SF 短編 完結済

フォルカスの倫理的な死

作者からの一言コメント

むかし書いたSFです。初出2016年

これを書いたのは2015年ごろですが、2020年の現在、書いたことの一部は本当になってしまいました。 もう少し経つといくつかの描写は時代遅れ、あるいは見当違いの未来観となるでしょうが、それも含めてSFというジャンルかなと思います。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 フォルカスの倫理的な死
作者名 まくるめ
ジャンル SF
タグ シリアス 近未来
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月29日 20時32分
最終投稿日 2020年8月29日 20時33分
文字数 9,796文字
ブックマーク登録 20件
コメント 11件
スタンプ 26件
ビビッと 0件
応援ポイント 81,300pt
ノベラポイント 4,120pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スチームパンク×ボーイミーツガール!

    ♡2,300

    〇0

    SF・連載中・3話・9,300字 巫夏希

    2020年11月1日更新

    大地に住むのを辞めた人類が、次に選んだ安住の地は機械仕掛けの亀『スチームタートル』だった。 その下層街で住む少年は、ある日自分の部屋に落ちてきた素っ裸の少女プネウマと出会う。 「わたしは、プネウマ。……おねがい、たすけて」 「助けてとか言われちゃあ、断ることも出来ねえよな……」 ただの一市民だった彼は、スチームタートルの秘密を知ることになる――。 ※本作はカクヨムにも掲載しております。

  • 趣味と趣味と趣味。

    ♡5,400

    〇0

    SF・連載中・146話・576,572字 ねるねる

    2020年11月1日更新

    夏休みに入る前、友人に新しくサービス開始する【Fictive Faerie】というVRMMOに誘われた自称長門凛。兄に頼んでみたところ、プレイする許可を貰えた。 しかしその翌日、昼寝から目が覚めると性別が反転していた。なんかよくわからないまま現実逃避でゲームを始め、日々を過ごしていく中で変化してしまった性別にも慣れていく。 友人とダラダラとゲームをやっていくお話です。盛りに盛った要素は全部趣味です。 *注意書き* 「小説家になろう」「カクヨム」にて同作品を掲載。既にアップされているものはある程度修正してから上げます。 上記サイトにて既に投稿されている分を修正して投稿するのは一日に何話か公開しますが、追いついた後の更新は不定期です。