完結済 長編

怨霊鏡ねこむすめ! 〜オカルト研究部へようこそ〜

作者からの一言コメント

ずれてる部長のオカルト研究部へようこそ

平凡な高校生の芦屋満夜、でも平凡な性格じゃない彼は、倉の中から謎の箱を見つけて銅鏡の封印を解き放った! 怨霊が宿る銅鏡を使い、オカルト研究部部員を増員しようと企む満夜だが、その望みはあえなく絶たれてしまう。 銅鏡には鵺と呼ばれる化け物が封じられており、平坂町に同じように封じられた呪物を探し当てて鵺の封印を完全に解くことを、満夜は力と引き換えに鵺と契約してしまう。 幼なじみの黒髪の美少女・薙野凜理——クロネコに取り憑かれてねこむすめに変身する——を従えて、今日も平坂町に封印された呪物を解き放つために鵺とともに平坂町を東奔西走するのだった! イラスト:ろは様

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 怨霊鏡ねこむすめ! 〜オカルト研究部へようこそ〜
作者名 あいうえおうり
ジャンル ホラー
タグ オカルト 現代ファンタジー 不思議 あやかし 高校生 美少女 もふもふ 妖怪 ホラー コメディ 男主人公 女主人公 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月15日 20時59分
最終投稿日 2020年2月6日 16時24分
文字数 327,571文字
ブックマーク登録 34件
コメント/スタンプ 293件
応援ポイント 96,000pt
ノベラポイント 2,875pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡200,100

    〇1,843

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

  • ファンタジー仕立てのラブコメです

    ♡800

    〇320

    恋愛/ラブコメ・連載中・6話 ルネルネ

    2020年8月9日更新

    2020年、人間世界の陰に隠れた妖精の国「グランルーシア」と「キャンディトフト」は人知れず戦いを繰り広げていた。 グランルーシア第二隊リーダーの「エレクトラ・リメデッター」は宿敵「シエロ」を追っていた。 シエロから放たれた電撃がエレクトラに浴びせられるその瞬間、気が付くと場所も時間も遠く離れた場所にいた。 火傷が痛み蹲っていると、そこに一人の少年が現れる。 シエロによって歪められた時空の中で出会った二人。 これは戦闘狂のエレクトラが恋する少女に変貌する物語。 (登場キャラクター、世界の一部を秋村かなめさんに許可を得て使用させていただいています。)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 暑い夜に百物語はいかがでしょうか?

    ♡1,800

    〇0

    ホラー・連載中・36話 背戸山葵

    2020年8月10日更新

    怪談を百話語り終えると本物の怪異が現れる百物語という怪談のスタイルになぞらえて、私が体験した話、そして人から聞いた怖い話、不思議な話などを一日三話ずつ、合計九十九の物語を投稿いたします。 深夜十二時に更新予定です。 一話完結のものがほとんどなのでお気軽に楽しんでいただければと思います。

  • 誰だって死にたくない。そうか。じゃあ死ね

    ♡8,500

    〇0

    ホラー・連載中・15話 なぁ~やん

    2020年8月9日更新

    正条高校三年一組の生徒三十六名は、ある日唐突にデスゲームの空間へと送り込まれた。ある人は拉致されて、ある人は寝ている間に、またある人は扉から出た先がデスゲームの会場だ。 それぞれが別のタイミングで集結し、やがて三十六名が全員デスゲームへと集まる。 いいや、三十四名であった。驚くべきことに、クラスメイトの二名はデスゲームの主催者として敵になっていたのだ。 三十四名はどうするのか。残り二名はどうしてデスゲームの主催者になったのか。真の主催者の思惑は。 裏切り合い、だまし合い、つぶし合い、疑心暗鬼になりそれでも生存をつかむのは、果たして誰なのか―― 謎がすべて明かされた時、最近流行らない『クラスデスゲーム』はクライマックスを迎える。