異世界ファンタジー 長編 連載中

最恐魔王は器を変えても最恐のままでした

作者からの一言コメント

完結させるために頑張ります

読了目安時間:1時間53分

幾度にも繰り返された勇者との殺し合いに飽きた魔王は今回の戦争で発生した人界の死者蘇生と人界と魔族領を壁で区切る事と引き換えに転生することを勇者に提案する。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 最恐魔王は器を変えても最恐のままでした
作者名 荻浦クロ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 魔王 勇者 西洋風 男主人公 最強主人公 転生/転移 最恐魔王
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月20日 23時00分
最終投稿日 2021年9月25日 8時00分
完結日 -
文字数 56,709文字
読了目安時間 1時間53分
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 10件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ライゼン通りのお針子さん

    お針子の少女の物語

    2,900

    0


    2021年9月29日更新

    あらすじ コーディル王国の下町。ライゼン通りと呼ばれる職人通りに小さなお店【仕立て屋アイリス】がある。 そのお店の店主はなんと見習いのお針子の少女。元店主の考えによるものなのだが新人である彼女がちゃんとお店を経営していけるのかとても不安。 失敗ばかりだがお客様のために心を込めて頑張るけなげな新米店長少女とお店に来る愉快なお客達の日常を描いた心温まる物語である。 アルファポリス様にも掲載しているライゼン通りのお針子さんをもっとたくさんの方にも読んでもらいたくてノベルアップ+さんにも掲載開始しました。 気が付いたらシリーズ化していた作品です。最初は読みきりだったのですがね(爆)

    読了目安時間:2時間36分

    この作品を読む

  • 雨音は鳴りやまない

    神は、すぐそこにいる。

    700

    0


    2021年9月28日更新

    わたしは知っている。平凡な人間にできることなど、何もないと。 木下周(きのした あまね)は異世界に迷い込んだ。 眠りについたまま。夢の中から、身体ごと。 まったく望んでいなかった。 平社員なOLだとしても、恋人がいて、音楽という趣味があって。人並みに将来への不安はあるけれど、それなりに楽しく生きていたのに。そして何より。 「明日、久し振りのライブなんですけど!?」 寝坊をして遅刻だなんて、絶対に嫌だ。夢なら覚めて、と願う周。 けれども、目覚める気配は全くない。 代わりにあったのは、魔法だった。 神様や精霊がすぐ傍にいる世界。 あらゆる芸術が妙な発展を遂げた土地。 美しさをすべての指標とした決まりごと。それに従う人々。 今の周にとっては現実でしかないという、現実。 次から次へと出てくる馴染みのない要素に戸惑いながら、彼女は一つの決意をする。 ……絶対に、元の世界へ帰るよ。 大それたことなどできるはずがない。それでも、ただ自分の家に帰るだけなら。 そのためなら、少しくらい頑張れるから。 そんな消極的な肯定をもって、周は異世界での生活を始める。 彼女の行きつく先は、果たして――――?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 才能〜才なき者非ず〜

    よろしくお願いします

    3,500

    0


    2021年9月6日更新

    才能が無い人は本当にいるのか、あくまで、適正の問題では無いのか。 そんなことを思い作りました。 以下あらすじ ただただ平和な退屈な日常、これがずっと続くと思っていた、とある事件が起きるまでは。 主人公を取り巻く環境が平和な日常から徐々に変わっていき、それに伴い分かってくる主人公の持つ才能、そしてそれを利用する人々。 更に他の才能を持つ者達、主人公の才能が起爆剤として目まぐるしく変わる状況、才能とは何なのかそれを考える物語。

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • 学園ミステリ 空き机の祥子さん

    日常系学園ミステリです。

    1,168,269

    21,613


    2021年9月21日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む