現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ポッターに憧れた子

作者からの一言コメント

「魔法」のような近未来ファンタジーです!

読了目安時間:24分

総エピソード数:5話

大ベストセラーファンタジーとなったハリー・ポッターシリーズの第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』の刊行から約200年後となる西暦2200年の世界。そこでは、人類が科学技術の発達によって「魔法」を発見・実用化することに成功していた。 時は同じくして西暦2200年の日本。そこに一人の少年がいた。ハリー・ポッターに憧れた、堀田朔太郎(ほった・さくたろう)という少年が__。 気弱な少年・朔太郎は、偉大なる魔法使いである憧れのハリー・ポッターのような魔法使いになることができるのか。その奮闘と成長を描いた物語。

前へ

1-5

次へ

前へ

1-5

次へ

作品情報

作品名 ポッターに憧れた子
作者名 LUCA
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月22日 8時49分
最終投稿日 2021年11月29日 8時00分
完結日 -
文字数 11,873文字
読了目安時間 24分
総エピソード数 5話
ブックマーク登録 19件
コメント 12件
スタンプ 62件
ビビッと 5件
応援ポイント 41,800pt
ノベラポイント 1,260pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 月と金色のかぐや 言の葉の鬼と呪いの少女たち【プロモーションビデオ付き!】

    ミステリー書きがファンタジーを書きました

    20,710

    0


    2021年11月30日更新

    金髪のクラスメートは、私に刀を向けた。その心の色は澄み渡り、同級生を斬るのに何の躊躇いもない。焼け落ちる世界にいるのは、私と彼女だけ。そして彼女——かぐやは言った。「『炎上』の鬼ね」と。 刀を構え、私に向い来るかぐや。二振りの刀が、私に襲いかかる。おかしい、私はただの女子高生のはずなのに。鬼なんかじゃないはずなのに。しかしかぐやが私から斬り落としたものは、黒くおぞましい異形の、鬼の腕だった。どうして? いつの間に私は鬼になってしまったの? 他人の感情の色が見える能力やWEBでの失敗から、「炎上」することを極度に恐れる少女、詩月。鬼を斬るために生まれてきた感情の薄い少女、かぐや。詩月はかぐやに斬られてしまうのか、それとも……。 言葉によって異なる異能を持つ鬼たちに、かぐやたちはどう立ち向かっていくのか。「言葉」と「人の弱さ」を描く現代ファンタジー、ここに開幕。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 神聖(申請)魔法なんてうざったいですぅ

    10/26 第3編アムタイ編スタート!

    1,700

    0


    2021年11月30日更新

    二百年に渡る人と精霊、幻獣・魔獣などとの戦争の後、新たに生まれたのは形式主義、文書主義の世界だった? 新たに生まれた世界レドニアにて「八大精霊に会いたい!」という不純な動機で情報神リブラに入信した大司教テレーズ・ヴェルデ。 八大精霊グッズとお酒があれば幸せという彼女に立ちはだかるのは、規律にうるさい上司や融通が利かない「神」のしくみ。 果たしてテレーズは、これらの障害を乗り越えて自らの欲望を満たすことができるのか? これは、ある女性神官の不純でささやか? な望みをかなえる道のりを記した物語です。 更新間隔は模索中ですが、当面は、 ・毎週火曜日21時ごろ ・可能であればプラス不定期 として、1週間で1章分をアップする予定です。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    読了目安時間:9時間29分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る