アノマロカリスのマロカとボクの大ぼうけん

2.マロカとの出会い

 アノマロカリス・カナデンシスは、アノマロカリス属の代表格で、サイズこそ全然違うものの、節で区切られた胴体の左右に、(かい)に似た(ひれ)がずらりと並んでいるところなんかは、オパビニアともちょっと似ていた。  大きな違いは、その桁外れに大きな巨体と、頭部下面に突き出した、大きな一対の関節肢。その部分だけで、最初は海老の化石と間違われていたんだそうだ。ちなみに、特徴的な円形の、パイナップルの輪切りのような口の部分の化石も、別のクラゲの化石と思われていたらしい。  これまでに見つかっているカンブリア紀最大の動物で、捕食者の頂点に君臨する、カンブリア紀の海の王者。ボクはテレビ番組で見たその姿に魅せられ、以来、アノマロカリス・カナデンシスの(とりこ)になった。  パパが実物大のアノマロカリス・カナデンシスのぬいぐるみを抱えて帰ってきた時には、本当に嬉しかった。ボクは、そのぬいぐるみに早速、マロカって名前を付けた。  とてもリアルなぬいぐるみだった。材質こそ、もこもこふわふわだったけれど、デフォルメは一切なく、形質的な特徴をよく捉えたぬいぐるみだった。扁平な狭い楕円形の胴体。胴体の腹側から左右に大きく横に張り出した、(ひれ)。体の中央部にある最も長い(ひれ)を頂点に前後へ向けて次第に短くなっている。  眼は一対。左右に少しせり出していて、上も下もかなりの範囲がカバー出来る広い視野が得られそう。ボクはマロカに顔を近づけて、マロカがどんな風に水の中を見ていたか、想像してみるのが好きだった。  パイナップルのような変わった形状の口の前には、下方に垂れた大きな関節肢が付いている。先端に向かって細くなりながら、内側へカーブしていて、捉えた獲物を口へと運んだんだろうなと想像がつく。  ――でも、どんな獲物を捉えて食べてたんだろう?  大きな巨体を維持するためには、それなりに沢山食べていたんじゃないかなって思う。 「そりゃ、そうさ! なんたって、この大きさだからね!」  びっくりした。ボクにそう話しかけてきたのは、マロカだった。ボクは驚きすぎて固まってしまった。でも、そんなことにはお構いなしにマロカは喋り続けた。 「試しに、ハルキゲニアサイズのブロックを僕の前脚で捕まえてみようか」  なるほど。ものは試し。ボクはぬいぐるみの関節肢でニセンチのブロックをつまもうとしてみた。でも、ハルキゲニアに見立てたブロックが小さすぎて、大きな関節肢では撫でることしかできなかった。  今度はミニカーを、ピカイアやウィワクシアやオパビニアに見立ててつまもうとしたけれど、やはり駄目だった。マロカの前脚はそれほどに大きかった。そして、アノマロカリス属以外には、十センチすら越えない体長のものしか居ないので、そうした小さな動物を捉えるのに、関節肢を活かした狩りが行えていたとはとても思えなかった。  一つの可能性として、ペユトイアなど、同じアノマロカリス属のカナデンシスよりは小さなサイズの種類を捉えていたかもしれない。  ペユトイアは、体長約五十センチ。熊のぬいぐるみで試してみたけど、悪くはなかった。  ――じゃあ、ペユトイアが主な獲物だったのかなぁ。 「ふふふ。どうだろね! じゃあ、僕の口を見てごらん? 何か気がつかない?」  そうなのだ。関節肢ともう一つ、マロカの口のサイズも問題だった。マロカの口は案外小さい。(あご)を備えた生き物なら、例えば蛇のように、大きな獲物を狩る時には大きく口を開くことができるけれど、パイナップルの輪切りのようなマロカの口は、大きく開く限界サイズがある。  ある程度の大きさが無いと関節肢を活かせないけれど、大きいとおちょぼ口なマロカの口では食べられない。関節肢でホールドしておいて、(かじ)りついて(つま)んでちぎるようにして食べたのかなぁ?  マロカとのお喋りは楽しかった。ボクは大好きなアノマロカリス・カナデンシスの生態をマロカとお喋りしながら解き明かしていく遊びに夢中になった。  食事についてもだけど、マロカは大きくなる時、脱皮をするのか? 雌雄の違いはあったのか? 生殖器官はどこにあったのか? などなど。 「やっぱり、そうだ。ほら、マロカの外皮にはクチクラがみとめられるって。つまり、見た目通り、外骨格なんだ。ってことは、大きくなる時には脱皮したはずだよね!」 「そうだよ!」  マロカが肯定してくれて、ボクは嬉しかった。 「まぁ、さすがに、一生の間に何回脱皮したのか、どのくらいの頻度だったのか、なんて事はわからないけど……お?」 「ん? どうした?」  ボクは読んでいた生物の本を指さしながら、マロカにも見えるように、少し身体を傾けた。 「マロカ、見てみて、ダンゴムシの脱皮には、身体を大きくするための成長脱皮と、雌が受精できるように身体を作り変える生殖脱皮ってのがあるんだって。マロカもそう?」 「さぁ? どうだろね? というか、僕は雄なの? 雌なの? そういう違いってあるの? 卵を産むの? 調べてみてよ!」  マロカは自分のことなのに、好き勝手に疑問を口にしながら、ひらひらとボクの頭上で遊泳してる。  ――まるでボクの部屋が、カンブリア紀の海かのように……

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • アニス(アニスと不機嫌な魔法使い)

    岸谷メルカ

    ♡500pt 2020年3月28日 19時12分

    古代生物と実際に話せたら、どれだけ楽しい事か。 マロカとってもかわいいですね

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    岸谷メルカ

    2020年3月28日 19時12分

    アニス(アニスと不機嫌な魔法使い)
  • アマビエペンギンさん

    塵 薫

    2020年3月28日 20時58分

    生きているアノマロカリスに会ってみたい。そんな自分の中の思いから生まれたマロカ。気に入っていただけて嬉しいです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2020年3月28日 20時58分

    アマビエペンギンさん
  • コウテイペンギンさん

    ぽち

    ♡100pt 2019年12月2日 18時29分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは期待

    ぽち

    2019年12月2日 18時29分

    コウテイペンギンさん
  • アマビエペンギンさん

    塵 薫

    2019年12月2日 22時12分

    ぽちさん、もう、ただただ感謝です。ありがとうございます!(≧∇≦)/

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年12月2日 22時12分

    アマビエペンギンさん
  • アマビエペンギンさん

    上原友里

    ♡100pt 2019年11月30日 14時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    上原友里

    2019年11月30日 14時14分

    アマビエペンギンさん
  • アマビエペンギンさん

    塵 薫

    2019年11月30日 14時40分

    上原さん、引き続き、2話にも応援スタンプありがとうございます。1話での興味が途切れず、応援してくださって嬉しいです!ありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月30日 14時40分

    アマビエペンギンさん
  • コウテイペンギンさん

    双子烏丸

    ♡100pt 2019年11月27日 11時59分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    双子烏丸

    2019年11月27日 11時59分

    コウテイペンギンさん
  • アマビエペンギンさん

    塵 薫

    2019年11月27日 13時07分

    双子烏丸さん、いつも作品にコメント下さり、ありがとうございます! お褒めのお言葉、ありがたくいただきます。感謝、感謝です!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月27日 13時07分

    アマビエペンギンさん
  • みりたりステラ

    春日はるひ

    ♡100pt 2019年11月27日 10時04分

    口は別の生き物と思われていたんですよね。 化石しかないからすぐにはわからんですよねぇ。 生態にも迫るお話、面白いです!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    春日はるひ

    2019年11月27日 10時04分

    みりたりステラ
  • アマビエペンギンさん

    塵 薫

    2019年11月27日 11時16分

    ありがとうございます! 面白いと言っていただけて、ホッとしています。専門家でもなんでもなく、参考文献にあげたような資料を読みながら書いているので、間違いのないように、古い情報に惑わされないようにと気を付けながら書いてます。引き続き応援よろしくお願いします!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月27日 11時16分

    アマビエペンギンさん