Borrowed Heart ~あの日に借りたものを、いつか君に返すまで~

読了目安時間:5分

エピソード:17 / 84

数値化

「はぁー……。ひぃー……。ふぅー……。へぇー……。ほぉー……」 「……おい。その気の抜けた声を止めろ。何だ? 疲れたのか? それとも、だれてるのか?」  ドリアードであるリリーとアリーの願いを聞き入れたリールとラッドはアレンという人間の元へ急いでいた。しかし、その道中にリールから緊張感のない声が漏れ続けるためラッドが注意する。だが、リールは頬を膨らませて反論する。 「別に疲れてないけどー……。でも、話が違うじゃないのよー!」 「何が?」  意味がわからず眉を(ひそ)めるラッドにリールは前方を歩いているリリーとアリーに聞こえないよう耳打ちする。 「だってさー。あの二人はすぐに着くって言ってたじゃん。それなのに……、もう五時間は歩いてるのよ? 何これ? 新手の死の行軍(デスマーチ)か何か?」 「……何だ。そんなことか、くだらん。たかが、五時間程度で……」 「ぶー。神獣には長く感じないかもしれないけど……。人間にとっては結構な時間よ?」 「まぁ、そうだろうな……。だが、それを言うならあいつらも同じだろう?」 「うん?」  理解できない様子で首を傾げるリールへラッドが面倒そうに説明する。 「お前なぁ……。精霊魔導師のくせに精霊のことをあんまり知らないのか?」 「失礼な! これでも精霊魔導師よ! 精霊のことなら何でもこいよ!」 「……じゃあ、理解しろ。あいつら、ドリアードも神獣と大差はない。人間と違い長い時を生きる。だから、あいつらにとって五時間程度は大した時間じゃないんだ」 「あー……。そういうことねー……。じゃあ、もしかして……まだ歩くのー……?」 「知らん。目的地を知っているのはあいつらだけだ。……まぁ、それなりには歩いたし……。一応は聞いておくか」    すぐに到着するというリリーとアリーの言葉を鵜呑みにして正確な場所を聞いていなかったことを反省したラッドが確認をとりにいく。一方のリールはやけ酒だと言わんばかりに酒を呷る。少しすると若干困惑した様子のラッドがリールの元へ戻ってくる。ラッドの表情からリールは察する。 「その表情からすると……まだ歩くんでしょー……。はぁー……」  説明されなくとも理解しているという空気感を出すリール。しかし、問題はもっと根本的な部分にあった。表情の冴えないラッドが説明する。 「まぁ、歩くのは正解だが……」 「うん? 何? どったの?」 「……あいつら、どうやら時間や距離というものを数値化できないらしい」 「……どういうこと……?」    小難しいラッドの説明を聞いても理解できないリールは首を傾げる。そのため、具体的に説明する。 「つまりだ。一日を時間で換算すれば二十四時間だろう?」 「そうね」 「一キロをメートル換算にすれば千メートルになるな?」 「うん」  至極当然なことを丁寧に説明するラッドの真意が読みとれないリールは素直に質問に答える。 「ところがだ。例えば、あいつらに一日はどれぐらいだと聞くと朝が来てからまた朝を迎えたらと答える。目的地についても、あそこだとか、そこだとか抽象的な説明しかできない」 「あー。なるほどねー」  ようやくリールも本質を理解する。そもそも精霊は自然と共に生きる者、時間に追われることのない悠久の時を生きる存在だ。そのため、基本的に人間のような考え方はしない。獣人にしろ、神獣にしろ、知識ある者が人間と同じで物事を数値化するのは便利と感じているからに過ぎない。あらゆる事象を数値化しようとするのは、人間種族特有の考え方なのだ。  納得したリールだが、ある懸念が頭に浮かぶ。 「……うん? でも、それって結局のところ目的地までの時間も距離もわからないってこと?」 「いや、あいつらの話を聞いて大体の距離を目算できた」 「そうなんだ。良かったー……。正直に言うとゴールがわからないと余計に疲れちゃうのよねー。それで? あと、どれぐらいなのー?」    何気ない質問に少し間を置いたラッドが重い口を開く。 「……そうだな。今の速度なら休まずに歩いたと仮定して()()()時間程だな……」 「……はい……?」  ラッドの声は耳に届いている。  つまり、内容は聞こえていた。  しかし、頭が理解を拒んでいた。  そのため、リールは聞き返したのだが……。  ラッドの答えは変わらない。 「だから、三十六時間だ。まぁ、別に休まずに歩く必要もないのだろうが……。あいつらはアレンとかいう人間を気にして早く帰りたが――」 「えぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」  話の途中でリールが大声を上げるが、そうなると予想していたラッドは瞬時に耳を塞ぎ事無きを得る。しかし、離れていたリリーとアリーの方が大声に驚いて目を丸くしている。 「……うるさい。耳元で大声を上げるな……」 「いやいやいやいやいやいや……。三十六時間って……。どこがすぐ着くのよ!」 「俺に文句を言うな。だから、言っただろう。あいつらと人間じゃあ時間の感覚が違うと」 「そういうレベル!? ……というか、あの子達……。そんな遠くから歩いて来たの?」  驚きを込めたリールの疑問だが、ラッドは即座に首を横に振る。 「いいや。話を聞いたら、俺達の所へは地中を移動して来たらしい。そうすれば三十分程度で着くそうだ」 「……はい……?」 「まぁ、言いたいことはわかる。じゃあ、何で地中を移動しないと言いたいんだろうが……。どうやら人間が地中を移動できないということぐらいは知識として持っていたようだ。まぁ、……精霊魔導師であるお前なら問題ないんだが……。そこのところはよく理解していないらしい。それで、どうする? このまま歩くか? それとも大地の精霊に頼んで地中を移動するか? もしくは、風の精霊に頼んで空から行くか?」  色々な情報が頭に入ったリールは、何かを悟ったように長い髪をかきあげる。 「そうね。ここまで歩いてきたんだし……。最後まで歩くわ――何て……言うわけないでしょうー! リリーちゃん! アリーちゃん! 集合よー! もー! 空を飛んで行くわよー!」 「……だろうな」  五時間も無駄に歩かされ自暴自棄(やけくそ)気味に喚くリールの力で、四人は目的へ到着する。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 外れスキルの屑と言われ追放された最底辺の俺が大逆襲のリスタート! 最強賢者への道を歩み出す!「頼む、戻ってくれ」と言われても、もう遅い!

    大逆襲の人生リスタートが始まる!

    924,350

    40


    2022年10月7日更新

    負けないぞ俺!無理やりでも笑って前を向かなきゃ!絶対に大逆襲してやる! ソヴァール王国名門魔法使い一家の末っ子に生まれた少年リオネル・ディドロは、 こざっぱりした茶色の短髪、綺麗なとび色の瞳を持つが、顔立ちは平凡な18歳。 しかし、魔法学校を最低の成績で卒業。同級生から超劣等生のレッテルを張られた上、とんでもないくそスキルを授かり、家の名誉を重んじる父と兄から激しく罵倒された上、修行という名目で追放されてしまう。 非情な父から名前も変えて、1か月以内に王都を出ろと命令されたリオネルは、仕方なく冒険者となり、もてるチープな魔法と思い切り馬鹿にされたスキルを使い、精一杯生きて行く。 しかし、遂に報われる時が…… 必死に頑張る超底辺のリオネルに信じられない奇跡が起こり、手も差し伸べられたのだ。 さあ、巻き返しだ。 罵倒され、蔑まれたリオネルが覚醒し、大逆襲の人生リスタートが今始まる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:38時間3分

    この作品を読む

  • 異世界ゲームへモブ転生! 俺の中身が、育てあげた主人公の初期設定だった件!

    俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる!

    209,650

    50


    2022年10月7日更新

    雑魚モブキャラだって負けない! 俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる! 俺、ケン・アキヤマ25歳は、某・ダークサイド企業に勤める貧乏リーマン。 絶対的支配者のようにふるまう超ワンマン社長、コバンザメのような超ごますり部長に、 あごでこきつかわれながら、いつか幸せになりたいと夢見ていた。 社長と部長は、100倍くらい盛りに盛った昔の自分自慢語りをさく裂させ、 1日働きづめで疲れ切った俺に対して、意味のない精神論に終始していた。 そして、ふたり揃って、具体的な施策も提示せず、最後には 「全社員、足で稼げ! 知恵を絞り、営業数字を上げろ!」 と言うばかり。 社員達の先頭を切って戦いへ挑む、重い責任を背負う役職者のはずなのに、 完全に口先だけ、自分の部屋へ閉じこもり『外部の評論家』と化していた。 そんな状況で、社長、部長とも「業務成績、V字回復だ!」 「営業売上の前年比プラス150%目標だ!」とか抜かすから、 何をか言わんや…… そんな過酷な状況に生きる俺は、転職活動をしながら、 超シビアでリアルな地獄の現実から逃避しようと、 ヴァーチャル世界へ癒しを求めていた。 中でも最近は、世界で最高峰とうたわれる恋愛ファンタジーアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』に、はまっていた。 日々の激務の疲れから、ある日、俺は寝落ちし、 ……『寝落ち』から目が覚め、気が付いたら、何と何と!! 16歳の、ど平民少年ロイク・アルシェとなり、 中世西洋風の異世界へ転生していた…… その異世界こそが、熱中していたアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』の世界だった。 もう元の世界には戻れそうもない。 覚悟を決めた俺は、数多のラノベ、アニメ、ゲームで積み重ねたおたく知識。 そして『ステディ・リインカネーション』をやり込んだプレイ経験、攻略知識を使って、 絶対! 前世より1億倍! 幸せになる! と固く決意。 素晴らしきゲーム世界で、新生活を始めたのである。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    20,700

    10


    2022年10月6日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:14時間25分

    この作品を読む

  • きょうもにぼしをおおもうけ!

    上司はお好きですか? 私は大好きです。

    38,600

    50


    2022年9月29日更新

    上司が好きかと訊かれイエスと答えられる人は幸運だ。その幸運な人間に私も含まれている。 これは小さくても器が大きく温かい店長猫に雇われる人間の日常と非日常。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む