文芸/純文学 短編 完結済

羽化

作者からの一言コメント

害虫同然の少女が輝いた、一瞬の物語

 慣れあう人の群れを嫌う、心の冷たい”私”が、唯一夢中になった瞬間がある。  高校時代。クラスメイトの芝田さんはいつも惨めな姿をしていて、いじめられていた。ある日先生が持ってきた芋虫の世話係に任命され、惨めな彼女に生気が宿る。 ※縦読みを推奨いたします

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 羽化
作者名 シュリ
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 学園 少女 いじめ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月7日 0時58分
最終投稿日 2019年7月7日 0時59分
完結日 2019年7月7日 0時59分
文字数 4,747文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,050pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 舞台は日本でもNo和風バトルファンタジー

    ♡4,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話・35,618字 戸﨑享

    2020年12月2日更新

    『彼女は恋をして、その恋のために命をかけてでも戦う』 万能粒子テイル。おとぎ話の名を冠するそれは、己の頭に浮かべる想像を現実で形とする機能をもつ万能粒子。人体の中で生成されているにも関わらず、これまで誰にも知覚されていなかった未知のエネルギー粒子だった。 万能粒子は人々の明日を拓く力となる。そう信じて、発見者はその粒子の存在を公表した。その馬鹿は分からなかったのだ。『想像を現実へと変える』力とは、世界を滅ぼし打る力そのもの、ファンタジーの世界にありがちな魔力よりも、たちが悪いものだと。 テイルの発見の後、100年続く暗黒時代の直前。その様子を語った最後の記録がある。 『この世界に神が生まれてしまった……。人間が太刀打ちできる存在じゃない! きっと、この国は神の支配する魔境になる』 ある島国は『倭』と呼び名を変え、予言通り、八百万の〈人〉が存在する魔境となった。 倭を分割して統べるのは2人の善神の末裔、2人の中立神の末裔、そして8人の邪神の末裔の12柱。彼らは人の形で生み出された現代の神〈現神人《あらがみびと》〉であり、通称〈人〉と呼ばれる存在。 善悪は人間側から見て判断されたものだ。彼らは配下の〈人〉と共に人間を支配下に置き、己の治世で倭を統一するために、相容れぬ他の神との戦いを続けている。 12の神の末裔たる〈人〉は、未だ他の神を殺すに至らず、天下統一を成し遂げてはいない。しかし、その均衡と安定は13番目に誕生する悪なる女神と、彼女と戦う紅色の英雄を中心に破られることになる。 『紅色に染まった蝶』――それは特異点たる少女の選択が歴史を動かす瞬間―― 〈人〉の管理する孤島で生まれ育った人間の少女、明奈。彼女もまた〈人〉のために尽くす存在となるはずだったが、明奈を臣下に迎えたのは〈人〉ではなく人間の少年2人だった。 彼らに特別な感情を抱き生きる意味を見つけた明奈は、主である少年の敵となった〈人〉、そして悪たる〈影〉との戦いへとその身を投じていくことになる。 彼女は知らない。己の恋がいかに重いものだったかを。そのために戦うと誓った彼女の決意と選択が『倭』の未来を変えることになると。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

  • 盲目魔女と双子姉妹の不思議な物語。

    ♡11,700

    〇100

    童話/絵本/その他・連載中・1話・3,808字 桐山一茶

    2020年12月2日更新

    雨が降り注ぐ中、山に捨てられてしまった双子の姉妹が居ました。 山の中には恐ろしい魔物が出るので、まだ幼い少女の力では山の中で生きていく事なんか出来ません。 そんな中、双子姉妹の目の前に全身黒ずくめの女の人が現れました。 すると、その女の人は優しい声で言いました。 「私は目が見えません。だから手を繋ぎましょう」 その言葉をきっかけに、3人は仲良く暮らし始めたそうなのですが――。 (この作品はほぼ毎日更新です)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 骨董店でまったり

    ♡3,100

    〇0

    文芸/純文学・連載中・25話・58,814字 藤和

    2020年12月3日更新

    とある骨董店と、そこに訪れる人々の話。 日常物の短編連作です。長編の箸休めにどうぞ。

  • 絶世の美青年は惚れた男の傍で眠りたかった

    ♡23,400

    〇102

    文芸/純文学・連載中・213話・196,945字 静山 花輪

    2020年12月3日更新

    ※読者の皆様、これから読まれる皆様へ いつも、たくさんの応援スタンプ、メッセージ、応援ポイントやノベラポイントありがとうございます。皆様の優しさや心配りにいつも感謝し、また原動力になっております。もし、貴方様が私が貴方の素晴らしい小説を読んだ、そのお返しに無理に読もうとしている場合は、その必要は一切ございませんのでご安心ください。是非、執筆にそのお時間をお使いくださいませ。私は貴方様の小説の続きが公開された方がよっぽど嬉しいのです。 ※公開したまま編集・誤字訂正しています。 10/5 ※120ページまで編集しました(∩´∀`∩) ※今後の予定 12月は毎日更新します。ブックマーク登録してる方で通知不要の方は、『トップページ』→『マイページ』→『ブックマーク』→『通知OFF』を選択して下さいね~(●^o^●)毎日通知が来てうるさいかも~ 大手芸能事務所『光屋芸能企画研究所(光屋企画)』の光屋花太郎社長の引退に伴い、最後の仕事として若手俳優軍団『光花苑』を結成させる大規模プロジェクトが始まる。 『光花苑』に選ばれた6人のそれぞれの劣等感と渇望が絡み合い、ついには自我を失った美青年は悲劇に遭う。 社会には見目麗しい美青年を装い、振り返れば悲劇の青年の呪いの中を生きていかねばならなかった彼らは、逃げていたことから立ち向かうことでしか救われないと気付く。 『舞い落ちる美青年を見たのは誰か?』 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』よろしくー!