歴史/時代 長編 連載中

元就の野望~全国版~。わたしはガチャを駆使して補佐します

作者からの一言コメント

織田信長のパパのころの戦国時代のお話

読了目安時間:14時間6分

総エピソード数:218話

信号が青に変わって横断歩道を渡っていた俺はトラックにはねられて死んだ。 つぎの瞬間に真っ白な世界に飛ばされて現れたのはギリシア神話に出てくるゼウスによく似た老人。 なんでも日本の戦国時代と日本のWeb小説がとても大好きな異世界の神さまだということ。 で、神さま。毛色の変わった戦国モノのWeb小説みたいな大河ドラマが視たくなったらしい。 小説でもなく漫画でもなく大河ドラマ。しかも台本なし。 そして白羽の矢を立てたのが、Web小説ではイマイチ人気の低い毛利元就(神さま調べ)。 毛利元就に転生でないのは、勢力が拡大したとき元就では自由度がなくなるからだそうだ。 よく意味が解らない・・・

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 元就の野望~全国版~。わたしはガチャを駆使して補佐します
作者名 那田野狐
ジャンル 歴史/時代
タグ 男主人公 和風 戦国時代 毛利元就 歴史改変 戦記 転生/転移 ガチャ ご都合主義
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年11月24日 0時00分
最終投稿日 2022年1月12日 23時00分
完結日 -
文字数 423,242文字
読了目安時間 14時間6分
総エピソード数 218話
ブックマーク登録 89件
コメント 21件
スタンプ 656件
ビビッと 1件
応援ポイント 720,268pt
ノベラポイント 714pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • いつか最後のシャングリラ ~最果てより愛をこめて~

    終末から始まる儚い奇跡の物語

    7,200

    100


    2022年1月29日更新

    朝、目を覚ますと世界が終わっていた──。 突如として地球上で唯一の人類となってしまった主人公・ハル。 途方に暮れる彼の前に、一人の少女が現れる。 「あたしの名前はセツナ。この星で起こった現象を調査しに来た、神様の使いよ」 自らを神の使いと称したその少女は、ハルに衝撃の事実を告げる。 「もう察していると思うけれど。この星には、あなた以外の誰もいない。犬も、猫も、人間も。あなたしか残っていないの」 突き付けられた事実に絶望し自暴自棄になるハルだったが、セツナは彼の手を取り立ち直るきっかけを与える。持ち前の優しさでハルを立ち直らせたセツナは、彼の「いつか世界一周旅行をする」という夢の手伝いを約束してくれたのだった。 一体なぜ世界は終わったのか。 一体なぜ自分だけが生き残ったのか。 多くの疑問を抱きつつも、ハルはセツナと共に日々を生きる決意をする。そうして、ふたりぼっちの共同生活が始まることになるのだが……。 ある日状況は一変する。 人類が消えた”その後”に生まれてきた謎の少女・イヴとの出逢い。 「ようやく逢えましたね……葉瑠さん」 何故かハルの名を知っている彼女との出逢いをきっかけに、世界終末の真実が徐々に明らかになっていく──! これは、世界の終末から始まる奇跡の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • NuLL~神威の守り手~

    人知れず、悪魔と闘う者たちの物語

    31,200

    200


    2022年1月29日更新

    ヨハネス・イアンネスはどこにでもいる敬虔なカトリックの神父だった。 ──そう、ある夜の悪魔狩りに遭遇し、火を操る異能者、不動火織と、封じの能力を持つ僧侶、ナーガと出会うまでは……。 謎めいた組織NuLLは、人知れず、悪魔と闘う者たちが集う場所だった! 壮絶な悪魔との戦いが始まろうとしていた。 個性派ぞろいのキャラが織り成す本格オカルトバトルストーリーです。 一話完結しました! 二話は、黒ミサがテーマになります。 ※この物語は、フィクションです。実在の人物、団体とは、一切関係はありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:38分

    この作品を読む