異世界ファンタジー 長編 連載中

「真秀ろばの国」導く、異世界新秩序

作者からの一言コメント

並行世界の日本が、異世界でも頑張ります

読了目安時間:3時間22分

時空を超えると――そこは幻想世界だった!   並行世界の「日本国」はある日、唐突に未知なる惑星上へと転移してしまう。 共に転移した台湾をはじめとする近隣友好諸国の人々と、自らの生存の為にその未知なる新世界へと乗り出して行く日本。 その先には魔法の力が満ち、多種多様な幻想種族が共存する異世界〔エリドゥ〕が広がっていた……。   「日本国」ら、科学文明の地球世界でもその先端側を走っていた〝異物〟の降臨は。 魔導文明の世界〔エリドゥ〕にと、激動の波紋を生じさせる一大天変であった。 その存在はまさに、「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」と言うのを体現するが如きものとなって、〔エリドゥ〕世界の「在り方」そのものさえも、大きく揺るがせるものとなる程に―― それは、本来ならば接する事など無かった筈の「世界」と「世界」が出会う事で紡がれ出した、新たなる歴史の始まりにと他ならなかった。   そして図らずも、そんな異世界におけるグレートゲームの新たなプレイヤーたる立場となってしまった、並行世界の「日本国」は。 良くも悪くも日本らしく、本来ならば有り得なかった方向へと〔エリドゥ〕世界の歴史を導く存在となって行く……。そんな物語です。 ※この小説は、「小説家になろう」の方でも投稿しております。 ※所属サークルホームページの方で、本編と連動しての企画も実施しております。 https://jyushitai.com/mahorobaindex/

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 「真秀ろばの国」導く、異世界新秩序
作者名 葵 紺碧
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ R15 異世界転移 並行世界日本 自衛隊 ファンタジー 国ごと転移 集団異世界転移 架空戦記 魔法 異世界国家
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年12月23日 21時00分
最終投稿日 2021年6月30日 0時00分
完結日 -
文字数 101,091文字
読了目安時間 3時間22分
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 行列ラプソディ

    焼き目玉はいかがですか~

    0

    0


    2021年7月25日更新

    閻魔大王の裁きを受けるため行列を作る亡者たち。あるきっかけで立ち話を始めた2人。初めてで不安がる1人に内情に詳しい1人が語っていく。それはまるで現世のあれみたい。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ヤダヤダヤダと泣かれても俺スライムなんで -お嬢様と過ごすモンスターライフ-

    お嬢様の成長を見守るスライムのお話です

    113,600

    410


    2021年7月25日更新

    スライムに転生したおっさんと5歳児お嬢様との好感度最低状態から始まる、ほのぼの世界でのモンスターライフ! ワーカーホリックだった有馬健太郎(35歳)は飲み会の料理にあたり、腹痛に苦しみながら死んでしまう。 目を覚ますとそこには神様。間違ってスライムに転生させてしまったという。 お詫びとして【この世界の解説資料(神様のカンニングペーパー)】を貰う事になった健太郎。 この世界は、人間達が生涯のパートナーとなる魔物を召喚して仲良く暮らす世界。 スライムとなった健太郎も当然召喚される事になったのだが、目の前には泣きじゃくる幼い少女。 「ヤダヤダヤダーッ! こんなのヤダーッ!」 こうしてほのぼの世界での生活は好感度最低から始まる事となる。 少女に降りかかる災いは貰った【神カンペ】の知識で乗り越える! 少女のためならスパルタ美人お姉さんに飼われることもやむなし! このお話は、泣きじゃくる少女の成長を見守るおじさんスライムのお話です。

    読了目安時間:15時間32分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 妖しい、僕のまち

    妖怪百体登場させて百鬼夜行を目論んでます

    155,350

    4,455


    2021年7月17日更新

    ▲タイトル画像提供:hake 様(TwitterID:@hake_choco) 僕は十乃 巡(とおの めぐる)。 降神町(おりがみちょう)役場に勤める公務員だ。 ここ降神町は、普通の町とは違う、ちょっと不思議なところがある。 猫又、朧車、野鉄砲、鬼女…日本古来の妖怪が、人間と同じ姿で市民として普通に暮らす、普通じゃない町。 このお話は、そんなちょっと不思議な降神町で起こる、僕と妖怪たちの物語。 数多くの日本妖怪たちが登場します。中には割とマイナーな妖怪も!? 妖怪バカの作者が、妖怪を愛するすべての人たちにお送りする、涙あり、笑いありの「現代版ドタバタ百鬼夜行」 さあ、あなたも降神町の住人たちに会ってみませんか!? 【注意】 ⚫当作品には、スピンオフ作品として『【短編集】人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~』が存在し、そちらの登場人物が顔を見せることがあります ↓と併せてお読みいただければ、より深く降神町の物語をお楽しみいただけます ■人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~ https://novelup.plus/story/502451944

    読了目安時間:29時間46分

    この作品を読む

  • 記憶の海

    記憶の海に還る者たちの物語

    2,200

    50


    2021年7月25日更新

    幻想的な色を湛える海に在るのは大樹。 白浜にたどり着いた漂着物を誘うのは小船に乗る船頭たち。 これは紡がれてきた世界。そしていまだ紡がれていない世界を繋ぐ、記憶の海の物語。 * * * 夏のマラソン参加作品です。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む