完結済 短編

形而上のクオリア

作者からの一言コメント

おかげさまでロボコン入賞させて頂きました

おかげさまでロボット工学三原則短編コンテスト入賞させて頂きました。ありがとうございました。 引用  ロボット工学三原則  出典:アイザック・アシモフ「われはロボット」小尾茉佐訳、早川書房

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 形而上のクオリア
作者名 逆津ツカサ
ジャンル SF
タグ ロボット三原則コン 近未来 ロボット
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年5月24日 19時23分
最終投稿日 2020年5月24日 19時28分
文字数 18,996文字
ブックマーク登録 26件
コメント/スタンプ 60件
応援ポイント 35,363pt
ノベラポイント 450pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 命の限り。死なずの終焉を。

    ♡194,411

    〇1,480

    異世界ファンタジー・連載中・23話 囲味屋かこみ

    2020年8月4日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

  • 華子とステラのイチャ?ラブ?な日常

    ♡12,500

    二次創作・連載中・14話 歪鼻

    2020年8月5日更新

    西武池袋線江古田駅徒歩10分のアパート。 そこに住まう女子達が繰り広げるのは、戦争か恋愛か。 オムニバス形式で綴る彼女らの生態を見逃すな! 遠い星からやってきた居候のステラは、根は真面目だけどドジな眼鏡女神の体がとても心配です。 今日も不摂生をやらかす眼鏡女神に、極銀河アイドルパワーでお助けよ。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 姫様は奴隷となり、初仕事は夜の勤め?

    ♡62,320

    〇733

    SF・連載中・32話 雲本海月

    2020年8月5日更新

    国王は、地球王国の最高権力者である。 ――『地球憲法』 第一章 第一条 地球公民たる要件は、国家から与えられた星の形の身分証を輪の形スマートデバイスに付けること。その輪の材質は星と同じするべきで、体のどこかに付けるのは自由。 公民の財産の保有量によって段を定め、星の材質は鉄、アルミ、銅とする。 同一段で、1~3の星の数で級を示す。 ――『地球憲法』 第三章 第十条 銀及びそれ以上の価値がある金属を所有することは禁じされる。 ――『地球憲法』 第三章 第十一条 奴隷の存在は、地球にある全ての場所には許されない。たとえ公民権を含め全部の権利が奪われたとしても、その身の自由だけは不可侵の権利であり続ける。 ――『地球憲法』 第三章 第十二条 地球全体はもう、「地球王国」に統治されている。 国王の妹である私、杏(あんず)は、九歳からずっと兄さんと一緒に国を管理していた。 でも三年前、兄さんは小さなキノコ雲と共に、体が微塵も残さずに消えた。 そして私は奴隷になった。 奴隷って、『地球憲法』に禁じされるものだね。 でも、『地球憲法』? 何それ、食べられる? 「最初の仕事は夜の勤めでございます。どうかお心構えを」 うう…… そして、全身を黒いマントで包んだご主人様との出会いで、私は新たの世界に入った。 更に、その黒い服は全部核爆発で吹き飛ばされた日に、もっと大きな運命の輪が回り始めたと気づいた…… これは、私と「お兄ちゃん」、そして他の奴隷達の物語。 「全ては、『杏花(あんずはな)』を咲かせるように」 *純愛ものです。ヒロインは全員処女です。どうかご安心ください *作者は日本人ではありません。自然ではない言い回しで、変な日本語が良く出る場合はあります。どんどん指摘してくれたら嬉しいです!

  • 2020年8月5日更新

    この戦争を終わらせるために必要な最低限の死者は、たった一人なのではないか? そんな発想が少女にとっての戦争の始まりだった。 目的を見失い、止まっていた人生がそこから動き出す。 不知夜《いざよい》月《るーな》と名付けられたその少女は、神が見捨てた土地を救うために、心を殺して戦い始める。 かつて宵闇の天使と呼ばれ恐れられた暗殺者として。 だが苛烈を極める内戦は止まらない。 少女の行動で事態は大きく動き出し、様々な人々の思惑を載せて意外な方向へと転がっていく。 失われていく友。大切な人たち。束の間の平和。戦わない戦い。そして悲劇への復讐。 次第に解き明かされていく、誰もが望まない戦争の真実。 すべてが正しく、そして間違っているから。 その名に希望という意味を込められた少女は、一人の兵士として戦場を駆け抜ける。 心の剣を振りかざし、人々の想いをその力に変えて。 少女が最後に得るものは一体何なのだろう? 【読者の方へ】 平日17:07、土日18:07 に一日一話ずつ公開予定。 最後まで書き上げてあり、計34話、132000文字程度です。 一貫して内戦の解決を目指して行動する一人の主人公を描いていますが、章ごとに内戦への関わり方が変化します。 そのため、主人公の活動する場所や内容、使用する能力が変わり、結果として違った方向の面白さを感じるポイントが用意されています。 オムニバスや短編集ではなく、各章の結果が連鎖し、全体として内戦が解決していく構成になっています。 最終的には、SF的な兵器同士の大規模な戦場において、ファンタジー的能力の主人公が活躍するお話となります。