則が常に変わる世界では生け贄と捕食者という関係性は崩れない。歪みが定期的に発生しカオス空間が生まれそこに現れた異形に餌を与え、満足すれば帰って行くというゲームだ。その餌の確保と自らの安全な暮らしのために、人は他者を犠牲にする。【彼】は人知れず全てを知っている。人知れず知りながら、彼はまだ誰にも明かさない。乱立する高層ビル群を飛びながら何かを知りながら素知らぬ風に空を舞う彼には事情がある。あるが、それを知る者は彼以外またいない。主に殺しを仕事でする彼だが、本職は便利屋である。イレギュラーとインビジブルの異能を持つ彼は今日も稼業に奮闘し、逃亡劇を繰り広げていた。が、かのビルで一緒に逃げていたミルミと出会った。 天下無敵の殺し屋自由人×裏がありそうだけど元気溌溂少女ミルミによる、自由を求める悲喜交々爽快痛快ファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む