完結済 長編

新説サクヤイワナガ 白蛇伝

作者からの一言コメント

神代の愛憎劇、ここに開幕

あらすじ 戦乱の葦原中国のなかで、山に囲まれたオオヤマツミは唯一、平穏な場所だった。 心清い人々が栄えるオオヤマツミに、二人の姫が誕生する。 一人はこの世のあらゆる愛を独占する、美しいサクヤ。 もう一人は惨めなイワナガだった。イワナガは穢れた子、姫でありながら疎まれていた。 高天原から、葦原中国を統べるため、降臨した天孫、ニニギ。 サクヤを娶る婚礼の晩に、イワナガは罠にかかり禁断の剣を手に取った。 手から離れなくなり、暴走を始める神器、クサナギ。 「わたしを誰か殺して」 イワナガの叫びに応えるのはだれか。 古事記ファンタジー、開幕。 ※表紙:コハ様

前へ

次へ

作品情報
作品名
新説サクヤイワナガ 白蛇伝
作者名
井川林檎
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年9月2日 13時48分
最終投稿日
2019年10月21日 6時00分
文字数
353,709文字
ブックマーク登録
18件
コメント/スタンプ
255件
応援ポイント
107,200pt
ノベラポイント
1,005pt
応援レビュー
3件