異世界ファンタジー 長編 連載中

口煩い妃達のオ〇パイは恋しいが。俺は盾で零からリターンしてやり直すつもりでいる!

作者からの一言コメント

ある秘密を探るべく家出をした主人公の話

読了目安時間:3時間48分

総エピソード数:117話

十数年も前は、小国の一部でしかなかった帝国ジャポネを一代で強国へと変貌させた伝説の皇帝! 王ケインが収める連合諸国なのだが。 そんな諸国の周辺に突如、人種でない者達。他種族、モンスター、物の怪と呼ばれる者達が湧き、各村々、集落を襲い。人や家畜を食らい。城塞都市外に住む者達は大騒ぎ、混乱をするのだが。 そんな中にジャポネの皇帝カインの命にて両太后が他の妃達と相談、知恵を絞り。 冒険者組合、ギルドを設立。初代会長には、元大国、多の国の皇女殿下だったライザが就任して、冒険者と呼ばれる者達へと亜人やモンスター達の討伐をおこなう仕事を斡旋して、連合国の安定を図り平和が蘇るのだが。 それから数年、平和が続く中で、帝国ジャポネの皇帝であるケインが、ある日突然いなくなる。 行方不明になる事態が起きるのだ。 だから国中を上げて大騒ぎする最中に、帝国ジャポネの首都ケインの、労働者斡旋センター、ハローワーク、冒険者組合に1人のみすぼらしい男が職を求めて入店。 自分は冒険者になりたいのだと、ギルドの受付嬢ア・リシャー嬢へと嘆願するのだが。 みすぼらしい男は、容姿の通りでお金すら所持していない状態で冒険者となりたいのだと大騒ぎをするものだから。 ギルドの大ボスライザ嬢まで出てきて大騒ぎを始めるのだが。 最終的には、みすぼらしい容姿の男。 青年健太が、自分は盾! 若いピチピチギャルを自身の身体で守る盾になるのだと言って、大騒ぎが幕を閉じる。 でも、青年健太は、自身が冒険者になったは良いのだが。 彼も冒険者としては初めての経験であり、パーティーメンバーを組む相手もいない状態の健太。 仮に彼の知っている者達に、パーティーメンバーを頼むとなると、健太は家の連れて帰られて、部屋に監禁。 二度と外の空気、昔のような日々冒険と争いに明け暮れていた刺激ある生活には戻る事が出来ずに。 彼はこんなにも若々しいのに老人みたいな生活を余儀なくされるから。 自身の担当職員となったア・リシャーに、何処かのパーティーを紹介してもらえないかと嘆願。 そこでア・リシャーが紹介をしたのが。 元ある国の騎士団長だった老人ワインズが姪の二人、ソフィーとシュリルとしているパーティーを紹介。 そこから謎の男健太の新たな冒険。 そう、人生をリターン。 彼の過去、素晴らしく輝いた青春時代を思い出

総エピソード数:117話

総エピソード数:117話

作品情報

作品名 口煩い妃達のオ〇パイは恋しいが。俺は盾で零からリターンしてやり直すつもりでいる!
作者名 かず斉入道
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 第3回HJ大賞 アクション/バトル 最強主人公・皇帝 ダンジョン・陰謀 家出・ハーレム 精霊獣・召喚獣 冒険者・ギルド ラブコメ・恋愛 異世界ファンタジー 剣・魔法 裏切り・女王 妃達から逃亡 女同士の戦い
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2022年11月1日 20時52分
最終投稿日 2022年11月28日 12時18分
完結日 -
文字数 114,213文字
読了目安時間 3時間48分
総エピソード数 117話
ブックマーク登録 5件
コメント 3件
スタンプ 163件
ビビッと 28件
応援ポイント 24,351pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • Eighteen Years' War

    硬めのファンタジー戦記ものです

    439,062

    13,566


    2022年11月28日更新

    コルネー王国の新米指揮官レファールは、赴任早々隣国の大軍による攻囲を受けることになった。 小さな小村の占領から、二か国間の本格的な抗争が始まり、それが近隣国も巻き込んだ争いへとつながっていく。 だが、それすらも五つの王国と七つの勢力による長きに渡る戦乱の、ほんの序章に過ぎなかった。 ※チート系無しのファンタジー戦記系ものです。 ※タイトルは変わるかもしれません(汗

    読了目安時間:33時間6分

    この作品を読む

  • 俺得幻想譚〈オレトク・ファンタジア〉~大好きなゲームの世界に転生した俺は、理想の恋人たちと旅をする~

    かつて愛した世界で、青年は第二の生を得る

    0

    0


    2022年11月28日更新

    ◇長きに渡ってサービスが続けられてきたとあるMMORPGが、その歴史に幕を下ろす日。 こよなく愛した世界の終焉が目前に迫ったその時、終わりを見届けようとした一人の青年は、創世神の名を名乗る存在から、不可解なメッセージを受け取る。 問いかけに答えた青年が次に目を覚ますと、そこは現実となったゲームの世界。さらに、自らの分身であるアバターの姿となった彼の目の前には、理想の恋人たちが――モニタの中にしか存在しなかったはずの、心血を注いで作り上げた「二人のサブキャラクターたち」の姿があった。 失われるはずだったはずの幻想の世界で、青年は「アステル」と名を変えて、最愛の少女たちと共に、愛しき世界へ繰り出していく。 ◇ヒロイン総数二名を「ハーレム」と呼ぶかは読者様個々人の判断によって分かれるため、同タグは暫定措置として設置しております。ご了承いただければ幸いです。 ◇更新は一章ごとにまとめて行う予定となっております。最新話投稿後、次回更新まで相当数の期間が開くことが予想されるため、気長に待っていただけると嬉しいです。 ◇本作はなろう、カクヨムにも同時投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×ロボアクション

    1,012,200

    12,595


    2022年11月23日更新

    もし今日生きる世界が明日に繋がらないとしたら……あなたならどうしますか? 平坦で窮屈な毎日がガラリと様変わりして人知れず悦びます? あるいは、充実した日々を何の脈絡もなく奪われて涙します? この青年、ごく普通の高校生:水奈 亮(17)は現在まさにそんな状況下に置かれている。 『昨日』と同じような『今日』を過ごし、『今日』に似た『明日』を迎える、そう信じていたのに…… ◇◇◇ 『昨日』に通じるようで通じない世界。突如襲来した謎の存在:外来生物により既存の秩序・規則が崩壊し、人類は新たなる国家・制度・価値観のもとに生まれ変わろうとしていた。それは日本とて例外ではなく、実質的な首都:東京と人口の約60%という尊い犠牲を払いつつも、新たなる首都:神奈川県新都小田原のもとで立ち直りをみせていた。 しかし、そんな日々をまたしても危機が襲う。5年前に世界の理を強制的に変えた存在、外来生物が首都近くの海域:日本のEEZ域内に侵入したのだ。 突然の出来事。『昨日』とは全く異なる状況から逃れることも戸惑うことすらも許されず、ごく普通の高校生は『昨日』とは少し違う親友と全く異なる幼馴染らとともに、迫り狂う『滅亡の再来』に対し特殊装甲ARMAで挑む! それが人類に与えられた【最後の希望】だと告げられて…… ◇◇◇ 現代世界に似た世界を舞台にしたSF長編作品。異世界転移を基本ベースにしつつ、ロボットアクションに、政治的な駆け引きに、早熟で未熟な恋愛劇にと、自身が好きな要素を「これでもか!」と加えています。登場人物が割と多めですが、主役・準主役以外にもスポットライトは当てるつもり。毎回いろんなことを調べながら記しているので更新は週1程度ですが、どうぞ最後までお付き合いませ♪ 【ジャンル別ランキング日間1位獲得】(2022.11.02) 【ジャンル別ランキング週間1位獲得】(2022.10.08) 【ジャンル別ランキング月間1位獲得】(2022.10.15) 【ジャンル別ランキング年間4位獲得】(2022.11.02) 【総合ランキング日間1位獲得】(2022.09.28) 【総応援数1,300件到達】(2022.10.28) ※日頃よりのご支援・ご愛顧ありがとうございます(*'ω'*) ※表紙イラストは伊勢周様作(掲載許可取得済)(2022.10.29)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む

  • ストーリービルダーズ7

    書籍化記念の新シーズンです!

    6,900

    31


    2022年11月25日更新

    神は考えた。 「ミステリーは上手くいかないということがよく分かった。ここはあえて人気のジャンルで攻めてみたらどうだろうか。となると過去のアンケートから異世界ファンタジーと恋愛だな……ん? 異世界ファンタジーと恋愛……異世界恋愛……そうだ、よく聞く悪役令嬢ものにしよう!」 というわけで、巷でよく聞く悪役令嬢もので行くことにした神様ですが、今回はちょっと趣向を変えて、彼自身がナレーターとなり読者の皆さんに語りかける形で選択肢を提示していくことに決めたようです。 ※今回はいきなり本編から始まります! ☆このシリーズ最初の作品『ストーリービルダーズ』がゲームブックとして発売されます!

    読了目安時間:2分

    この作品を読む