童話/絵本/その他 短編 完結済

不気味な少年マーレ

作者からの一言コメント

──いつだって子供達は見ている。

 幼少期に不思議なモノを見た経験はありませんか?  あれは、記憶の片隅に今も眠る……触れてはならないモノだった。  不気味な少年マーレと真面目な性格のエルメラは、いつも公園で遊んでいた。  大きな大きな湖のある公園のベンチに仲良く座り、2人のやり取りの中にソレらは何食わぬ顔でいつも居る。少年は笑い、いつもいつもエルメラにこう言うんだ「気味が悪い……」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 不気味な少年マーレ
作者名 花笠月ノ雨
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 女主人公 シリアス ダーク ホラー 日常 ノベプラオンリー 童話 絵本 不思議 不気味 少年 少女
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月21日 19時02分
最終投稿日 2020年11月21日 19時04分
完結日 2020年11月21日 19時04分
文字数 1,240文字
ブックマーク登録 2件
コメント 4件
スタンプ 5件
ビビッと 1件
応援ポイント 3,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡446,200

    〇2,504

    SF・連載中・77話・432,791字 新星

    2020年11月29日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 正義なんてモノは存在しない

    ♡988,949

    〇36,152

    現代/その他ファンタジー・連載中・88話・180,698字 ほしのななか

    2020年12月1日更新

    【本作はディストピア小説に属する近未来ファンタジー作品です】 貧困により苗字を売られた少年『創』は幼い頃大切な友達を殺された。 『ペスト』に侵されたネズミを喰い死んでいった友の仇をとる為、この腐った世の中に復讐する為、メスの刃を世界へ向ける。 メスを向けた相手が『化け物』だということを『創』はまだ知らない。 中途半端な正義へのアンチテーゼ。 子供たちの無垢な想いが汚い大人を、悪を淘汰する瞬間。どうか見逃さないでください! (表紙は『魅羅ちぇ555』様に、挿絵は『真琴』様と『魅羅ちぇ555』様に描いていただいており全て許可を得たものとなります)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 模写・二次創作・時々オリジナル

    ♡26,998

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・26話・6,604字 鹿シカさん

    2020年12月2日更新

    技術UPのため模写を中心に上げていきます。オリジナルもたまに出します。 模写のお手本は【ダンまち】に固定して、レベルアップしていきます。模写は基本線画だけです。綺麗な線画が自分の課題なので。 自分の画風が固定されてきたら、ファンアートを描いていくぜ! 【二次創作】【オリジナル フリー】を使いたい時はコメントください。 SNSに載せる場合は『鹿シカさん』をつけて投稿してね^^ 4500PVありがとうございます。 沢山の方に見ていただいて本当に嬉しいどすえ~^^

  • 名言っぽいものを思いついたら集めます

    ♡200,800

    〇55

    童話/絵本/その他・連載中・399話・16,793字 JEDI_tkms1984

    2020年12月2日更新

    名言、格言、金言、箴言、金句……。 「なるほど、深い!」と思わせるフレーズは数あれども、動もすれば私たちはそれら言葉の重みや意味よりも、”誰がそれを言ったか”に目を向けがちではないでしょうか?。 誰が言ったか? ではなく、何を言ったか? それこそが重要なのではないでしょうか? そこで朝起きてから夜寝るまでの間、なんとなく頭に浮かんだ名言っぽいものをここに掻き集めることにしました。 もしかしたらこういうのが何十年、何百年先にも残り語り継がれるかもしれません。 偉人でも有名人でもない、ひとりの無名がそれっぽいことをただ言うだけ。 読者諸氏の生き方のヒントになったり、考え方を変えるキッカケになったりと、何かしら影響を与えるものになればと思います。 (できるだけポジティブな内容になるよう努めますが厭世的、虚無的なものもたまにあります。また常体、敬体の統一はしていません)