連載中 長編

虹のない街

作者からの一言コメント

切ない恋の物語を。

人は出会いと別れを繰り返して、悲しみの中に、喜びの中で、いろんなことを学んで成長していく。出会わなければよかったなんて言わないで。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 虹のない街
作者名 カリスケイ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 現代日本 耽美主義
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月14日 14時54分
最終投稿日 2020年5月28日 15時57分
文字数 21,536文字
ブックマーク登録 34件
コメント/スタンプ 155件
応援ポイント 123,300pt
ノベラポイント 5,400pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ネコとOLの織りなすハートフルコメディ。

    ♡8,000

    〇10

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話 あんじょうなほみ

    2020年5月31日更新

    「ボク」は、東京のオフィス街・大黒天の片隅で暮らす名前のない1匹の野良猫。 静かで、日当たりがいいこの公園が大好きで、お昼時にはいつもここで過ごしています。 ある日、この公園にふらりと一人の女性がやってきました。 女性の名前は斉藤さん。 「ボク」と「斉藤さん」は、なぜか心が通じ合うのです。 斉藤さんは次の日もそのまた次の日も公園へとやってくるようになり 斉藤さんは「ボク」に、日頃の悩みを打ち明けるようになりました――。 1匹の野良猫「ボク」と、都会ではたらくOLの「斉藤さん」との心の交流を描くハートフルコメディです。 <こんな方にオススメ> ★猫(ねこ/ぬこ)が大好きな方 ★心温まる話・泣ける話が好きな方 ★ハッピーエンドが好きな方

  • 幼き少女と神の少年が織り成す、旅路の物語

    ♡29,900

    〇300

    現代/その他ファンタジー・完結済・23話 itiri

    2020年3月29日更新

    海を越え、我々が住まう世界【カナイ】から、我々にとっての死後の世界【ニライ】へ流れ着いた少女、早坂 木漏日。 流れ着いた先、異郷の村で介抱を受け、そればかりか温かに迎え入れられた木漏日を尋ねに来た少年、【渡し神】のコマ。 コマは言う。 「ニライという場所に流れ着いた君だが、君はまだ死んではいないんだ。君は生きている」 「君がカナイの世界に帰るためには――」 過酷な世界を進む旅路。 愛する者に背を押されながら。 愛する者と手を繋ぎながら。 絆を描いた物語。 いくつもの祈りを胸に、一人の少女と少年を象った神が織り成す、旅路の実記。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る