現代/青春ドラマ 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

先生と私とデブコロッケ

作者からの一言コメント

謎多き家庭教師の真の目的は?

読了目安時間:36分

総エピソード数:8話

先生と私とデブコロッケの表紙

 あの人は変わった女。あの人は家庭教師。先生は私をこう呼びます。 「バカデブ」  でも、もう逃げない。負けない。 【あらすじ】  高校生の笹本桜は、アルバイト先で客に言われた「デブが揚げるコロッケはカロリーが高そうだなぁ!」という言葉に傷ついてアルバイトをやめてしまった。  そして、学校から帰ったあとは、お菓子を食べながら漫画を読むような過ごし方になっていた。  成績が低迷している桜を見て、母が一人の家庭教師を探してきた。その名は九条久美子。久美子は無料の家庭教師だ。  しかし、久美子は桜と出会ってすぐに「あなたはバカだから勉強なんか教えないわよ」と告げる。  それ以降も、久美子は桜の全てを否定するように徹底的に罵倒する。  結局は家庭教師を引き受けた久美子だが、桜に対する厳しい態度と予測困難な言動は続く。  そんな久美子にしごかれるうちに、桜は少しずつ考え方を変えてゆく。  そしてある時、桜の同級生の言葉がきっかけで久美子の秘密が明かされる。 ■PR動画 → https://youtu.be/4acO0mVJi18 ※キャラクターイラストは本作のために『めぐ。』さんに描いていただいた作品です。 ※表紙画像は白崎がそのキャラクターを使用して構成したものです。 【登場人物】  笹本桜 逃げ出しがちのぽっちゃり高校生。  九条久美子 非常に言葉がきつい家庭教師。考えが偏っている(?)。  桜の母 娘のために久美子を呼んだ。少し弱気な女性。  小川美優紀 桜の友達。小柄でやせている。

総エピソード数:8話

作品情報

作品名 先生と私とデブコロッケ
作者名 白崎絵筆
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ コメディ ほのぼの 女主人公 現代日本 日常 ハッピーエンド ぽっちゃり デブ 高校生 登場人物女性のみ 学校 家庭教師 先生
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月12日 12時12分
最終投稿日 2020年12月23日 18時27分
完結日 2020年12月23日 18時27分
文字数 17,955文字
読了目安時間 36分
総エピソード数 8話
ブックマーク登録 4件
コメント 1件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,600pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • うらしまたろう featuring「わたまわ」

    もしも乙姫様がオネエだったら

    2,000

    0


    2022年5月28日更新

    日本昔話「浦島太郎」を戯曲仕立てにし、くるみさんのラブコメ「わたしの周りの人々(略称:「わたまわ」)の主役3名に演じてもらいました。途中から脱線します。 2022.05.29.きゃー日間2位有り難きシアワセ!

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む