現代/青春ドラマ 短編 完結済

明日、積もってもいいよ

作者からの一言コメント

クリスマスに雪なんてどこがロマンチック?

明日、積もってもいいよの表紙

↓↓↓下のタイトル【明日、積もってもいいよ】をクリックすると読めます(*'▽')

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 明日、積もってもいいよ
作者名 源侑司
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 青春 学園 クリスマス 家族 パーティー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月20日 9時54分
最終投稿日 2020年12月20日 9時55分
完結日 2020年12月20日 9時45分
文字数 4,110文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 「あたし」の夫は聴覚過敏で悩んでいます

    ♡7,900

    〇1

    現代/青春ドラマ・連載中・6話・16,313字 七瀬渚

    2021年3月8日更新

    「僕のせいで……」と言って涙ぐんだ。男として、大人として、上手く生きられない愛しい夫。 ひょろひょろの身体に青白い肌。趣味は魚たちや亀の世話をすること。耳にはよくイヤーマフをつけている。 雑音を受け付けない感覚過敏。ゆえに何処に行っても仕事が続けられなかった。言葉もほとんど話せない。そしていつも申し訳なさそうな顔をしている。それが主人公・葉月の夫である。 対して製薬会社でバリバリ働く勝気なキャリアウーマンである葉月は、自分こそがこの家庭の大黒柱になると覚悟を決める。 “養う”という言葉を嫌う葉月。本当は声を大にして伝えたい。自分はこんなにも夫に支えられていると。 男が泣くのはおかしいか? 出世を目指す主婦は出しゃばりだと叩かれる? こんな形の夫婦がいてもいいじゃない? あらゆる人格、あらゆる障害、そしてそれぞれの家庭に於いてあらゆる問題が存在している。“当たり前”というのはまさにこのことではないのか。 障害に対する特別扱いではなく、実は思っているよりもずっと身近に在ることを伝えたいので、あえてあまり重くない作風にしています。 ※“夫”の障害(感覚過敏など)について・・・個人差があるので、同じ障害を持つ全ての人がこのようになるという意味ではございません。 ※重複投稿・・・『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』にも投稿しています。

  • メカの戦い+青春ドラマ(っぽい)

    ♡43,500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・41話・149,413字 矢久勝基

    2021年3月9日更新

    グリフィスという人型兵器を操って戦う『バトルデュオ』の世界に、どどどどどど素人な娘、美咲が迷い込んだ。 ゲーム内のアバターの動きをすべて脳波で操作できる、バーチャルリアリティ、アストロン。 会話すら口を開かずにできるこの媒体は現実世界の人間たちをリアルな異世界へといざなう。 まるでその世界の住人のようになってる彼らはしかし、現実の人間でもある。 仮面をつけた世界。「見せたい自分」と「見せたくない自分」の狭間で、メカ戦の楽しさも知らないどどどどど素人の美咲はこの世界になにを求めてきたのか。 ・・・こんな書き口だと誰も寄り付かないと思うので、またこの紹介文は変えます。とりあえず整理のためにここに記録。