陰陽洲~和風VRMMORPG、闇鍋仕立て~

読了目安時間:2分

第四話 凸凹コンビと鉄輪の鬼女

其の一

 鴻臚館の前庭で、赤々と火柱が立ち上っていた。  井桁型に組み上げられた薪が、天を焦がす勢いで燃え盛る。  その周囲では、いくつもの影が踊っていた。  たとえば、火柱を挟んで、ぐるぐると回る馬と兎。  馬は男。馬の頭に赤の褌ひとつ。双の剣を振るい、火の粉を裂いて舞い踊る。  兎は女。兎の耳に肩も露な艶姿。白銀の扇を振るい、火の粉を従え舞い踊る。  たとえば、篝火の四方で回転する、輝く坊主。  頭を地に、足を天に。逆しま姿で、独楽のように狂々(くるくる)と。  黄金の輝きを身にまとい、陀羅尼(だらに)を唱えて狂々(くるくる)と。  その周りに雷が落ち、火柱が上がるのは、果たして神仏の加護か魔性の業か。  たとえば、それらを取り囲む混沌。  侍がいる。僧侶がいる。陰陽師がいる。巫女がいる。修験者がいる。鍛冶師がいる。薬師がいる。よく分からない姿の者達もいる。  皆一様に浮かれていた。地べたに座り込み、酒や肴、菓子を手に笑い合う。  誰かの調子外れな歌声が、妙なる調べと混じり合う。  琵琶をかき鳴らし、女が金切り声を上げる傍らで、男が敦盛を舞っていた。  雷が落ちて、炎が吹き上がった。荒ぶる風が、氷竜巻となって暴れ狂っている。  剣の群れが宙を飛び回り、放たれた矢が雲に当たって爆散した。  それを見た酔漢どもから、やんややんやと喝采が上がる。 「サバトかな?」 「新歓コンパです」  鴻臚館の前庭―――大石柱の前に【縮地】によって転移してきた少女の呟きに、セキは端的に言葉を返した。  少女が信じられないといった目を向けてくる。 「……なんて?」 「新歓コンパ」  中堅層のマレビト数名が、とある新参マレビトと仲良くするために開いた宴。  題して『新人マレビト歓迎コンパ』  当初は十名に満たない、ちょっとした食事会程度のものだったのだが、参加者の一人が「キャンプファイヤーをやるでござる」とか言い出したせいで酷いことになった。  まず、何事かと近寄った者が宴に引きずり込まれ、それを見た物好きが飛び入りを宣言。さらに、我もと続く者が現れ、気が付いた時にはご覧のあり様だ。  眼前で荒れ狂う炎と雹と雷から目を逸らし、セキはそんな経緯を説明した。 (鴻臚館の中で良かった)  ここが東市だったなら、今頃は検非違使達による大捕り物となっていただろう。  話が終わると、少女は一つ頷いた。 「さっぱり分からん」 「ですよね」  と、再び大石柱が青い輝きを放つ。  光が弾けると、今度は男が一人現れた。  彼は、目前の光景にぎょっとした表情を浮かべ。 「ええと、悪魔でも喚ぶのかな?」 「新歓コンパです」  セキはため息をついて、同じ台詞を繰り返した。  ―――男は、なるほどとうなずくと、奇声を上げながら飛び込んでいった。

第四話開始となります。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • セカンド・ユートピア

    とりあえず出発までの思いつきです

    400

    0


    2021年6月18日更新

    二〇二九年一月七日、転生の日を迎えたことで世界は一変してしまった。 宇宙から降り立つ者によって地球生命は滅ぼされ、外来生物の練り歩く地獄と化してしまう。 生き残った一握りの人間たちは腕時計型デバイス「Gリスト」のパーソナルデータを回収し、そこから死滅した人類を外来生物由来のエーテルを用いた人工生命として復活させる計画「プロジェクト王冠」を発動させた。 目的は外来生物と戦う力を持った戦士を生み出すこと。 そのためにバトル要素のあるMMOゲームと紐づけしたゲームキャラと融合させた新人類を次々と生み出していった生き残りたちは、いつしか自分たちを神と称するようになった。 そんな神々の実験が始まってから幾星霜。 MMOゲーム「セカンド・ユートピア」のプレイヤーデータから復元された子羊たちは神の言葉を鵜呑みにし、元の世界に帰らんと神の居場所を求めた。 いま自分たちが立っている場所がかつての自分たちが暮らした大地の成れの果てとも知らされず、異世界にゲームキャラとして転移したと思い込まされて。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 最高の瞬間~世界最強への告白~

    その顔が見たかった

    100

    0


    2021年6月18日更新

    2000年の某日、突如モスクワに降り立った人類の敵――デモン。 異形の化け物たちに世界は脅かされて、人類はユーラシア大陸の三分の一を失う。 人類が結集して生み出された戦闘用パワードスーツ、通称《戦機》。 手に入れた新たな力により、人類はデモンの侵攻を食い止めている――と、思われていた。 しかし、現実では戦機による力ではなく、ある一人の”少女”によって世界の均衡は保たれていたのだ。 その名は獄門寺純子であり、世界最強と呼ばれる女性であった。 敵だけでなく味方にすら恐れられる少女は、一人の少年と出会う。 ――それは偶然なのか、将又、運命なのか。 世界の平和は一人の少年の手に委ねられて、彼は己が未来を掴み取ろうと藻掻く。 未知数な敵に、世界最強からの期待――その全てが、少年に襲い掛かる。 これは少年が、幸せを手にする為に”生きる”物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む