現代/その他ファンタジー 長編 連載中

王都追放の落ちこぼれに、無双なんてありえない!?〜孤児院で育ったレイスが、物質を異空間に保管するだけの最弱スキルで、最強の仲間と出会い、共に世界を革命へと導く、成り上がり英雄譚〜

作者からの一言コメント

♰NICOLAS-DAGRAVIUS♰

 あの日、僕が逃げ出さなければ。異変にもっと早く気が付いていれば。きっと、こんな未来にはならなかったのかも知れない。臆病者の僕に立ち向かう勇気さえあれば。皆を守れるだけの力があれば。孤児院の家族を失う事だってなかっただろう。  運命に翻弄され、導かれたその先で時代の変革に巻き込まれる事もなかった。これは、信頼に足る仲間と出会い、僕がこの理不尽で不条理な世界に抗った歴史の一片。  そして──僕が〝英雄〟になるまでの物語。 ◆〖目次〗 ・第01章──星十字騎士教団:入団試験編  ≪第01話~第06話≫ ・第02章──星十字騎士教団:機械人形編  ≪第07話〜第 話≫ ※この物語はフィクションです──登場する事象・人物・団体等は架空であり、実在するモノとは一切関係ありません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 王都追放の落ちこぼれに、無双なんてありえない!?〜孤児院で育ったレイスが、物質を異空間に保管するだけの最弱スキルで、最強の仲間と出会い、共に世界を革命へと導く、成り上がり英雄譚〜
作者名 花笠月ノ雨
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル ホラー スプラッタ 成り上がり 最強 最弱 令嬢 恋愛 カップリング 革命 幽霊 スキル 女主人公 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月28日 17時33分
最終投稿日 2020年11月26日 6時03分
完結日 -
文字数 114,148文字
ブックマーク登録 45件
コメント 16件
スタンプ 69件
ビビッと 5件
応援ポイント 63,450pt
ノベラポイント 500pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あなたの普通って何ですか?

    ♡11,100

    〇260

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・47,992字 昆布茶

    2020年12月3日更新

    この世界には魂と心から発生するとされている、摩訶不思議なエネルギー、魂心力(こんしんりょく)というモノが存在している。魂心力〈こんしんりょく〉を使って戦う者たちは、魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉と呼ばれ、主に超常の異形などの怪異や、悪鬼となった魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉などを倒すため世界の裏側で戦っているのだ。 しかし未だ魂心力(こんしんりょく)のすべてを解明できているわけではない。 魂と心とは簡単に解明できるモノでもないし、仮に解き明かしたときにそれがどのように世界を変革させるかは誰も想像出来ていない。 されど、この世界の人々は戦う。超常の異形や怪異などに人々の安息を壊すことなどは許さないし、許していいわけがないのだ。 そんな中、一人の魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉に子供が生まれようとしていた。 今、生まれようとしている赤子のいた世界と限りなく近く、限りなく遠い世界。それがこの世界のおおまかな概要である。 その世界に落とされた赤子の前世は普通になりきれなかった男。 普通になりきれない男のチンケな泥だらけの戦いの軌跡がこの物語である。

  • 強いお姉さんは好きですか?

    ♡73,500

    〇540

    現代/その他ファンタジー・連載中・40話・84,012字 (有)八

    2020年12月3日更新

    「お前は人じゃない。バケモノだ」 手に持った刃物で首を刎ねる。 私怨、怨恨、憎しみによって生まれた異形の存在を殺す。斬咲魅那はれっきとした警察だ。 様々な事件で出会う人とバケモノ、そこで生きる一人の警察の物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • まだまだ、駆け出し初心者です。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・1,053字 村雨

    2020年12月3日更新

    BL学園ファンタジーです。 人外や不思議が嫌いな方はお勧めできません。 非恋です。見方によってはハッピーエンドではありません。 ご注意下さいませ。 (和風ファンタジーです。) ******************************************************************************** 須崎克典は、高等部の寮で荷造りをしていた。その横には恋人である早瀬晃がいた。 二人は今春から、同じ学園で高等部の隣にある大学への進学が決まっていた。 ふと気づくと、須崎は当たり前のように大学の寮の食堂に一人でいた。 自分の記憶に違和感を感じた須崎は、後輩に会うために高等部の寮に向かった。

  • この術に権威なんていらない、地に堕とす

    ♡9,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・38話・45,128字 伝説の大曲現品限り

    2020年12月3日更新

    禁術を使った男が、炎上か覚悟で、追い詰めたが、しかし、それは外れる。 ーーそして、負けてしまう禁術の実行者、vs戦うのは、ロボットたち。 カリスマをもった圧倒的実力者。そんな人物に惹かれた人間がいる。そしてそれは禁術の実行者からしたら脅威だった。 そしてバトるが始まる

    タグ:

    HJ大賞2020後期