恋愛/ラブコメ 長編 完結済

サキュバス魔女王が俺を殺しにやってきます

作者からの一言コメント

バトル✖️恋愛✖サイコ✖純愛?

読了目安時間:3時間52分

サキュバス魔女王が俺を殺しにやってきますの表紙

【最高総合日間ランキング1位】【最高ジャンル別ランキング1位】 イラスト、ロゴは草食動物様より頂きました。 皆さまいつも応援ありがとうございます。 ぜひ、ダークで官能な世界へお越し下さい。 コメディ要素はございませんのであしからず。 私、吉野玲奈はある日突然男に刺殺された。 目が覚めると私を魔王と呼ぶ男が傍にいた。 戸惑っているうちに奇襲を受け、私はそこで勇者と呼ばれる男と出会った。 勇者、神崎ミナト。 それはあの日、私を刺殺した男だった。 煮えたぎる憎悪を抱きながらも、私はその場で呆気なく殺されてしまった。 だけど__ 再び目が覚めるとそこには、 私を魔王と呼ぶ見覚えのある男がいて、時間をループした事に気付く。 幾度となく様々な形でループを繰り返しながら知る事実と、ミナトの想いとは。 その中で彼女は何を想うのか。 憎悪によって復讐をとげようとする玲奈と、再び玲奈に歪んだ愛情を向けるミナト。 この二人の二度目の人生は、互いの命を奪い合うところから始まる。 そして、その先にあるものとは…… サキュバス物のため、本編にはキスシーンとセンシブルな表現がございますのでご了承ください。 出来るだけ投稿がんばります。 先が気になった方はぜひブクマや応援宜しくお願いします。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 サキュバス魔女王が俺を殺しにやってきます
作者名 エスプレッソ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ダーク シリアス 男主人公 女主人公 魔王 勇者 人外 転生/転移 R15 恋愛 タイムループ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年4月11日 14時17分
最終投稿日 2021年2月2日 16時41分
完結日 2020年5月25日 19時13分
文字数 116,144文字
読了目安時間 3時間52分
ブックマーク登録 65件
コメント 50件
スタンプ 228件
ビビッと 0件
応援ポイント 197,500pt
ノベラポイント 4,075pt
応援レビュー 6件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 座敷わらしの湊くん。

    読んでくださったら嬉しいです!

    0

    0


    2021年9月22日更新

    都内の会社に働くOLの神崎美琴は仕事の帰りにいじめをうけていた男の子を助けた。その日を境に身の回りで奇妙なことが起こり始める。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • diary

    ツイッターで書いている140字SSまとめ

    900

    0


    2021年9月22日更新

    主に『ノベルちゃん三題』(#ノベルちゃん三題)でお題をお借りして書いた、社会人の『彼』と大学生の『私』の140字SSをまとめてあります。 内容はアルファポリスさん、エブリスタさんに掲載しているものと同じです。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ユニコーンの乙女

    人買いに売られた少女の運命は

    36,400

    0


    2021年9月9日更新

    ユニコーン――死病を癒す角を持つこの凶暴な生物は、大陸東部の深い森に群れを作って暮らしていた。 未だ野生のユニコーンしか存在しなかった古い時代。一角獣家畜化に多大なる貢献をした小さな少女がいたという。 我々はその足取りを追ってみよう。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,200

    375


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む