SF 長編 連載中

『恐怖』という概念を失った無職の俺は裸でダンジョンを逃げ回る!〜感情を代償にして得たものは相手を異世界に転移させる力でした〜

作者からの一言コメント

最底辺からの成り上がりしたいですよね?

ビビり代表主人公・片瀬祐は、自動販売機の下に落ちている小銭を1年間かき集め、20万円する大人気VRMMO【グランディア・オンライン】を購入する。ジョブ、特性などは完全ランダムのその世界で、どんな自分に生まれ変わるのか楽しみにしていたユウだが、ジョブ『無職』特性『逃走』という現実世界の自分そのものになってしまう。 それでも奇跡的に無職専用のガチャで『恐怖』を代償に『異世界転移』という半分チート魔法を入手。どんな敵をも異世界へ飛ばしてしまうこの魔法で誰も倒せなかった階層主を消滅させたが、討伐判定では無いのでレベルが全く上がらず……?  それでも怖いものを知らないユウはダンジョンを裸一貫で深層部まで潜り進め、最速階層攻略の称号を手に入れてしまい―― これは限定プレイヤー認定され、【使命】を持ったが為に現実世界に帰れなくなった最弱逃げ腰冒険者ユウが織り成す、成り上がり冒険譚ッッッ!(初めての仲間は難アリの淫魔のハーフなんじゃ……)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 『恐怖』という概念を失った無職の俺は裸でダンジョンを逃げ回る!〜感情を代償にして得たものは相手を異世界に転移させる力でした〜
作者名 リミル
ジャンル SF
タグ アクション/バトル エルフ VRゲーム 転生/転移 ダンジョン 底辺 成り上がり 魔法 ジョブ 無職 クズ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月20日 19時45分
最終投稿日 2020年6月21日 0時35分
文字数 6,597文字
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 西部劇×SF=百合!?

    ♡500

    〇200

    SF・連載中・29話・101,393字 ジョンブルジョン

    2020年10月25日更新

    地球から飛び立った数十にも及ぶ移民惑星探査船団。 その内の一つ、第12船団が長い旅路の末辿り着いたのが惑星XIIアースで有る。 船団が到着し200年あまり。 地表の大半を砂漠に覆われ、頻繁に砂嵐が吹き荒れる過酷な環境下でも人々はしぶとく生き残っていたが、その文明レベルは大きく後退していた。 地表に辿り着けず墜落した船も多い。 そんな船の残骸から過去の遺産と呼ばれる、ロストテクノロジーを探し出すのを生業とする者達がいた。 『賞金稼ぎ』と呼ばれる者達だ。 女賞金稼ぎルビーはひょんな事から見つけた過去の遺産で有るアンドロイドのサファイアと共に、今日もお宝を求め荒野をさすらう。

  • 2020年10月25日更新

    がたいが良くて理系脳の多趣味で気弱な若者が、どう考えても罠としか思えない課程を経てパイロットをさせられた。 そんな彼の配属されたのは諜報機関と同じ指示系統の「特殊な部隊」。ある才能を見抜かれて「特殊な部隊」運命を変える選択を迫られた。 その部隊名は長すぎて不便なのでは略称「火盗」と呼ばれる「特殊な部隊」とされている。 辞令を受け取った彼を迎えに来たのはちんちくりんな「人類最強」のエースを名乗る口の悪い幼女。 彼女に連れられて行った先には、駄目人間でインテリ、「プライドを捨てた男」を自称する奇妙な隊長だった。 他にも勤務中にバイトで下請けのシステム開発をしている、バイオノイドの女小隊長。 銃を肌身離さず持ち歩く気分屋でいつ発砲するか分からないフォーク命で女ガンマン気取りのサイボーグの下で働けという。 さらに運用する艦の艦長は「脳ピンク」隊長の言う事を本気で信じていてギャグしか頭にないバイオノイド。 必要と感じないと割り算すらできないが何故か人望がある生涯「ワル」の技術班長など、ほとんど犯罪者寸前の馬鹿ばかり。 そんな犯罪者一歩手前のイカレタ連中と生活して、彼らを理解することで若者は成長していく。 彼はある事件をきっかけに強力な力に目覚める。 それはあってはならない強すぎる力だった、その選択が宇宙のすべての人々を巻き込む戦いへと青年を導くことになる。 コアネタギャグ連発のサイキックロボットギャグアクションストーリー。