完結済 短編

はじめて死ぬかと思った日。トラウマとの付き合いかた。

作者からの一言コメント

実体験。心のトラウマと付き合い続けてます

心と体フェアですし、己の心の中にあるトラウマとか、大怪我をしたときの心の変化。実体験を書いてみました。 トラウマがテーマなので微妙にフェアにかすっているかな程度で、求められているだろう「病気」系統についてではありません。 自分の体験と心の変化と鼓舞の仕方を吐き出したかっただけ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 はじめて死ぬかと思った日。トラウマとの付き合いかた。
作者名 時雨オオカミ
ジャンル ブログ/活動報告
タグ 心と身体フェア トラウマ 怪我
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月12日 12時37分
最終投稿日 2020年5月12日 12時38分
文字数 4,431文字
ブックマーク登録 9件
コメント/スタンプ 25件
応援ポイント 13,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • おかげさまでロボコン入賞させて頂きました

    ♡24,463

    〇250

    SF・完結済・5話 逆津ツカサ

    2020年5月24日更新

    おかげさまでロボット工学三原則短編コンテスト入賞させて頂きました。ありがとうございました。 引用 ロボット工学三原則 出典:アイザック・アシモフ「われはロボット」小尾茉佐訳、早川書房

  • 人の数だけ世界は違って見える

    ♡160,900

    〇6,283

    異世界ファンタジー・連載中・31話 シキバヤシコ

    2020年7月6日更新

    魔王復活の兆しを受け、再び始まるであろう闘いに、初代勇者は憂いていた。 魔王は何故この世界に生まれたのか、勇者は何故その度に異界から召喚しなければならないのか。 繰り返されるこの戦いは、何故終わらないのか。 救えなかった<あの人>への罪を背負ったまま、年老いて前線を退いた今も、何を持ってすればすべてを救うことが出来るのかを模索していた。 一方、この世界に生きる人々は、それぞれの悩みを抱えながらも日々を懸命に生きていた。 ある者は、世界を護る為に。 ある者は、真実を知る為に。 ある者は、傍らで見守る為に。 ある者は、罪を贖う為に。 複雑に絡み合う彼らの関係は、とある人物を廻り、やがて一つの事実へと繋がって行く。 ****** パズルピースのように、それぞれのキャラ視点で、現在・過去の物語が少しずつ明かされながら進んで行きます。 何の変哲もない日常的な話が点在し、全ての断片を拾い集めつなぎ合わせれば、少しずつ世界が見えて来ます。 基本一話完結の群像劇型、ほぼ繋がってます。 ※十年程前に書いたものを今風にリメイクしているので、拙い上に表現が古臭いかも知れません ※時々こっそり加筆修正していたり、気が向けば挿絵が入っていたりすることもあるかも知れません。 ※異世界に召喚された勇者の活躍はあまりありませんので悪しからず。むしろ元々いる住人の話が主体です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る