恋愛/ラブコメ 長編 完結済

落とし物を届けたら双子の美少女がやってきました

作者からの一言コメント

双子ヒロインとのイチャイチャ日常ラブコメ

「陰キャの俺に美人の双子姉妹が友達とかありえないだろ…」 俺、進藤亮は友達が少ない。そんな陰キャの俺はある朝、読モをやっている美人同級生 朝倉さんのハンカチを拾う。 本人に渡すという選択肢もあったが、女子と話すなんて無理だ。朝倉さんの担任に渡しておけばいいだろう。 思えばこの時の選択が、俺の学園生活を大きく変えてしまうのだった。 拾ったハンカチは読モで有名な朝倉さんのものではなく、実は双子の姉である朝倉ミカのものだったのだ。 姉のミカは大人しくてアニメが大好き、妹のユカは快活で明るい性格で、二人の容姿はそっくりなのに性格は正反対。 そんな双子の美少女姉妹と落とし物を拾った縁で友達になってしまう俺。 それからというもの、学校一の美少女朝倉ユカとその姉朝倉ミカ相手に毎日ドキドキさせられてばっかりだ! 俺の今までの平穏で灰色の陰キャ生活がガラリと変わってしまったじゃないか。 落とし物を拾っただけで、陰キャが双子の美少女と仲良くなっちゃっていいのか!? 双子ヒロインとの高低差ラブコメ、ご覧ください! ※この小説はカクヨム様にも投稿しています

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 落とし物を届けたら双子の美少女がやってきました
作者名 taqno
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ コメディ ほのぼの 男主人公 現代日本 学園 日常 ハーレム ラブコメ 陰キャ 双子ヒロイン 甘々 ダブルヒロイン 美少女
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月17日 20時41分
最終投稿日 2020年11月22日 0時00分
完結日 2020年11月22日 0時00分
文字数 411,651文字
ブックマーク登録 42件
コメント 4件
スタンプ 67件
ビビッと 0件
応援ポイント 39,200pt
ノベラポイント 1,715pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡128,200

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・62話・215,936字 ぷりん頭

    2021年1月23日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

  • 主人公は凄腕付与魔法使いです。

    ♡562,850

    〇4,530

    異世界ファンタジー・連載中・319話・673,160字 ほむらさん

    2021年1月25日更新

    織田小烏丸はいつものように仕事を終えて帰る途中、道に出来ていた謎の穴に落下してしまう。 とても長い落下の途中で眠ってしまい、目が覚めるとそこは異世界だった。 しかしよくあるアニメや小説のような普通の異世界ではなく、強い者こそが国を支配する完全な弱肉強食の世界。まるで日本の戦国時代のように国取り合戦が繰り広げられていた。 すぐ横を通り過ぎて行った人が『邪魔だ』という理由だけで殺されるのを見て驚愕する。この世界は本当に人の命が虫けらのように軽い。 そのついでに俺までもが、世紀末でヒャッハーなモヒカン共に殺されかけていた所を、間一髪で一人の強き女に助けられる。 女の名はミスフィート。この国の悲惨な状況を打破するために、反乱軍のリーダーとして国の統治者と日々戦い続けているそうだ。 俺は決意する。 訳も分からず荒んだ世界の凶悪な奴らに、ただ殺されるなんて真っ平御免だ。 ならばこの強く美しい女の軍に入って絶対に成り上がってやる! 剣、魔法、スキル、と何でもアリの異世界で、強き者こそが絶対王者という群雄割拠の乱世を己の力で斬り開く、異世界成り上がり戦国物語が今始まる。 《見所を軽く紹介》 【戦闘】:相手は腐れ外道共なので一切容赦しません。 【ガチャ】:作品の肝となるアイテムが色々手に入ります。 【論功行賞】:ヒロイン達の紹介と共に、小烏丸のチート装備が貰えます。現代の服で女性達が華やかに! ※ジャバルグを撃破し尾張を掌握したミスフィート軍。次は他国の脅威を撥ね退け尾張を豊かな国へ! 小説家になろう、アルファポリスにも投稿しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 犯した罪が消えないなら、せめて

    ♡9,510

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・150話・181,917字 星野 優杞

    2021年1月26日更新

    このお話は小説家になろうからの転載です。そちらでは完結してますが、こちらで少しずつ投稿していってみようと思います。 私は魔王。明日、人間たちに宣戦布告をする。 緊張はあるが、気分は良かった。 そう――――― 自称勇者が寝室の窓ガラスを割って侵入してくるまでは。 から始まる勇者様と魔王ちゃんのお話です。 一応明るいテンポでラブコメを目指しています。 勇者様は2週目なので1週目で色々あったんですけど勇者様がそれをしばらくまったく説明する予定が無いので魔王ちゃんたちはそれを知らずに物語が進みます。最初の方は勇者様が2週目なのは勇者様と読者様しか知りません。 たまにちょっとシリアスになったり、真面目になったりしますが、ギャグメイン時々恋愛なノリで書いていきたいと思います。4コマ漫画みたいな感じを小説で出したいなーと思いました。ショートでセリフ多めで書いています。 たまにちょっとシリアスになるところで、ちょっと残酷な描写があるかもしれないので念のためにその辺りのキーワードをつけておきます。

  • 読んでいただけたら幸いです

    ♡1,000

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・45話・69,077字 月姫乃 映月

    2021年1月26日更新

    梅雨の季節、俺は家に帰る途中に雨に全身を打たれながら走る少女を見かけた。 その少女は雨で視界が悪いせいか、俺の隣を通る瞬間に地面に躓き、転びそうになった。 俺は、反射的に彼女の腕を掴み助けた。 「お前、もしかして彼方か?」 偶然にも、俺が助けた少女は、俺の隣の席に座る、桜城彼方だった。 彼方は学校で相当な人気がある、美少女だ。 「このままじゃ風邪ひく。とりあえず俺の家に来い」 俺は、傘も持たない彼方を家に招いた。 すると彼女から意味の分からない言葉が出てくる。 「付き合って」