現代/その他ファンタジー 長編 連載中

この悪辣な天秤を心に宿して

作者からの一言コメント

第三部開始/ライバルは自分の中の別人格。

読了目安時間:8時間12分

 高校二年生の高野凛子(たかの りんこ)はある日の放課後、教室内で騒ぐ男子たちの会話を偶然耳にする。  そして「クラスのイケメン男子が一ヶ月後の夏祭りにて、親友の蘭奈(らんな)ちゃんに告白予定」との情報を知ってしまう。  実は、凛子は密かにその蘭奈ちゃんに恋心を抱いていたが、親友&幼馴染である彼女にはその気持をひた隠しにしていた。  恋する相手が誰かと付き合うのは嫌だ。でも、この気持は決して彼女には伝えられない――!  どうするべきか葛藤する凛子の前に、一人の魔女が驚きの提案をもって現れる。 「貴女のその人格を【友情】と【恋心】の二つの人格に分離してあげる! お互い争い合って、各自の望む結末を目指しなさい!」  魔女の提案する争いのルールは以下の通り――。  ・毎朝の起床時にランダムで人格が決まる。選ばれた人格は終日、行動する権利を得る。  ・一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈ちゃんがイケメン男子の告白を受け入れるか否かで勝敗を決する。  凛子は魔女からの提案を受け入れ、  【友情】の人格時には親友に彼氏が出来るように応援し、  【恋心】の人格時には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、  という矛盾に満ちた日々を送ることになる。  ――この争いの結末は、魔女も知らない。  ♪♭♪♭♪♭  私が大好きな要素をたくさん詰め込んでいます!  女の子たちの可愛い仕草や会話、ソフトな百合、心理戦、謎解き、ヒロインの葛藤&成長、そして アツい展開もあります!  予想ができないヒネクレた展開をお楽しみください。  ♪♭♪♭♪♭  毎週 火、木、土、日の 19 :30 頃 投稿予定です!  たまーに、他の曜日にも追加で投稿します (。・・。)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 この悪辣な天秤を心に宿して
作者名 木々井 やや
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 女主人公 現代日本 ノベプラオンリー 高校生 現代ファンタジー 百合 高校 ファンタジー 親友 友情 心理戦 魔女 恋心 片思い 謎解き
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年6月5日 19時30分
最終投稿日 2021年9月19日 19時30分
完結日 -
文字数 245,793文字
読了目安時間 8時間12分
ブックマーク登録 34件
コメント 141件
スタンプ 222件
ビビッと 13件
応援ポイント 300,000pt
ノベラポイント 26,345pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 秘密ある能力者はチカラを隠す!? いえ、ひっそりと生きています (旧 チカラとハルトと高校生活)

    処女作リメイク版です

    7,800

    0


    2021年9月21日更新

    飛島春翔は人間ではない。 空間転移という超能力を持った、人が創り出した人型クローンである。 彼はその事をひた隠し、神橋市で高校生活を送っていた。 空間転移能力、いやクローンの存在は世間には知られてはならないこと。 だが一人の女子生徒の命を救う為に、彼は無意識にそのチカラを使ってしまうのだった。 チカラは一人に知られ、また一人に知られ…… それでも彼は支えられながら生きていく。 仲間の様々な思いに翻弄されながらも、共に日々を過ごしていくちょっとした物語。 この作品はフィクションです。 実在する企業、団体、市町村とは一切関係ありません。 ※ 小説家になろうに投稿した作品のリメイクです。 大幅な加筆修正してありますので、お楽しみ頂けたら幸いです。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

  • オレと巫女たちと守護神

    少年と巫女たちと守護神のお話

    7,300

    0


    2021年9月21日更新

    猿田比古神社の後継者で中二のオレは、幼なじみの幸が悪しき縁に憑かれていると猿田比古神から知らされ、悪しき縁を魔除けの秘技で断ち切った。これがきっかけで幼なじみの幸と奈都が春休みにオレと妹の耀子とともに修行することになった。幸と奈都は耀子と同じに生霊を感じる心を持っていた。 一日遅れて知りあいのユウコ姉ちゃんが修行に加わった。彼女は脳の血管に奇形があり心を病んでいた。宮司の父と神々の指導でオレは彼女の心の世界に入り、彼女の心を満たした。母と鈿女神の指導もあり彼女の心は快方へむかった。 祈祷祈願者の生霊が幸と奈都に憑いた。オレはお祓いの祈祷をして生霊を祓った。伊奘諾神と伊奘冉神は生霊を放つ祈祷祈願者の心を満たし、オレに、人は心を満たすために生きていると教えた。罔象女神は、修行は他の多くの心を見て、オレの心でそれらを満たすことだと教え、神の心をオレに授けた。思兼神は、他の心に神の思いと心を伝えるために神の心を使えと教えた。オレたちは祭事と修行を重ねた。 修行の労をねぎらい皆で夕食をした帰り、オレは交通事故で大怪我をし入院した。猿田比古神は、破端霊が応現神になれるオレを狙ったといった。オレの心は応現神を理解しつつあった。 示談交渉で病室を訪れた弁護士から破端霊が現れてオレたち消滅しようとした。父の知人の弁護士から須佐之男神が現れ、オレの心と同調して破端霊を討った。耀子と幸と奈都とユウコ姉ちゃんはオレと同じ心の持ち主でその戦いを見ていた。 大怪我にも関わらずオレは病い平癒の神々の守護で二ヶ月余りで退院した。月読神は、心が豊かになれば心と心がつながり、他の心の世界へ行き来でき留まるのも可能だと教えた。オレたちは祭事と修行を重ねた。そして、皆が凡人だと思っていた父が心でオレたちに語りかけた。父はオレたちが応現神という凡人になれるといった。オレは、神々がオレたちを神々の後継者に認めたのを感じた。

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る