完結済 短編

アノマロカリスのマロカとボクの大ぼうけん

作者からの一言コメント

ジャンル中一番古い時代を扱う小説(多分)

テレビで見て好きになったアノマロカリスのマロカと、ボクの時間を超えた大ぼうけんのお話です。 小学校高学年〜中、高生くらいの、古生物学に興味のある人に刺さるとイイなと思って書きました。 ※本編執筆前に公開していたプロットは、歴コン終了後に再度公開しようと思います。例によって、プロットは投げ捨てて書いてますので、その変容ぶりに、「プロットとは?」ってなると思います。そちらもお楽しみに!

前へ

次へ

作品情報
作品名
アノマロカリスのマロカとボクの大ぼうけん
作者名
塵 薫
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年9月18日 14時52分
最終投稿日
2019年11月30日 8時42分
文字数
11,121文字
ブックマーク登録
20件
コメント/スタンプ
45件
応援ポイント
22,440pt
ノベラポイント
200pt
応援レビュー
3件