完結済 短編

お姉ちゃんが怒った。

作者からの一言コメント

姉は最強。

わたしには年の離れたワガママいっぱいの妹・由花(ゆか)がいる。これがまた生意気盛りで鬱陶しいところもあるけれど、わたしには可愛い妹だ。そんな妹と異世界に召喚されてしまったわたし。妹は事態を理解せず、最近読み出したネット小説みたいな展開に大喜び。けれどもすぐに召喚したかったのはわたしで、妹はおまけだという事実を突きつけられて、茫然自失。意気消沈した上にホームシックになってしまう。そんな妹のためにもと降って湧いた仕事を日々こなすわたしのもとへ、さる令嬢がやってきた。要約すると、妹が逆ハーレムを形成して困っているという。わたしはことの次第をたしかめるべく、妹のもとへ行き――。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 お姉ちゃんが怒った。
作者名 やなぎ怜
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 転移 異世界トリップ ファンタジー 恋愛 コメディ ほのぼの 姉妹 黒歴史 ゆるふわ設定 女主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月17日 0時00分
最終投稿日 2019年10月17日 0時00分
文字数 11,447文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 2,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • リメイク版です!

    ♡13,300

    〇1,500

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話 園崎真遠

    2020年6月3日更新

    舞台は近未来の日本。 この世界では異能と呼ばれる超常現象を起こす力を持った人間が多く存在する。 異能はそれぞれが普通の人間では持ちえない凄まじい力を持っており、物質を変化させる、風を操る、己の身体能力を向上させるなど、多種多様だ。 そして異能の力を示す『干渉力』によってランク分けされており、一番下のCランクから始まってB、A、S。さらに特別ランクとしてSS、SSSが設けられている。 当然、こうした異能者達を野放しにしていると危険なので、国家は異能を発現した人間の情報を管理し、更にそれらが暴走した際に対処する治安維持機関を設けた。 それが異能対策局。主人公・天園真人(あまぞの まなと)も捜査官として、この異能対策局に所属している。 捜査の中で巡り合う、道を踏み外してしまった者たちの悲劇、慟哭。 理解し合えないがために憎悪を重ねゆく社会。 差別、蔑視、排斥。人の醜さにより起きてしまう様々な異能事件が渦巻くこの世界を。 真人は、頼りになるけれども毒舌な後輩――唯切愛示(ただきり あいじ)と共に駆け巡り、数々の異能事件の解決に挑む。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------- 表紙の背景にはsnao様のフリー背景『夕暮れの世界』(https://piapro.jp/t/yUsP)を使用させて頂いております。

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡9,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 眠すぎ太郎

    2020年6月1日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 美少女アシスタントが来れば、執筆も捗る?

    ♡700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話 すうがく。

    2020年6月3日更新

    片桐直人(16)は、妄想が得意である。モテない寂しさを癒すため、女の子と結ばれてイチャイチャする妄想を毎日のようにしていた。その妄想を漫画という形に落とし込むと、新人賞を突破し、いつの間にか人気漫画家になっていた。 プロの漫画家としては珍しく、アシスタントを使わずにやっていたが、毎週のように締切を破ることから担当にアシスタントをつけることを強制された。それでやってきたのは、なんとクラスメートの超絶美少女、天霧紫音だった! モテない漫画家と超絶美少女アシスタントの毎日が、はじまろうとしていた――

  • インテリ美人受が年下攻にぐいぐい迫ります

    ♡1,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話 雨夜美月

    2020年6月2日更新

    『あなたの子です、しばらく預かってください』 ラブレターと間違えて愛しの彼に渡してしまったものは不穏な手紙。 違います!渡したかったのそれじゃないです!ちなみに私宛でもありません!私はあなたのことが好k……え?私をあなたのうちの子にして下さるんですか? ちょっとズレたインテリ系元社長秘書(酔うと乱れちゃう♡)が、年下だけど男前なイケメンに 迫って、乱れて、……我に返って どうなっちゃう?!