ホラー 長編 完結済

長い夜

作者からの一言コメント

ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語

長い夜の表紙

神域である山や森で、人が行方不明になったり、街や里からなんの前触れも無く失踪することを、ある者は「神の仕業」としてとらえた。 そして、現代。神隠しなのか、事件なのか分からない出来事が多発。 そんな中、ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語が始まろうとしている── 【寄せられたご感想の一部】 「サイコサスペンス、かな! 冒頭から謎めいた緊張感のある展開が文字を追う目を急がせます!」 「 人の心の闇の深淵さ。。。。覗きたい、でも怖すぎる。でも次の 展開が知りたくて読み続けてしまうな。アディクトすぎるこれ」 「考えさせられる内容がとても面白かったです! 他にはない小説になっていると思います」 尚、当作品は「エブリスタ」にて同時連載しております。   Art by 香月  @s_z4230

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 長い夜
作者名 文月伶架
ジャンル ホラー
タグ シリアス 女主人公 現代日本 神隠し R15 恐怖 多重人格 精神世界 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月15日 19時57分
最終投稿日 2021年2月4日 20時30分
完結日 2021年2月4日 20時31分
文字数 92,055文字
ブックマーク登録 77件
コメント 138件
スタンプ 294件
ビビッと 59件
応援ポイント 520,479pt
ノベラポイント 76,079pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 都市伝説『きさらぎ駅』を題材にしました。

    ♡1,000

    〇0

    ホラー・完結済・1話・2,831字 絢城遥葵

    2021年3月1日更新

    代わり映えのない毎日。昨日と変わらない時間に電車に乗っていたのに、着いたのはいつもの駅じゃない。 『きさらぎ駅』 聞いたことのない名前だった。とりあえず電車を下りてみると……何もなかった。丁度良い温度の風が頬を撫でていくだけの空間で、自分自身に問いかける。 私は、生きているのか?

  • 全22話予定。

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・47話・53,590字 ネシオ

    2021年3月1日更新

    ある年の2月2日――。 冬の寒さに辟易していた高校一年生「六骸 修人(りくがい しゅうと)」の元に、同学年の生徒「藤鍵 賭希(ふじかぎ とき)」の友人「坂力 毅(さかりき つよし)」が自殺したという訃報がもたらされた。 修人は、友達が自殺した理由をどうしても知りたいという藤鍵の依頼を受け、坂力 毅について調べ始める。 それが地獄の日々の始まりだとも知らず……。