Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

迷宮美少女使徒への変貌 ~ダンジョンの毒牙にかかった冒険者と恋する女騎士~

読了目安時間:2分

決戦-2

「私の相手はあのヤギですか。相手にすらならないですが……終わればあなた達の戦いを見てますよ」 「ではずっと見守ってくれるということだな。もしかすると頼るかもしれんからな。その時はお願いしよう」 ローザリッサと赤い羽根は余裕綽々という様子であり、しかしどこか確かな絆が確かめられる会話を一つだけする。威圧するように展開する魔力は浄化の如き炎の力であり、その存在は神罰のようにすら見えた。 「まさか同等レベルの災害獣を呼びだし戦うとは……、予想できませんでしたね。シア、舐めてかかると死ぬのは私たちですよ」 「私はフィーア様とずっといたいです。だから……絶対に負けません」 対してフィーアとシアは主従関係を強く見せる。まるで同じような関係だと見せつけ、対等なものだと示すために。その魔力は呑み込んで塗り潰すような黒い力であり、ブラックホールのような底知れなさを見せていた。 だが主従の関係性を見せ合うという時点でどちらが上の力を有しているかは決していた。しかしどちらも負ければ死ぬどころか魂すらも消滅する規模の戦力だ。負けていると見せる訳にはいかなかった。 「シア、あなたは地上で戦いなさい」 「ローザリッサ。同じ場所に飛ばしてあげます」 シアの足元に黒い魔法陣が展開され、魔力が集束していく。その力は転移のためだけではない、シアに魔力を渡し、より強力な力を持って戦闘させようとするためだ。 ローザリッサと赤い羽根には何もなく、魔力の集束すら見えない。だが転移の魔力陣は気を付けなければ見えない程の極薄だが見えており、追いつくための準備はできていた。 「お願いします」 「頼む」 その言葉と共にローザリッサとシアは一瞬でその場から姿は消えた。 残った災害が二つ。地上どころかこの惑星でさえ抑えきれない規模の戦力を持つ二つは、その魔力を少しずつ展開していく。展開した魔力は現象と化し、自らの空間を創り出していく。 一つは漆黒の沼地。決して抜け出すことのできない何もかもを侵す邪悪な空間。 一つは灼熱の溶岩。全てを燃やし尽くし、消滅させる浄化の如き空間。 空間は一定まで広がるもそこで止まった。しかし密度を増し、惑星からも切り離されるかのように展開されていく。 「虫如きが、大人しく喰われて腹の中に沈め」 「木端程度が。足掻くといいですよ」 災害獣レ■ィ■■■■■(赤い羽根)と災害獣フィーア・レヴィリエントの支配する空間が、衝突した。

ブックマーク、感想あると嬉しいです

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 月影の砂

    五人の少年少女の英雄物語

    59,000

    215


    2021年8月1日更新

    突如として現れた邪悪なる魂、おとぎ話に語られる《絶望》。それは最初の英雄と呼ばれる五人の手によって封印された。 やがて千年の月日が流れ、五つに分けられた封印のクリスタルから絶望の魂の一部が解放されてしまう。 絶望は一人の少年を乗っ取り、己の野望を果たすためにひっそりと動き始める。 封印が解けたことに気づいた月の女神は、解き放たれた絶望を倒すために五人の少年少女に特別な力を与える。 のちに最後の英雄と呼ばれるこの五人のうちの一人、ルーセント・スノーは唯一絶望を倒すことができる守護者を与えられた。 田舎町の道場で剣術を習っていただけの少年は、仲間を探すために世界をめぐり、国を守るために将軍として軍を率いて、いまだ見ぬ絶望に立ち向かっていく。 ――――――――――――――――――――――――― <おしらせ> Teapotノベルスにて、書籍化に向けての応援を募集しています。 https://teapot-novels.com/vote/#item-494 ここから応援をお願いします。 現在、読みやすくするために修正中。1-終話まで完了(2020/12/29) ※一部の修正が完了しました。二部以降も修正したいですが未定です。一部と矛盾してるところも出てくるかもしれません。 サブタイトルの話数表記を変更しました。(2020/12/19) ※縦組みを想定して行間を詰めて書いています。 いつもスタンプ・ポイント、ブクマ等ありがとうございます(≧∇≦)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間9分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    901,050

    5,470


    2021年7月25日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間12分

    この作品を読む