文芸/純文学 短編 完結済

絵画の記憶

作者からの一言コメント

こころはどこにあるのか

読了目安時間:7分

総エピソード数:1話

絵画の記憶の表紙

とある売れ筋の画家の作風が変わった。 もう五十を過ぎた画家は作風が変わったのは歳のせいだろうと噂されていた。 そんな噂は彼の耳に届くことはない。 彼は今日もひとり、キャンバスと向き合う。

前へ

1-1

次へ

前へ

1-1

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 絵画の記憶
作者名 葛城天智
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス ほのぼの 男主人公 和風 日常 夫婦 ちとコン 既作一話部門
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月10日 18時25分
最終投稿日 2021年5月10日 18時27分
完結日 2021年5月10日 17時58分
文字数 3,412文字
読了目安時間 7分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 2件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ガイド物語

    障害者就労支援施設

    2,500

    0


    2021年7月18日更新

  • 微睡む宵闇 揺蕩う薫香

    パブリックスクール 箱庭の中の再生物語

    19,100

    0


    2021年10月22日更新

    ――すべてはここから始まった。 この部屋へ下り、置かれていた銀のライターで蝋燭を灯したその時に―― 伝統を重んじる全寮制パブリックスクールを舞台に、少年マシューの挫折、転落、その魂の再生までの遍歴と、その背景となる名門校に巣くう闇を巡るクリミナル・サスペンス。 最先端のIT技術を駆使する留学生「大鴉」は敵か、味方か――。 生来の美貌に恵まれ、常に羨望の的だった「僕」マシュー・モーガンは憧れの名門校に入学を果たした。だが憧れと現実のギャップに失望し、不本意なまま閉塞感に息の詰まる日々を送っていた彼を、思いがけない悲劇が襲う。校内を牛耳る権力に翻弄され、恋、愛、憧れ、友情、性欲の区別もつかないまま、支配され流されるままに堕ちていくマシュー。麻薬に溺れ校内で秘密裏に高級男娼として扱われるマシューを、守り支えようと奔走するルームメイトの「鳥の巣頭」。その想いとは裏腹に、マシューはいつしか大がかりな組織犯罪に巻きこまれていく。 そんな悪夢に囚われ罪に怯える出口のない迷路のような日常の中で、マシューが見つけた一筋の光は、日本から来た年下の破天荒な留学生「大鴉」だった――。 さまざまな出逢いと別れを繰り返していくなかで、マシューは差し伸べられる手に気付くことができるのだろうか? 踏みにじられ打ち砕かれた彼の心は、自己の尊厳を取り戻す事ができるのだろうか? 英国の四季の織りなす古色蒼然としたと景色のなかで繰り広げられる、揺蕩い続けるマシューの心の旅路、どうぞ見守ってやって下さい。 BOYSFAN: BLコミック原作小説コンテスト「お題フリー」応募作品。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間38分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 学園ミステリ 空き机の祥子さん

    日常系学園ミステリです。

    1,250,169

    22,438


    2021年9月21日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:4時間49分

    この作品を読む

  • 対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という2020年以後の世界の債務と破綻について検討していくつもりです。お楽しみにね。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし、こういう場所は自らの確信と信念を披瀝する場だと認識しており、以って偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。合わせてコメントには可能な限りレスを付けます。コメント数が(嬉しいことに)多数頂いていますので、もしかしたら確認ミスからレスが付いていないコメントもあるかと思います。もし抜けがあったらご報告ください。 なお、この内容は別のWeb投稿サイト「カクヨム」でもUPしていますが、内容は少し異なります。相互に補完する関係にあるのですが、乖離が大きくなりましたらその都度、内容を修正していくつもりでいます。常に新しいのが良い…ということです(^^) がんばりますので、皆さん、よろしくお願いいたします…m(_ _)m ちなですが、「なぜ〜ヤマト」はCXの「カノッサの屈辱」のオマージュです…m(_ _)m

    読了目安時間:14時間47分

    この作品を読む