Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

そらのうた

読了目安時間:1分

桜の色 春の色

「桜は何色?」 君が僕に訊ねた 「桃色でしょ。」 君はもう一度問いかけてきた 「じゃあ春は何色?」 「青かな。青春という言葉があるし、若さとその活力がみなぎる季節だし。」 そう、と君は俯いて呟いた 「私には真っ白に見えるよ。新しい環境に臨む季節で、また新しいキャンパスに色を塗りたくるしかない。」 うん、としか僕は頷けない 「東京の大学に行っても私を忘れないでね。ちゃんと1日1回のおはようとおやすみのLINEを忘れないでね。」 うん、うん 「僕が東京で入学式を迎える頃 向こうでも桜は咲いているはずさ。写真を送るよ。」 一瞬安堵したように見えた直後、君は溢れる涙を降らした 少し離れた並木道 既にこの町では桜が咲いていた 僕が桜の写真を送る頃 この町では桜が散っているはず そうか、僕も君も気付いてしまうのか 遠く離れた場所でお互い生活していることに

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこ剣士

    小槻みしろ

    ビビッと ♡500pt 2021年3月14日 15時06分

    《「私には真っ白に見えるよ。新しい環境に臨む季節で、また新しいキャンパスに色を塗りたくるしかない。」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    小槻みしろ

    2021年3月14日 15時06分

    ひよこ剣士
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    東雲そら

    2021年3月14日 20時06分

    少槻みしろさん お読みいただき応援ポイントまでありがとうございます!春を色に例えると「君」の答えは真っ白ですが、人によっては青だったり水色だったりと答えが変わりそうですよね✨この詩の要となる箇所をビビットいただきありがとうございます(*´∇`*)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    東雲そら

    2021年3月14日 20時06分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    一KOH

    ♡500pt 2021年3月10日 22時32分

    詩も書かれているのですね。『青春ランデブー』の2人の関係を思い出しながら読みました。あの作品の2人なら、遠距離恋愛でも乗り越えそうですが、この詩の2人は……。恋愛模様は十人十色。様々なカタチがあると思います。この詩の2人にとって、良いカタチが生まれますように。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    一KOH

    2021年3月10日 22時32分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    東雲そら

    2021年3月11日 0時05分

    一KOHさん お読みいただき応援ポイントまでありがとうございます!はい、詩も書いていますね✨想像の余地が生まれるように綴りましたが、この2人の行く末は…。色んな出会いと別れが生じるのも春ですね!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    東雲そら

    2021年3月11日 0時05分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • 2周年記念ウルスラ&女子作家ちゃん

    代官坂のぞむ

    ♡400pt 2021年3月17日 19時08分

    > 私には真っ白に見えるよ。 > 僕も君も気付いてしまうのか 「真っ白」に込められた、何もかも失ってしまうことの恐れや悲しみと、連絡を取りあう約束をして、一瞬つながったかのような後にくる、2文目のつらさ。すごいです。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    代官坂のぞむ

    2021年3月17日 19時08分

    2周年記念ウルスラ&女子作家ちゃん
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    東雲そら

    2021年3月17日 22時12分

    のぞむさん お読みいただき応援ポイントをくださりありがとうございます!前後の文によって「真っ白」は解釈次第では希望的側面がありますが、この詩ではかけ離れたニュアンスを持たせたいと思い綴りました✨今回の「真っ白」もそうですが、のぞむさんの切り取り方が美しくて大変光栄です⭐️

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    東雲そら

    2021年3月17日 22時12分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • エルフアーチャー

    ★Lakma★

    ♡100pt 2021年3月19日 8時05分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    ★Lakma★

    2021年3月19日 8時05分

    エルフアーチャー
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    東雲そら

    2021年3月20日 21時04分

    ★Lakma★さん お読みいただき応援ポイントまでありがとうございます!これはおよそ一年前に書いた詩ですね、そこまで力んでおらず、柔らかな文字の綴りかと読み返して思います✨ 少しでも気に入っていただけたら幸いです(*^^*)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    東雲そら

    2021年3月20日 21時04分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • 管理人さん

    桃口 優/努力で夢に挑む作家

    ♡100pt 2021年3月11日 0時56分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    神かな…?

    桃口 優/努力で夢に挑む作家

    2021年3月11日 0時56分

    管理人さん
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    東雲そら

    2021年3月11日 18時44分

    桃口 優さん お読みいただき応援ポイントまでありがとうございます!いえいえ、人間ですよ(*´∇`*)会話文が入っているため詩なのか小説なのかあやふやですが、気に入っていただけたら嬉しいです✨

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    東雲そら

    2021年3月11日 18時44分

    1周年記念ノベラ&ステラ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヤマアラシのジレンマ

    素直になり切れないけどホントはね

    217,827

    1,081


    2021年9月21日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • 恋唄綴り

    あなたに捧げる僕のメロディ

    500

    0


    2021年9月21日更新

    恋の詩を綴っていきます

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 負けるとご褒美映像のあるタイプの女勇者に転生してしまったorz

    ㊗️1周年イラスト追加 🔞に異世界転生!?

    522,900

    14,435


    2021年8月22日更新

    現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間23分

    この作品を読む

  • 子檀嶺城始末―こまゆみじょうしまつ―

    派手な戦の裏側で、地味な事件が起きていた

    10,600

    0


    2021年9月20日更新

    ※今作は、旧作【子檀嶺城戦記】をリライトしたものとなります。 旧作をお読みいただいた皆様も、改めてご一読いただければ幸いです。 ----------✂---------- 真田昌幸が「占拠」する信州上田城へ向かって、徳川軍が攻め寄せる。 上州沼田の領有権争いから持ち上がった真田と徳川(&北条)の闘争は、真田の本拠地での大規模戦闘に発展した。 昌幸の嫡男・源三郎信幸は、父に命じられた通りに伏兵部隊を率いて支城へ詰めた。 同じ頃、二十名ほどの男たちが、主戦場から遠く離れた子檀嶺(こまゆみ)岳の古城に入った。塩田平の地侍・杉原四郎兵衛の一党である。 真田と徳川の圧倒的戦力差から徳川軍が勝つと予想した四郎兵衛は、 「徳川に身方する」 と吹聴しつつも古城からは一歩たりとも出ず、 「勝利するであろう徳川軍からの勧誘」 を待つという消極的策戦を取ったのだった。 しかし半月が過ぎても、徳川からの迎えは現れない。 それもそのはずで、真田勢に敗れた徳川勢は、すでに東信濃から撤退済みだった! 廃城で孤立し、事態を知る手段もなく、不安に苛まれる四郎兵衛に耳に、銃声が聞こえた――。 天正十三年(1585)閏八月。 後の世に、第一次上田合戦と呼ばれる戦の裏側で起きた、ほんの数日間の「反乱」の顛末。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む