SF 短編 完結済

アルストラ外伝~ナナイメモリーズ~

作者からの一言コメント

ある女神の出会いと別れの話

読了目安時間:1時間37分

「九番目の妹であるナインセラフを教育しなさい」  地上の文明を監視する役割を担っている千年お一人様のアラサー(アラウンドサウザンド)のナナイは気ままな日々を過ごしていたが、突如マザーに九人目の妹であるナインセラフの教育係に任命されてしまう。  渋々引き受けるが当のナインセラフは知識はおろか、感情すらない空っぽの器という状態に頭を抱えてしまう。  しかも偶然にも、幼い二人の子供が乗っている船がナナイが暮らしている孤島に流れ着き……。  現在連載中の《絢爛天翔アルストラ》の前日譚に当たる作品になります。  重大なネタバレも含まれますので、予めご注意ください。  アルストラ本編はこちらになります。  https://novelup.plus/story/727403104

前へ

次へ

  • 第一話~はじめまして妹よ~
  • 投稿日2020/12/3 12:00 文字数1,023文字

  • 投稿日2020/12/4 12:13 文字数1,482文字

  • 投稿日2020/12/7 19:46 文字数1,720文字

  • 投稿日2020/12/11 21:12 文字数1,272文字

  • 第二話~この出会いこそ奇跡~
  • 投稿日2020/12/28 21:42 文字数1,081文字

  • 投稿日2020/12/29 17:00 文字数1,148文字

  • 投稿日2021/1/4 17:00 文字数1,172文字

  • 投稿日2021/1/5 23:13 文字数1,793文字

  • 投稿日2021/1/10 7:56 文字数1,360文字

  • 第三話~姉襲来、動き出す運命~
  • 投稿日2021/2/9 12:16 文字数2,358文字

  • 投稿日2021/2/11 11:51 文字数1,426文字

  • 投稿日2021/2/13 0:02 文字数2,145文字

  • 投稿日2021/2/16 20:40 文字数1,836文字

  • 投稿日2021/2/19 17:00 文字数1,716文字

  • 投稿日2021/2/19 22:45 文字数526文字

  • 第四話~叛逆の始まり~
  • 投稿日2021/3/1 20:57 文字数1,368文字

  • 投稿日2021/3/2 20:00 文字数2,528文字

  • 投稿日2021/3/3 20:49 文字数1,647文字

  • 投稿日2021/3/4 20:40 文字数1,214文字

  • 投稿日2021/3/5 16:58 文字数1,721文字

  • 投稿日2021/3/6 17:14 文字数2,075文字

  • 投稿日2021/3/7 20:11 文字数668文字

  • 第五話~さようなら、愛しき我が子らよ~
  • 投稿日2021/3/12 11:59 文字数2,029文字

  • 投稿日2021/3/13 17:02 文字数2,165文字

  • 投稿日2021/3/14 21:00 文字数2,931文字

  • 投稿日2021/3/15 20:20 文字数1,945文字

  • 投稿日2021/3/15 20:31 文字数1,147文字

  • 最終話~ありがとう、ただいま、これからもよろしく~
  • 投稿日2021/4/16 11:00 文字数505文字

  • 投稿日2021/4/16 11:00 文字数2,127文字

  • 投稿日2021/4/16 12:00 文字数2,608文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 アルストラ外伝~ナナイメモリーズ~
作者名 ジンブレイド
ジャンル SF
タグ 外伝 アクション/バトル 女主人公 ロボット 姉妹 前日譚
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月3日 12時00分
最終投稿日 2021年4月16日 12時00分
完結日 2021年4月16日 12時10分
文字数 48,736文字
読了目安時間 1時間37分
ブックマーク登録 3件
コメント 1件
スタンプ 19件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • セカンド・ユートピア

    剣と魔法の理想郷を拳銃一つで立ち回る

    500

    0


    2021年6月22日更新

    二〇二九年一月七日、転生の日を迎えたことで世界は一変してしまった。 宇宙から降り立つ者によって地球生命は滅ぼされ、外来生物の練り歩く地獄と化してしまう。 生き残った一握りの人間たちは腕時計型デバイス「Gリスト」のパーソナルデータを回収し、そこから死滅した人類を外来生物由来のエーテルを用いた人工生命として復活させる計画「プロジェクト王冠」を発動させた。 目的は外来生物と戦う力を持った戦士を生み出すこと。 そのためにバトル要素のあるMMOゲームと紐づけしたゲームキャラと融合させた新人類を次々と生み出していった生き残りたちは、いつしか自分たちを神と称するようになった。 そんな神々の実験が始まってから幾星霜。 MMOゲーム「セカンド・ユートピア」のプレイヤーデータから復元された子羊たちは神の言葉を鵜呑みにし、元の世界に帰らんと神の居場所を求めた。 いま自分たちが立っている場所がかつての自分たちが暮らした大地の成れの果てとも知らされず、異世界にゲームキャラとして転移したと思い込まされて。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 皇女と候補生と航宙軍艦 カシハラ号

    スペースオペラ

    3,400

    0


    2021年6月22日更新

    宇宙歴479年6月6日── 帝国宇宙軍の装甲艦が、突如としてシング=ポラス星系の自由都市テルマセクを制圧した。 航宙軍士官学校次席の士官候補生准尉ツナミ・タカユキは、練習艦カシハラ乗組みの実習幹部としてテルマセクを訪問中、この異常事態に遭遇する。 混乱の最中に艦長以下の幹部士官と正規クルーを失った練習巡航艦カシハラは、候補生だけで艦を発進させ帝国軍の包囲からの突破を図ることとなった。

    読了目安時間:3時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    773,261

    3,693


    2021年6月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間8分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む