Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

迷宮美少女使徒への変貌 ~ダンジョンの毒牙にかかった冒険者と恋する女騎士~

読了目安時間:2分

生命力はゲームのHPみたいなものです。HP消費して強化するなんてちょくちょくあるでしょ?

冒険者ジルク-4

何か戦う方法がないかと考えながら歩き、次の階層へ上る階段に足を乗せようとした瞬間、一つ考えが思いついた。 「生命力による身体強化ならどうだ?」 この世界には生命体が持つ力はいくつかある。魔力、魂、精神力、そして―生命力。 どれも似たような使い方をするとは言われているが、どれか一つしか使えないのが世の常だと言われている。 だがやはり世の常から外れた者もいる。俺もほんの少しだけ外れた一人だ。 使えるのは生命力を少しだけ。通常は魔力を使っており、そちらの方が遥かに多いうえ使い方も上手いため使う機会はほぼなかった。 だが今はそれだけの希望でも十分だ。考えながら必死に使えば使い方は上手くなっていくものなのだから。 息を整えて腹の下あたりに生命力を集める。そして全身へと力を行き渡らせ、従来の魔力による身体強化と同様に身体に載せていく。 「どうだ?」 髪に手を当ててみる。さっきまで触っていた髪とは長さも、髪質も全く変わっていない。 これなら使える。 「少しずつ階段を上っていこう。奴が覗いている可能性は否定できないからな」 一歩ずつ階段を上っていく。生命力による強化の訓練を一気に進めながら。 魔物に対抗できるようになるには間に合うか分からないが、何もないよりかはマシだ。 「クソッ!」 俺がそう言う風に対策するのが分かっていたかのように、階段はすぐになくなり上層が見えてしまった。 そしてミノタウロスがいた時と同様に、広間が広がっていた。同じことが二回続いたということは奴がやりたいことというのはこういうことなのだろう。足は踏みいれず、階段の上がり切る寸前で様子を確かめる。 戦闘を繰り返し、魔術を使わせて感性を近づけさせる。死と隣合わせである以上、使わざるをえない。 そういう筋書きなのだろう。 そうなると広間には魔物が居てしかるべきだ。さっきのミノタウロスのように。 だが魔物の様子は見当たらない。それが示すのは一つ。 「奇襲か」 入った瞬間に奇襲をしかけ、深手を負わせるつもりなのだろう。そうすれば回復魔術を使わざるをえず、そのために距離をとらなければならなくなる。 足が速い魔物ならそこで距離がとれずに死ぬ、だから強化魔術を使う。そこまでの予想を踏まえるなら対策は簡単だ。 「奇襲を防げばいいな」 生命力で身体能力や身体強度を強化し、俺は広間に踏み入った。同時に直情から魔物の気配が現れる。 前方へとダッシュするように走り抜ける。そして振り返って魔物を見据えた瞬間― 俺はサキュバスの魅了に囚われた。

ブックマーク、感想あると嬉しいです

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スターゴースト異世界庁

    『星空の下、少女達は戦う』

    100

    0


    2021年8月2日更新

    18歳のジャーナリスト、レイラニ・ヒカルがハワイ旅行から東京に帰国。 彼女がその夜遅くに通りを横断するとき、トラックが彼女を襲い、彼女は死にます。 事故後、彼女はファンタジーの世界でサイボーグの半分として目を覚まし、現在はスターゴーストと呼ばれる特別な別の世界の代理店で働いています。 彼女は二つの世界で次の生まれ変わったヒーローになることができますか? 『星空の下、少女達は戦う』 ◆ スターゴースト異世界庁PV → https://youtu.be/tatZzN6mqLg ◇ひかる・レイラニ CV: 橘田 いずみ (https://hibiki-cast.jp/hibiki_f/kitta_izumi/)

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • アリスブルーとアメジストの回顧録

    天使に拾われた捨て子姫の日常と冒険談

    6,300

    0


    2021年8月2日更新

    「いつだった、あなたはわたしの一番星です」 捨てられた魔界の姫が天使長に拾われ、後ほどの七つの大罪となる人たちに出会う。事件と日常と冒険、出会いと別離、楽しい日々と惨劇の果てに、彼女は立ち上がり、何もできないか弱い子供から、後ほど人界で無双するほど、地獄の7君主に匹敵する最強の戦士になる長編冒険談。 力を追い求める主人公と、それを見守る保護者(ストーカー含む)たち。 月、水、金、日に更新します。 この小説は『カクヨム』さんにも投稿してます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間38分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 月影の砂

    五人の少年少女の英雄物語

    59,000

    215


    2021年8月1日更新

    突如として現れた邪悪なる魂、おとぎ話に語られる《絶望》。それは最初の英雄と呼ばれる五人の手によって封印された。 やがて千年の月日が流れ、五つに分けられた封印のクリスタルから絶望の魂の一部が解放されてしまう。 絶望は一人の少年を乗っ取り、己の野望を果たすためにひっそりと動き始める。 封印が解けたことに気づいた月の女神は、解き放たれた絶望を倒すために五人の少年少女に特別な力を与える。 のちに最後の英雄と呼ばれるこの五人のうちの一人、ルーセント・スノーは唯一絶望を倒すことができる守護者を与えられた。 田舎町の道場で剣術を習っていただけの少年は、仲間を探すために世界をめぐり、国を守るために将軍として軍を率いて、いまだ見ぬ絶望に立ち向かっていく。 ――――――――――――――――――――――――― <おしらせ> Teapotノベルスにて、書籍化に向けての応援を募集しています。 https://teapot-novels.com/vote/#item-494 ここから応援をお願いします。 現在、読みやすくするために修正中。1-終話まで完了(2020/12/29) ※一部の修正が完了しました。二部以降も修正したいですが未定です。一部と矛盾してるところも出てくるかもしれません。 サブタイトルの話数表記を変更しました。(2020/12/19) ※縦組みを想定して行間を詰めて書いています。 いつもスタンプ・ポイント、ブクマ等ありがとうございます(≧∇≦)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間9分

    この作品を読む

  • アラサーニートお姉ちゃんとピッチピチのJKたち

    年寄りくさいと言わないであげて

    4,300

    0


    2021年8月2日更新

    身体は妹でできている――姉はそういうものだ。 エクスカリバーを持ったアーサー王であろうとも妹がいれば、身体は妹でできていると語るであろう。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む