ホラー 短編 完結済

落とし物

作者からの一言コメント

あなたの落とし物は返ってきますか?

読了目安時間:11分

総エピソード数:10話

落とし物の表紙

よく落とし物をする性格の「僕」。ところが落とした物はどんな物でも必ず自分の元に返ってくるのだった。 それを特殊能力のようだと自慢気に思っていた僕だったが、、 これはあなたに起きるかも……いや、既に起きているかもしれない話。

総エピソード数:10話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 落とし物
作者名 結城熊雄
ジャンル ホラー
タグ 夏の夜の怪談コン ホラー 現代日本 怪談 シリアス ミステリー
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2022年8月13日 22時51分
最終投稿日 2022年8月13日 22時56分
完結日 2022年7月28日 15時50分
文字数 5,457文字
読了目安時間 11分
総エピソード数 10話
ブックマーク登録 1件
コメント 10件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 輝鑑

    無事、凡そ二年半に亘る作品に完結を捺す。

    1,121,707

    10,335


    2022年12月8日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ!

    読了目安時間:29時間53分

    この作品を読む

  • 龍の狩人/Hau da zahelna

    2022/12/06 リブート

    19,550

    100


    2022年12月6日更新

    その夜、彼は全てを失った。 龍の呪いによって死ねなくなった父を殺すという、親殺しの大役を背負う雷業春香。しかし、その儀式は龍の群れの襲来によって中断されてしまう。そのうちの一頭と対峙し、生き残った春香だが、ともに戦った仲間は黒衣の集団によって皆殺しにされてしまう。失意の中、現れた兄から「リズ・ユヤデオナを探す」という使命を託された彼は、故郷に背を向けて、旅立つのであった。 ※更新は不定期

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む