現代/その他ファンタジー 長編 連載中

歴戦の勇者

作者からの一言コメント

実は実話?な話です。信じるか信じないかは

読了目安時間:1時間33分

歴戦の勇者の表紙

 ラノベ史上一番転移/転生者が多い職業が、IT業界では無いでしょうか?  そんな異世界転生が多い業界ですが、歴史はそれほど古くありません。  そんな浅い歴史でも楽しい人や愚かな人や残念な人そして、哀しい出来事は多く発生しています。  IT業界で働くことを夢見てその門を叩く人は多いだろう。しかし、現実を知った時には抜けられなくなっています。  現実の一部を、プログラムを生業にしている人物が”経験”した事をベースに書いていきます。  実は実話?な話です。信じるか信じないかは読者しだいです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 歴戦の勇者
作者名 北きつね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ IT業界 一話完結? 実は実話? 残酷? ブラック企業? 仕事と業務 第1回ノベプラ大賞 ギャグ ほのぼの シリアス 現代日本
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年5月20日 1時32分
最終投稿日 2020年8月3日 17時00分
完結日 -
文字数 46,723文字
読了目安時間 1時間33分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幾千の戦いを超える物語

    終わらない戦いの物語

    41,680

    150


    2021年7月24日更新

    人々が社会生活を営む裏では、異能者が暗躍する世界があった。 世界各国の文化、歴史、思想の違いから様々な異能が生まれた。欧米、欧州では魔術が生まれ、中国では気の力を操り、アフリカ大陸、中東では神霊的存在から力を借りていた。 日本では能力者と呼ばれる異能の力を操る人々が暗躍した。能力者達は超能力と呼ばれる超常的な力を行使し、日本社会を裏から支えている。その能力者の統率を目的として東京に所在する「東京本部能力所」を中心とし、四二の都道府県と特定の政令指定都市に能力所を配置した。能力所には主に能力者や研究員、場所によっては諜報員、警備員、事務員等が所属していた。 そして、二〇一二年四月一二日に発信された以下の報告から物語は始まる。 東京本部能力所 中枢部御中 二〇一一年四月一〇日、「神戸特区能力所」の管轄区域内にて、とある少年に能力の発現が確認されたが発見者である本条啓子は、交戦中で場が混乱していた為に少年の行方と所在が把握出来なかった件について進展があります。 昨日、発見者であった本条啓子が通学帰りに病院へ行った際、少年と再会し本日付けで一時保護する事が本能力所で決定致しました。頃合いを見て正式な能力者として迎え入れます。 急な連絡申し訳ありません。 追記:本人は了承済です。 -------------------------- 神戸特区能力所 所長 楠 瞬也 -------------------------- ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※小説家になろう、カクヨムにて同時掲載中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間22分

    この作品を読む

  • パラダイス・ロストの遍歴

    運命に翻弄されし少女達の物語

    6,600

    0


    2021年3月23日更新

    いつの時代も人間のあり方は変わらない。これは世界に翻弄され、パラダイス・ロストに加わった少女達の物語。 ※ドゥームズ・デイ・クロックの敵組織、パラダイス・ロストのメンバーの過去を描いた短編集です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • うどんの国のノベラちゃん

    それを手にした者、かの地へと誘われる。

    3,400


    2021年7月24日更新

    暑い夏、浜辺で優雅に冷やしうどんです。 その時、波間を漂う小さな光が。 これは、事件の予感です。 ※え、そんな話だっけ?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 妖しい、僕のまち

    妖怪百体登場させて百鬼夜行を目論んでます

    155,350

    4,455


    2021年7月17日更新

    ▲タイトル画像提供:hake 様(TwitterID:@hake_choco) 僕は十乃 巡(とおの めぐる)。 降神町(おりがみちょう)役場に勤める公務員だ。 ここ降神町は、普通の町とは違う、ちょっと不思議なところがある。 猫又、朧車、野鉄砲、鬼女…日本古来の妖怪が、人間と同じ姿で市民として普通に暮らす、普通じゃない町。 このお話は、そんなちょっと不思議な降神町で起こる、僕と妖怪たちの物語。 数多くの日本妖怪たちが登場します。中には割とマイナーな妖怪も!? 妖怪バカの作者が、妖怪を愛するすべての人たちにお送りする、涙あり、笑いありの「現代版ドタバタ百鬼夜行」 さあ、あなたも降神町の住人たちに会ってみませんか!? 【注意】 ⚫当作品には、スピンオフ作品として『【短編集】人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~』が存在し、そちらの登場人物が顔を見せることがあります ↓と併せてお読みいただければ、より深く降神町の物語をお楽しみいただけます ■人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~ https://novelup.plus/story/502451944

    読了目安時間:29時間46分

    この作品を読む