ミステリー 長編 完結済

恩寵眼の絵画修繕者 ~僕と鬼神様は静かに暮らしたい~

作者からの一言コメント

サスペンス×アヤカシ×絵画

読了目安時間:4時間8分

恩寵眼の絵画修繕者 ~僕と鬼神様は静かに暮らしたい~の表紙

青年、昼川風太(ひるかわふうた)は、グレイス・アイ(恩寵眼)と呼ばれる特殊な目を持っていた。 不可思議ものを見る力をひた隠して生きてきたのだが、ある雪の降るセンター試験当日に鬼神様と出会いを果たし日常が一変する。 平穏な大学生活を送るために『高天原機関』という人ならざるモノたちの依頼を受けて、絵画を修繕していく。 彼の絵画修繕の腕を聞き、依頼が舞い込むのだが──事件に巻き込まれてしまう。 ラブコメ×サスペンス×怪異 ※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 恩寵眼の絵画修繕者 ~僕と鬼神様は静かに暮らしたい~
作者名 あさぎ かな
ジャンル ミステリー
タグ 絵画 アヤカシ 現代ファンタジー 怪異 ラブコメ サスペンス 謎解き ミステリーコード 呪い 暗号 美女 ドタバタ劇 バトル
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年2月20日 23時05分
最終投稿日 2021年2月28日 20時22分
完結日 2021年2月28日 20時34分
文字数 124,201文字
読了目安時間 4時間8分
ブックマーク登録 5件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 霧の中に悪魔がいる

    あなたは人を信じますか?

    1,400

    0


    2021年7月29日更新

    冒頭のあらすじ 家族旅行で訪れた自然の豊かな山。その中腹に建つレストランで休憩していると、真っ白な濃霧が外に広がった。客の老婆は聖書を掲げ「悪魔が来た」と奇声を上げる。初めは他の客は誰も信じないが、人智を超える出来事が次々と起こり始めると、次第に人々は老婆の言葉を信じるようになった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • 瑠璃色の葬列

    とある一族の悲劇を描く、サスペンスホラー

    79,600

    0


    2021年7月29日更新

    表紙・挿絵イラスト:かにょ 【@niyo_0715 (https://twitter.com/niyo_0715?s=21)】 《あらすじ》 愛する祖母の死。 悲しみにくれる間もなく始まった、祖母の遺産と次期当主を巡る醜い争い。 その中で藍は『指輪』を受け継ぐ。 殺人事件の唯一の目撃者になってしまった藍。 藍につきまとう、殺人鬼と警察官の二つの顔を持つ瑠璃。 第一の被害者の助手を名乗る少年。 秘密を抱えた従兄弟たち。 暴かれる一族の秘密。 今、血に塗れた愛憎劇の幕が上がるーーー! シナリオ/本文:長場 工 原作/監修/イラスト:かにょ 毎日22時更新。 かにょ原作の「ソウルドールズ」のキャラクターたちをお借りした三次創作になります。 彼らがサスペンスホラーの世界で繰り広げる愛憎劇をお楽しみください。 ジャンルはミステリーに設定しましたが、謎解き要素はほとんどありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • その祈りは獣に捧ぐ

    俺達は使い捨てなんかじゃない

    1,600

    0


    2021年7月29日更新

    「俺達は使い捨てなんかじゃない」 《ケモノ》と呼ばれる、人食いの怪物が跋扈する時代。 対抗手段は《巫女》の《祈り》だけだった。 巫女を護衛する《槍持ち》の少年は、絶望の中で少女と出会う。 それは、使い捨ての存在だった少年の運命を大きく変えることになる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 大正石華戀奇譚<二>

    大正時代が舞台のお話です。

    11,100

    0


    2021年7月28日更新

    大正の時代、華の帝都はある怪事件に揺れていた。 其の名も「血花事件」。 体中の血を抜き取られ、全身に血の様に紅い花を咲かせた遺体が相次いで見つかり大騒ぎとなっていた。 警察の捜査は後手に回り、人々は怯えながら日々を過ごしていた。 そんな帝都の一角にある見城診療所で働く看護婦の歌那(かな)は、優しい女医と先輩看護婦と、忙しくも充実した日々を送っていた。 目新しい事も、特別な事も必要ない。得る事が出来た穏やかで変わらぬ日常をこそ愛する日々。 けれど、歌那は思わぬ形で「血花事件」に関わる事になってしまう。 運命の夜、出会ったのは紅の髪と琥珀の瞳を持つ美しい青年。 それを契機に、歌那の日常は変わり始める。 美しいあやかし達との出会いを経て、帝都を揺るがす大事件へと繋がる運命の糸車は静かに回り始める――。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。 ※この作品は『カクヨム』『Novelism』『エブリスタ』様にも掲載しています。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む