陰陽洲~和風VRMMORPG、闇鍋仕立て~

読了目安時間:6分

其の二

◆◇◆◇◆  茜色に染まった空の下、一条大路を一台の牛車が進む。  既に黄昏時。怪異に遭遇することを恐れてか、通常よりも早めに進む車は、しかし堀川に掛かる橋のたもとで動きを止めた。  その進路上―――橋の上には、大きな影がひとつ。  二メートルを超える体躯。赤銅色の肌。婆沙羅髪の内から伸びる一本の角。  こちらを見据える瞳には鬼火が灯っている。 「ひ、ぃ……っ!?」  牛飼童が、悲鳴を上げる。その傍らで、護衛役の男がうめき声を漏らした。  護衛役の震える手が太刀へと伸びるが、鬼気に呑まれて抜刀できない。  そんな彼等を嘲笑って、鬼の口が弧を描いた。  赤い亀裂が耳まで裂ける。露になった乱杭歯の隙間から、吐息が炎となって漏れ出でた。 「……ヨコセ」  そう言って鬼が手を伸ばす。捧げもの一つで見逃してやろうと、厄災は告げた。  断るならば全員喰ろうてやる、とも。 「あ……あぁ」 「私が参ります」  震え上がった二人の傍らに、一人の少女が立った。  牛車から下りてきたその娘は、足の震えを誤魔化すように、大きく一歩踏み出して――― 『【切っ掛け】(シナリオフック)が発生しました。【GM:夢草子】が担当します』 ◆◇◆◇◆  言うまでもないことだが、鴻臚館は、マレビト達にとって非常に重要な機能を持つ拠点だ。  サッカーコート四面分ほどの広大な敷地に、【道標】や宿舎、食堂、仕事の斡旋所といった様々な施設が設けられている。  そうした施設の一つ。練武場で、ツカサが薙刀を構えていた。  対峙するのは、彼女と同じく薙刀を携えた老爺だ。  その凪いだ湖面の如き静かな眼差しを前に、彼女は細く、鋭く息を吸う。  踏み込んだ。 「は――ッ!」  振り下ろした薙刀が、斜めに打ち払われる。  間髪入れず、石突きを跳ね上げるように柄を回す。が、老爺の方が迅い。 「くっ」  下方から斬り上げられた刃を、上体を逸らして躱す。鼻先を掠めるように走った白刃に目を細め、ツカサは強引に後ろへと跳躍した。 「――――」  着地。無理な跳躍をしたためか、わずかに体勢が崩れる。それを数瞬で立て直し、老爺の追撃に備えようと――― 「え!?」  突如、ツカサが動揺の声を上げた。  その理由は、傍から見ていたセキには一目瞭然だ。 (指南役の初動を見逃したか)  動揺するツカサのすぐ傍に、老爺の姿がある。  死角に入り込んでいるのだろう。相対者の接近に、ツカサは気が付けていない。  そして、そんな彼女の首元に刃が当てられたのは、次の瞬間のことだった。 「着地の瞬間に意識が逸れたのう」 「……参りました」  離れてお互いに一礼。  ツカサは、「ありがとうございました」と頭を下げた後、大きく息をはく。  その様子を眺めながら、セキは首を傾げた。 「何か、昔より強くなっている気がする」  指南役を見つめる。  背格好は以前と同じだ。能力値的にも変わってはいないだろう。  だが。 (着地の瞬間、一瞬ツカサの気が逸れたと同時に動いた)  一瞬で移動したのは、セキが使用する【疾風足】と同様の歩法系特技の効果だろう。  それ自体は、それほど驚くような話ではない。  問題は、単にツカサを追いかけたのではなく、「気が逸れた」のに対応したという点。 「一年前と動きが違うでござるか?」 「相対者の心の機微を読み取って動く、みたいなことはなかったと思う」  傍らに立つ忍者に、セキは答える。  とはいえ、一年前の指南役の動きをハッキリと覚えているワケもない。何となくそんな気がするだけだと、彼は続けた。 「まあ、それはどうでも良いとして―――」  セキは、嘆息をついた。 「新しい特技を試す暇もなかったな」  レベルが存在しない『陰陽洲』で、最も分かりやすい成長は、【心】【技】【体】の上昇だ。  対応する能力値と特技枠の増加に繋がるそれを、「レベルアップ」と呼ぶ者もいる。  そのために必要となるのが、成長点と呼ばれるポイントだ。 「これで十連敗。何だかお爺ちゃんを相手にしているみたいです」  厄災―――小鬼一〇〇体撃破の達成により、成長点を得たツカサ。  彼女がそれを割り振り、増えた枠に実装するため新たに取得した特技。その使い勝手を試すため、繰り返し指南役に仕合を挑んでいるのだが、いずれも十秒保たずに勝負がついてしまっている。新技を使う暇もない。 「せっかく新しい特技を教わったのに」 「そもそも、教わった相手に使おうというのが、無……いや、仕合だと手加減なしでござるから、あまり落ち込む必要はないでござるよ」 「鴻臚館の指南役は皆伝級の技量だしな。新技の試しは、別のところでやるか」  肩を落とすツカサに、兵蔵が苦笑交じりに言葉を向ける。  それに肯きながら、セキは「いっそ『先生』で試すか」とも思う。  何にせよ、ツカサの新特技お披露目はもう少し先になりそうだ。 ◆  鴻臚館の一角に設けられた斡旋所。  平安京の内外から舞い込んでくる様々な依頼を取りまとめ、情報を整理し、式占による予想難易度を付した上で、マレビト達に斡旋を行うのが主な役割だ。 「依頼の内容は、『調達』『配達』『討伐』『護衛』『特殊』の五種に分類されるでござるよ」 「セキと一緒に行った『はじめてのお使い』が配達や調達依頼、夜廻りが討伐依頼ということですか?」 「正解」  兵蔵の説明を受けたツカサの言葉に、セキはそのとおりと頷いた。  より正確に言うのであれば、夜廻りは何度達成しても依頼簿から消えることがないため、『恒常』という属性がつくことになる。 「昨日、兵蔵と一緒に行ったのは、討伐依頼ですよね?」 「システムを通してないマレビト間のやり取りだから、分類の対象外になる。  仮に当てはめるなら、表向きは討伐依頼だな。ただ、どちらかというと」 「えっと、『騙して悪いが』ですか?」 「グフゥ」  独特の言い回しを口にしたツカサに、忍者が小さく呻く。  どこで聞いたのかと問えば、「お爺ちゃんから教わった」と彼女は笑った。  なるほどと、セキは意地の悪い笑みを浮かべる。 「『騙して悪いが』は、仕事という形でおびき出した相手を襲う系の罠だから、昨日のあれは、正しくそのとおりだな」 「……その節は、本当に申し訳なかったでござるよ」 「あ、いえ! ありがとうございました。わたしのために」  昨日の一件については、兵蔵が既に本当の事を説明している。  改めて頭を下げる忍者に、ツカサは、慌てたように手を振って応じた。  それから、改めて受付台に置かれた冊子へと手を伸ばす。  冊子を開くのに連動して虚空にウィンドウが展開される。そこに表示された依頼一覧を指でスクロールし、「あれ?」と彼女は首を傾げた。 「この『緊急特殊』って何ですか?」 「おや。緊急案件が出ているでござるか」  新米巫女(ニュービー)の言葉に、熟練の忍者(ベテラン)がどれどれと一覧を覗き込む。  そこには、彼女の言葉どおり『緊急特殊:救出依頼 難易度:四』との表示がされていた。 「文字どおりの緊急案件ということでござるよ。  ここにある救出依頼のように、すぐに対応しないといけないものに付く属性でござる」 「もし、誰も受けなかったらどうなるんでしょう?」 「仕事の一覧からは消えて、誰も受けないまま事が終わるでござるな」  救出依頼なら、関係する人物(NPC)がいなくなるといった結果が生じるだろう。  そう続けられた言葉に、少女は少しだけ考えて、セキへと目を向けた。 「セキ。わたし―――」 「難易度が四だと、例の弁慶モドキ並みの厄災と遭遇する可能性もあるけど……それでも良いならやってみるか?」 「(それがし)も、及ばずながら力を貸すでござるよ」 「……っ! はい!」  嬉しそうにツカサは頷いて、仕事の受注のために斡旋所の世話人へと声を掛けた。

◆  問:おい。何かこれ前に読んだぞ?  答:ごめんなさい。作者の大ガバです。(第二話其の二をご参照ください)    そういうワケで、本日は其の三まで投稿。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 性転換かずこさんとその後

    「百合絵ものがたり」「百合絵噺」から抜粋

    1,550

    0


    2020年8月31日更新

    夢をテーマとしたショートストーリー バストやヒップが垂れる事が耐えれない女の子が大学生デビューにむけてバイトのカケモチで整形手術代を稼ぐ「垂れないバディ」という夢のためにがんばるお話。 「絵と物語とつぶやきと」の ますこさんのイラスト 002 こぼれおちる話 004 ヒミツのちからを借りたいのですが、ブロックされてます。ルール的に借りれないので、ますこさんの「絵と物語とつぶやきと」を見て本作を楽しんでやってください。 ごめんなさい。よければ、(イラスト貸出期間の一時的にでも)ブロックといてください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    109,200

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 最高の瞬間~世界最強への告白~

    その顔が見たかった

    100

    0


    2021年6月18日更新

    2000年の某日、突如モスクワに降り立った人類の敵――デモン。 異形の化け物たちに世界は脅かされて、人類はユーラシア大陸の三分の一を失う。 人類が結集して生み出された戦闘用パワードスーツ、通称《戦機》。 手に入れた新たな力により、人類はデモンの侵攻を食い止めている――と、思われていた。 しかし、現実では戦機による力ではなく、ある一人の”少女”によって世界の均衡は保たれていたのだ。 その名は獄門寺純子であり、世界最強と呼ばれる女性であった。 敵だけでなく味方にすら恐れられる少女は、一人の少年と出会う。 ――それは偶然なのか、将又、運命なのか。 世界の平和は一人の少年の手に委ねられて、彼は己が未来を掴み取ろうと藻掻く。 未知数な敵に、世界最強からの期待――その全てが、少年に襲い掛かる。 これは少年が、幸せを手にする為に”生きる”物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む

  • 極限遊戯戦記 ゲーム・ウォーリアー

    熱い魂がゲームの最強武器となる!!

    98,008

    500


    2021年6月18日更新

    ゲームが世界を動かす『超次元ゲーム時代』に剣の魂を持つ青年と一人の少女が出逢った。 己の魂を胸に、絆を紡ぐ為に――!! ゲームで家族を壊された、友に裏切られた、人生を奪われた――――? そんな過去なんか捨てちまえ!! ゲームで仲間と出会い、成長し、未来へ越えて行け!!! ゲーム異世界【ゲームワールド】を舞台にエリアに設置されたゲーム、懐かしゲームや最先端ゲーム、更には常識を越えた究極のゲームをクリアし、 プレイヤーに勝ち進みながらそれぞれの『最強』を目指していく!! 本気でゲームに挑む奴らの心意気、この感じぃ……極☆限だぜッッ!!!! ゲームに幾千の魂を掲げたゲーム戦士、『ゲーム・ウォーリアー』の青春と情熱をかけた極限のゲーム戦記が今、動き出す!! いざ!!ゲート・オープンッッ!!!!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間20分

    この作品を読む