異世界ファンタジー 長編 完結済

小さな蛇の話

作者からの一言コメント

とある蛇が大きな蛇に憧れる話

穴倉にこもっていた彼は小さな蛇でした。 彼は大きな蛇――アオダイショウに憧れていました。 しかし――。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 小さな蛇の話
作者名 紫蛇ノア
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの 人外 ノベプラオンリー 動物
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月14日 16時11分
最終投稿日 2019年10月14日 16時12分
文字数 972文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少年達は、見慣れぬ大地を踏み歩く

    ♡2,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・17話・40,650字 RPG

    2020年11月1日更新

    それは、渦より始まる物語り。 突如として住宅街に現れた謎の渦巻きにより、二人の少年は見ず知らずの世界へと誘われてしまう。 右を見ても、左を見ても、眼前に広がるのは大草原ばかり。そんなとんでもない状況を前にして、しかし少年達は戸惑いもそこそこに、帰宅を目指して旅を始めた。 ――まるで、そんな非日常に慣れているかのように。 片や最強を目指し、片や平穏を望む二人の少年は、今日も今日とて見知らぬ大地を踏み歩く。 これは、彼らが織り成す『異空世界録』。 ※この小説はカクヨムにも同時掲載しております。 ※この小説は、私が現在ふりーむで公開している、『とある世界の物語り』というゲームが元となっています。 ゲーム版URL : https://www.freem.ne.jp/win/game/21735

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡5,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・168話・900,332字 鳥びゅーと

    2020年11月1日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938