無能勇者の異世界浪漫遊譚

第11話 自然体と言うのは、何よりも能力が高い印

 その後は会長の見せた戦いに感化されたのか、罪悪感も消え去えり、生徒たちは必死に戦い始めた。  それを冷めた目で見る俺に、試合を終え、疲れの欠片も見せない会長が話しかけてきた。 「今戦っているのは…………坂下さんみたいだな、まあそれなりに才能があるみたいだけど、まだまだこれからに期待ってところか」 「ナチュラルに話しかけてくるよなアンタ」  俺にはそんなコミュ力無いんだよバーカ。 「ふふ、そうだろうか?本当は緊張して必死にそれを隠しながら話しかけたのかもしれないぞ?」 「本当にそうならびっくりだよ、なんで俺みたいな奴に“あの”会長さんが緊張するのかってところにだけどな」  精一杯のジト目を会長に向けるが、当の本人は全く気にした様子を見せることなく俺の隣に腰かけ、再び話を始めた。 「ところでなんだが」 「俺の話は無しか、そうかそうか、もういい、俺は酸素になる」 「そう不貞腐れないで欲しいのだけれど…………まあいい、それよりも私の戦いどうだったかね」 「どうも何も、恐ろしいとしか思わねえよ。そんな人が俺の隣に座って、それをクラスメイトが睨みつけてる現実が」  もうね、本当に怖い。  何あいつら、目からビーム出るんじゃね?というかそう言う能力あるやつとかだったら出せるよね? 「相変わらず面白いな君は」 「会長は相変わらず俺の話は聞かないよな」 「イイじゃないかそんな些細なこと、それよりも私は君が“あれ”を見えたことの方が驚きだよ」  やっぱこの女自分の力を理解してやがるわ。  ってことはあれか、元の世界で言うところの天才、その中でも異常の烙印を押されちまうような存在的な? 「まあ、俺あれだから、格ゲーとか結構好きだから」 「ふふ、格ゲーが好きなだけで私の技が見えたら苦労はしないんだがね、まあいいさ、君は彼らとは違う、そう言うことなのだろう?」 「まあ違うね、ほんと、コミュ力もないし、力もないし、なんで呼び出されたか分からねえ存在だからな、主人公とは一緒になりたくてもなれないんだよチクショウ」  俺の言葉に会長は心底おかしなものでも見たかのように笑う。  しかし、そんな会長の元に、戦いに敗れた神崎が爽やかフェイスで、なんか触れるだけで爽やかになりそうな粒子までまき散らしながら駆け寄ってきた。 「会長っ!ありがとうございました、正直何されたか全然わかりませんでいたが、さすが会長です!」  あの神崎がまるで躾けられた犬の様に尻尾を振ってやがる…………この女、この爽やかの化身まで手籠めにするとは何ておっぱい…………おっと間違えた。なんて悪女なんだ。 「あぁ、神崎君か、すまないが今は大塚と話しているんだ、向こうに行っててくれないか?」  え、マジっすか?いやむしろ2人そろってどっかいってくんねえかなぁなんて思ってたんだけど。  とてもじゃないが俺のコミュ力ではこの二人の間に入ることもできず、しかし席を立つ理由もないので非常に居にくい現状なわけですよ。  だからね?会長もそんな事言わずにさっさとどっか行ってください。  お願いします。あんたなんか面倒ごとの予感しかしねえからさ。 「えっ、あ…………で、でも大塚は別に会長と話したい事なんて無さそうですけど…………」  おお!よく言ったぞ爽やかマン。  普通に聞いてりゃぶっ飛ばしてやろうか悩む様な発言だが、今回だけは許そう。   「はぁ、君は物事の本質を見る目をもう少し養った方が良い、“彼が”話したいのではなく“私が”話しをしたいんだ。そして君にはその話を聞いてほしくない。ここまで言えばさすがにもう意味くらいは分かるだろう」  わかりません。  わかりたくありません。  あなたからは俺の異世界生活で養っためんどくさい事センサーがバンバン反応してるんです。  一瞬にして目の前から消え去ってください。  それかおっぱい触らせてください。 「…………わ、分かりました」  神崎は俺のことを凄い形相で一睨みし、その後そそくさとその場を去っていった。  ナニコレ、俺黙ってただけなのに悪役なの?むしろ黙ってたことがだめだった感じ? 「はぁ、彼にも困ったものだよ全く…………入学早々交際を申し込まれた時は本当に困ったが、今もあまり変わっていない様だな」  いやいやいや、なに人の告白暴露しちゃってんのよこの人。  怖いわ、俺も話しただけであることない事話されそうで怖いわ。妊娠させられた!なんて吹聴されたら俺の人生が終わる。童貞子持ちとはこれいかに。 「さて、邪魔者もいなくなったことだし、少し話を―――」 『次の試合は大塚悠里対宮本友綱だ、演習場の中央に来てくれ』 「…………ちっ」  ナイスタイミングぅぅぅぅぅぅッ!!!  ってか会長今舌打ちしやがったよな?すげえ怖い顔になってるし。  ナニコレもう勘弁してくれよ、俺は異世界に来ただけでも不幸だってのにこれ以上俺を不幸にして何がしたいんだよ。  また神の所に文句言いに行こうかな。 「ってことで俺は行きますんで!話があればまあ、来世にでも聞きますから!んじゃ!」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 現代異能捕縛劇ー死者蘇生ー

    ♡17,774

    〇55

    現代/その他ファンタジー・連載中・33話 兎野熊八

    2020年8月11日更新

    表紙制作 よのね 様 『乙女達よ、この現実を護り、チートを狩れ』 大正初期、突如として異世界へと人間が転移し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、 【 異世界問題 】 が日本の一学園にて発生。 異世界より帰還した少年少女、授けられた異能、その絶大な力に目を付けた時の政府は、 彼ら彼女らを軍事利用し、日本を世界唯一の列強国へと押し上げた。 大正九年の事である。 ――、それから百年後となる現代日本。 異能者を産む学園は世界各国のスパイ、犯罪組織が集い始めていた。 その無敵とも思われる異能の力を欲し、各国が謀略を企てる中、 日本は異能者の【捕獲】【保護】【管理】を目的とした組織をいち早く発足、 事件の発端となった【御影学園】にて異能者達による 【生徒会執行部】を設立。下部組織に、 【風紀】【清掃】【保健】【図書】を置き、 この現実世界の守りの要とした。 時は2020年、夏――、 過去に2度の異世界転移に巻き込まれ、二つの異世界を救い、二つの異能を授かった少女 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 そのチート能力と異世界を二度も救った功績を買われ、異世界転移者を救出する部隊、 【図書委員】へと所属し、仲間と共に救助活動を行っていた。 同じく、過去に異世界を救った少女、 『獣神の英雄』と唄われる少女、皇之火色《きみのひいろ》こと『ヒロ』 『マッドピーシー』と恐れられる名を捨てた少女『ピーシー』 三人の乙女達は、今日も世界を護るため、 現実と異世界を行ったり来たりの日々を過ごしていた。 然しそんな彼女たちも女の子、想う所は一夏の想いで 巡る季節に募らせるは――、恋心。 この夏、ついに意中の彼への『告白』を決意したメクルでしたが……。 現実世界へと現れた『死者蘇生』のチート能力者を巡り、事件は思わぬ方向へ――。 チートで最強で可愛い乙女達による、 全ての世界を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、スタンプ、ポイント、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • あなたには戻りたい思い出がありますか?

    ♡89,650

    〇70

    現代/その他ファンタジー・完結済・46話 カムクラ マカ

    2020年8月10日更新

    3分で読める物語を、たくさん詰め込んでいきます。 . . かなり独特な構成となっております。ご了承ください。 . . ※後書きに用語解説や、作品の考察における参考になるようなものを載せておきます。 ですが物語の大半が「答えは読み手によって決まる」ようになっておりますので、あくまで参考程度に使っていただけると幸いです。 . . . 気付いたら僕は、記憶がなくなっていた。 記憶を思い出すべく、追懐の塔の番人と人々が塔に残した数々の思い出に触れていく…。 少年は記憶を思い出せるのかーーーー そして…追懐の塔の番人の正体とはーーーーー!?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • あたしの幸せはあたしが見つけるの!

    ♡9,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話 堀尾狸逢

    2020年8月11日更新

    レジーナは魔女ローランの一人娘。 ローランの言う“特別な日”を過ぎたある日、目を覚ますとレジーナはアバンダイル王国の王子との恋仲のアリアへと姿が変化していた。 アリアの人格がないまま結婚式が終わり、幸せな毎日を送っていたレジーナだったが「これが本当の幸せ?」と違和感が日々大きくなっていく一方だった。 ある日、決定的な出来事が起こってレジーナはローランを訪れる旅に出かけるのであった。

  • 人喰い魔女と、恋するボーイフレンド

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・3話 白髪ねぎ

    2020年8月11日更新

    東京・新宿。 夜も眠らない街に、異世界から美しい魔女がやってきた。 その魔女は無邪気で、可愛らしく、艶やかで、そして人喰いだった。 魔女は少年に恋をする。少年もまた魔女に恋をする。 二人が真実のLOVEに到達した時、新宿に〝純愛〟と〝鮮血〟の雨が降る。 (※『小説家になろう』『カクヨム』『ノベルアップ+』にて掲載)