アノマロカリスのマロカとボクの大ぼうけん

1.テレビでみた!

遠浅(とおあさ)の海が広がっています。ここは五億ニ千万年前の地球、地質年代ではカンブリア紀と呼ばる時代の地球の姿です」  ボクはテレビ番組を食い入るように見ていた。CGで再現された太古の地球。カンブリア紀。生物の大量発生と進化が最初に確認された年代。そのことから生物の発生そのものはもっと古いと考えられている。カンブリア紀の生物の舞台は海。光合成植物によって大気中の酸素濃度(さんそのうど)は増してきていたけれど、生物はまだ陸上へは進出していなかった。テレビ番組のカメラは、()んだ青空の下、陽光を水面に反射して(かがや)く海の上を(すべ)るように走っていく。 「地上はむき出しの岩ばかり。植物も動物も、まだこの頃は海の中にしかいません」  カメラはそのまま水飛沫(みずしぶき)をあげながら、海中へと(もぐ)った。遠浅(とおあさ)の海は、まるで水槽(すいそう)(のぞ)いた時のように、すぐ砂地の海底になっていて、差し込んだ陽光はしっかりと海底まで届き、キラキラと輝いていた。  海底に何かの生物の死骸(しがい)があった。その表面に体長ニ、三センチの小さくて奇妙(きみょう)な形の生き物が見えてきた。円筒状(えんとうじょう)胴体(どうたい)体節毎(たいせつごと)に七対の細長い(あし)が並び、背中側には同じく七対の(とげ)が並んでいる。頭部から延びた首元には、より細い触手のような付属肢(ふぞくし)があり、足元の死骸(しがい)から切り取った食料をせわしなく口へと運んでいる。 「屍肉(しにく)を食べているこの奇妙な生物は、この時代を代表する生物の一つ、ハルキゲニアです」  ボクはその時、本当に奇妙な形の生き物がいるものだなって思った。そして、口へ(えさ)を運ぶ動作は海老(えび)みたいだし、胴体(どうたい)は短いムカデみたいだなって思った。(あし)の数は、ムカデの三分の一ぐらい。だとしたら、丸くなるのは(むずか)しそうだけど、Uの字になるぐらいは出来そうだから、きっと海底を()ってなくて、波に()られて泳ぐときは、Uの字の形に丸くなって、(とげ)が外側にくるような防御姿勢(ぼうぎょしせい)で泳いでたんじゃないかなって想像した。ボクは空想するのが大好きだから。  それと、テレビでは数匹のハルキゲニアが(えが)かれていただけなので、背中の(とげ)がそれ程、効果的な防御になっていないなって思ったんだけど、びっしりと隙間(すきま)なく集まっていたら、それなりに効果があるかもしれないなって、そう思った。  テレビ番組では、他にも同じ時代の不思議な生き物を次々と紹介していた。 「ピカイアは、体長約四センチ。体の先端には一対の触角があり、背中にはナメクジウオのような脊索(せきさく)があります。以前は我々人類を含む脊椎動物(せきついどうぶつ)の直接の先祖と考えられていました。しかし、さらに古い年代の脊椎動物(せきついどうぶつ)が見つかったことで、現在はカンブリア紀に棲息(せいそく)していた脊索動物(せきさくどうぶつ)の一種と考えられています」  群れを作って同じ方向へ泳ぎ去るピカイアから、再び海底へとカメラが向かうと、そこにはキラキラと光る閉じた松笠(まつかさ)から、十本ほどの(するど)い剣を生やしたような奇妙な生き物が映し出される。 「ウィワクシアです。全長は約ニ・五センチから五センチ。表面は鱗状(うろこじょう)組織(そしき)(するど)(とげ)で守られていますが、内側の組織は柔らかい、軟体生物(なんたいせいぶつ)だったと考えられています」  ボクは動物園でも水族館でも見たことのない、奇妙な形の生き物たちを夢中になって見ていた。  ウィワクシアの上を優雅(ゆうが)に泳ぐ一体の生物。節で区切られた胴体(どうたい)の左右に(かい)に似た(ひれ)がずらりと並ぶ。頭頂部には先端で物を(つか)むことが出来たと思われるハサミを備え、自在に動く(ふん)を持つ。(ふん)の付け根には、なんと五つもの眼が付いていた。 「オパビニアです。長く伸びた(ふん)を除いた体長はおよそ四センチから七センチ。五つの眼を持つとても変わった生き物です。(ふん)の先にはハサミが付いていて、(つか)んだ餌を頭部の腹側にある口へ運びます」  映像はそこで切り替わってしまったけど、ボクはショベルカーのようにハサミを使ってウィワクシアを裏返しにして、(あらわ)になった柔らかい組織を食べるオパビニアを想像した。  そんなボクの空想を吹き飛ばす、巨大な影。 「これまでに見つかっているこの時代の生き物は、殆どが十センチ以下の体長しかありません。しかし、アノマロカリスだけは別です。大きなものは、一メートル近くあったと思われます」  それが、ボクが初めてアノマロカリスと出会った瞬間だった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 文学少女(心と身体フェアver)

    岸谷メルカ

    ♡2,000pt 2020年3月28日 19時10分

    図鑑で見た時のワクワクが蘇る様です。 fukamiyuuさんの紹介から飛んできました。 これから読んでいきますね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    岸谷メルカ

    2020年3月28日 19時10分

    文学少女(心と身体フェアver)
  • 花とロボット

    塵 薫

    2020年3月28日 20時47分

    藤井さん、カンブリア紀の海へようこそ! 楽しんでいってくださいね。fukamiyuuさんには感謝しかないなぁ。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2020年3月28日 20時47分

    花とロボット
  • 殻ひよこ

    留確惨

    ♡1,200pt 2019年11月28日 20時25分

    図鑑で見たときはアノマロカリスやべーって思ったものですね。その時小学生ですが。いまはオパビニア派です。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    留確惨

    2019年11月28日 20時25分

    殻ひよこ
  • 花とロボット

    塵 薫

    2019年11月29日 10時17分

    留確惨さん、ありがとうございます。私は、NHKの『生命40億年はるかな旅』が最初でした。なので1話目は、かなりあの番組を意識しています。留確惨さんは図鑑でお知りになったんですねー。オパビニアも目が5つもあって奇妙てますよね!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月29日 10時17分

    花とロボット
  • ゆりすぺしゃる

    みなはらつかさ

    ♡500pt 2020年7月1日 20時34分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    みなはらつかさ

    2020年7月1日 20時34分

    ゆりすぺしゃる
  • 花とロボット

    塵 薫

    2020年7月1日 20時58分

    みなはらつかささん、ようこそ! みなはらさんのアノマロカリスには本当に衝撃を受けました。楽しんでいただけると嬉しいです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2020年7月1日 20時58分

    花とロボット
  • 大正むすめ

    寿甘(すあま)

    ♡500pt 2019年12月1日 8時02分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    寿甘(すあま)

    2019年12月1日 8時02分

    大正むすめ
  • 花とロボット

    塵 薫

    2019年12月1日 11時11分

    寿甘さん、興味をもってくださり、ありがとうございます!続きも是非、是非!よろしくお願いしまーす!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年12月1日 11時11分

    花とロボット
  • ユーシャ(えんどろ~!)

    いつき ふみと

    ♡300pt 2019年11月27日 21時09分

    初めまして♪ 私もアノマロカリスをテレビで見た時は衝撃でした。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつき ふみと

    2019年11月27日 21時09分

    ユーシャ(えんどろ~!)
  • 花とロボット

    塵 薫

    2019年11月27日 23時36分

    いつきさん、初めまして。そしてコメントとスタンプありがとうございます!楽しんでいただけるような作品に仕上げられるよう、頑張ります!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月27日 23時36分

    花とロボット

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 力こそが正義。そのための異能力。

    ♡17,800

    〇300

    現代/その他ファンタジー・完結済・77話 智慧砂猫

    2020年7月12日更新

    異能。それは突如として人々の中に目覚め始めた。最初こそ数の少なかった異能者たちだが徐々に数は増え、彼らを脅威とした政府や異能を持たない人々は彼らを地下に隔離することを決めた。――それから数十年。地下は異能を用いた犯罪行為が横行し、徒党を組む者たちが現れる。しかしこれを止められず、政府が対応に追われる中で打ち出した策は、地下都市の更に地下に存在する施設に収容された最も危険とされる異能者〝百鬼 楓〟に頼ることだった。当然、百鬼は条件付きで仕事を請け負うが、自分の担当である男・佐々岡を始めとした政府側の人間が何か企んでいる、と密かに調べを進めながら地下都市を掌握していく。やがて彼女は自分さえも計画の一部であったことを知り――――。 ※『小説家になろう』様にも掲載されております。

  • 詩歌(しいか)

    ♡100,910

    〇2,291

    詩/短歌・連載中・17話 兎禾

    2020年7月7日更新

    例えば叶わぬ想いがあるとして、その時あなたは何を想いますか? その日、二人は同じ月を見上げ歌を詠む。 届かぬ想いを歌に込め。 どうか、あなたに届けと想いを馳せて。 ※【夢見月にキミ想ふ】は短歌を元にした短編小説作品となっております。 ーー以下、【詩歌(しいか)】 短歌と詩の作品群となっております。 短歌で詠んだ歌の意味を詩で表現していきます。 ※短歌と詩を合わせて一つとし、週に二作品を目安に投稿致します。 ※新作「四季織のいろは」執筆中につき、一時投稿を不定期とさせて頂きます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 戦国の世でハチャ天下統一物語!?

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・21話 篠座優

    2020年7月12日更新

    母親がプリンを食べてそれを怒る。 こんな子供の日常がきっかけで武力で勝負の戦国時代にタイムスリップしたら どうするだろう。武力で対抗?知力で生き残る?それとも農民になって細々と? 答えはまさに十人十色だろう。全部正解だ。 今回はそんな正解の一部を見ていこう。 彼は、武力は全くないながらも、持ち前の知力と踏ん張りで最期の最期まで闘った。。。 歴史好き、いわゆる歴オタの上村匠海(中一)はある日、 通り魔に刺されて死ぬという、テンプレ通りの死を迎える。 死を覚悟して目を閉じた先は何と戦国時代だった!? 目覚めた場所は信長の城!? 1547年〜を舞台に、頭脳派の匠海に本能型(?)の信長の最強コンビで 目指すは天下統一!……できるかな? え、できるよね?不安になってきたけど。。。 ※物語に史実に基づいた話がありますが、作者のリサーチ不足や最新の研究の結果等で 異なる場合があります。ご了承ください。後、作中の人物は歴史について詳しいのですが、 作者は詳しくないので、そういう世界線だと納得してください。 尚、〜殿とか、〜様とか呼称のことはよく分からないので適当にしてます。許してください。 参考文献:信長公記等 小説家になろうでも投稿してます

  • なろうさん版とは一部展開を変えてあります

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・20話 但尾逆浦

    2020年7月12日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては2157年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※