SF 長編 完結済

陰陽洲~和風VRMMORPG、闇鍋仕立て~

作者からの一言コメント

暇つぶしのお供に。平安時代VR(ガバ)

読了目安時間:3時間35分

陰陽洲~和風VRMMORPG、闇鍋仕立て~の表紙

VRMMORPG『陰陽洲』。 数少ない和風VRMMORPGとして、サービス開始から二年を経た後も、一定の同時接続数を維持するゲームタイトル。 かつて、受験を機に『陰陽洲』を引退した青年は、ある日、そのゲームが大規模アップデートを予定いていることを知る。 そして、目前に迫る夏休み。予定はない。 かくして、青年は出戻りを決め、改めて第一歩を踏み出す。 平安ベース、時代考証デタラメ。そんな和風VRMMORPGを、ガバガバプレイで遊ぶお話。 ※表紙の地図は、あーてぃ様より頂戴したものとなります。  作中に出てくる地名を網羅している優れもの。本当にありがとうございます。 ※本物語はフィクションです。実在の人物、団体等とは一切の関係がありません。 ※「小説家になろう」様にも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 陰陽洲~和風VRMMORPG、闇鍋仕立て~
作者名 鉢棲金魚
ジャンル SF
タグ R15 VRゲーム 和風 アクション/バトル VRMMO
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年5月29日 18時46分
最終投稿日 2019年6月22日 19時20分
完結日 2019年6月22日 19時20分
文字数 107,673文字
読了目安時間 3時間35分
ブックマーク登録 39件
コメント 19件
スタンプ 188件
ビビッと 0件
応援ポイント 85,110pt
ノベラポイント 3,700pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 輝鑑

    斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

    614,700

    9,543


    2021年5月14日更新

    〽とざい とーざい これに口上を勤めまするは華研えねこなる者にて候 とざい とーざい… お初にお目にかかります これなる物語で語りしは 今は昔 帝国暦がまだ百にも満たぬ 海の向こうの本朝諸島 野望に燃えた若き日の初代帝王、垣屋続成の前半生でござーいー さあさお集まりの皆々様 お楽しみあれー 戦国時代。それは勇猛果敢な猛将とそれを手駒として操る権謀術策巧みな知将、そしてそれをも飲み込む天運の持ち主が駆け抜けた日本史上でも類を見ないほどの荒れ狂う大海原。 だが、ほとんどの人は桶狭間から本能寺、良くて関ヶ原までしか知らないという方が大多数ではないだろうか?無理もない。戦国時代はある男によって終わったといっても過言ではないからだ。 織田信長、それがその男の名前である。 ここに一冊の書物がある。信長公記である。信長の家臣、太田牛一が書いた日記帳の一部であり、今日の信長像の建設の土台といっても差し支えない書物である。 だが、たとえ戦国を終わらせた君主、信長の一家臣といえど見える風景には限界がある。現に首巻とはいえ信長公記原本には桶狭間は天文年間とすらかかれている。 では、歴史は何も語らないのか?いやそうではあるまい。 もし、たら、れば。一見意味のない繰り言に聞こえるだろうが、これは思考実験や文学には欠かせない調味料である。いわば塩のようなものだ。IFのない作品など、この世にはありはしない。当たり前だ。IFのない文章はただの記録なのだから。 そこで当方では、このようなもしもを考えてみた。 「もしも、織田信長以前に天下取りや合理的思考、世界を相手取れるだけの大戦略を考えるだけの人物が存在したのなら?」 もちろん、そのような人物は歴史上にはいないと言ってもいい。しかし新武将を作るというのでは少々塩分過多だ。ではどうするか。未来から魂魄だけでも引っ張ってくればよい。ちょうど日本には著名な武将の子孫だと語る人物は結構な割合で存在し、その中でも結構な割合で本物は存在するからだ。 あとはそこから数十年ほど早い天下取りを仕掛けてしまえば信長がどう動くか、見物ではないだろうか。 斯くして、応仁の乱よりせいぜい数年しか経っていない「ある時期」にその起点を設置してみた。 皆々様のお口に合えば幸いである。

    読了目安時間:15時間57分

    この作品を読む

  • 【第二章完結】『記憶=魔力』の世界に現れた男が記憶喪失だったのでひたすら記憶を詰め込んでみたら、とんでもない事になりました。~この世界には私が眠っている。~

    記憶=魔力の世界で男が一人、目を覚ます。

    52,300

    300


    2021年5月13日更新

    ※第二章完結済。一章だけでも綺麗に終わります。 【あらすじ】 「ここはどこだ? 私は、誰だ……?」 記憶喪失の男シキは、見知らぬ宿屋で目が覚めた。 助けてくれたという少女ネオンから話を聞こうとするが、何を問いかけても彼女は何一つ喋らなかった。 「…………」 シキは諦めて街へと出る。すると、ここは『エーテル』と呼ばれる魔術が盛んな異世界であった。 混乱するシキの前に、賞金稼ぎを名乗る少女アイヴィが現れ、彼女はある噂を伝えた。 「記憶を奪う通り魔って、知ってる?」 シキの記憶を奪ったのは誰か、そして彼の記憶の行方は。 これはある男の、過去を知り、世界を手に入れるまでの物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間46分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王を封印しに行くことになりました!魔王って何度復活しようと言うんですか?

    昔のキャラたちを登場させました。

    2,100

    3


    2021年5月14日更新

    毎度毎度しつこく封印から出てこようとする魔王を封印するために光の巫女は旅立つ。ほのぼのした物語です。 てか、重たいのは書けません!

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 東京アポカリプス

    二挺拳銃×巨獣ハンティングガンアクション

    9,500

    5


    2021年5月14日更新

    2022年、突如として全世界に現れた巨大不明生物『災獣』。 現代兵器が殆ど通じない生ける災害とも呼べる彼等によって、人類は住処である陸地と人口の半分を喪いつつも、災獣たちが苦手とする鉱物・グリモタイトの力を使い、滅亡の瀬戸際で踏み留まる事に成功した。 時は流れ、2062年。 海底に没した関東・中部地方の上に建造された巨大人工島『時生島』に暮らす女子高生・半井悠華(なからい・ゆうか)は、友人の古門珠梨(こもん・じゅり)、笠村蘭(かさむら・らん)と共に、相次ぐ災獣被害に立ち向かい、これを撃滅する戦闘サイボーグ『マキナ』として、学生生活とマキナとしての任務をこなす日々を送っていた。 そんなある日、悠華たちは任務の途中、政府の認可を受けていない非合法のマキナ・富士森杏樹(ふじもり・あんじゅ)と、その保護者を名乗る鷲崎胡桃(わしざき・くるみ)と出会う。 そしてその出会いは、杏樹の出自に深く関わる犯罪組織、かつて日本を壊滅状態に追いやった“甲種災獣”の出現を招き、時生島を巻き込んだ未曾有の事態に発展していく。 機人、未来都市を往く。機装天外のトンデモ近未来ガンアクション。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む