詩/短歌 短編集 連載中

一茜の歌集(にのまえあかねのうたのーと)

作者からの一言コメント

なぜか高校生の時から私は和歌が好き

読了目安時間:1時間9分

普段から古語で和歌を詠むという、ちょっと珍しい趣味を持つ作者です。 そんな作者が実際に持ち歩いているノートから、特に好きなもの、又は読者の皆様に読んでもらいたいものを選び、解説を加えて投稿している歌集です。 専門的な解説ではなく、昔の自分に教えるつもりでわかり易い解説を心がけました。 そのため、「和歌分かんな~い」とか「古典苦手!」という方にもおすすめ! ゆっくりした気持ちになっていただけたらうれしいです(*´-`) ※たまに、和歌というより短歌に近いものや、俳句、川柳も入ってくるかもしれません。 ※別サイト版をご覧の方も楽しめる様、解説を書き直したり、再編集しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 一茜の歌集(にのまえあかねのうたのーと)
作者名 一茜
ジャンル 詩/短歌
タグ 和風 ほのぼの 日常 和歌 リリック 届け、言葉の力PJ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年6月27日 14時50分
最終投稿日 2020年7月18日 12時10分
完結日 -
文字数 34,580文字
読了目安時間 1時間9分
ブックマーク登録 42件
コメント 44件
スタンプ 170件
ビビッと 0件
応援ポイント 99,550pt
ノベラポイント 350pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    18,500

    60


    2021年5月4日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • とあるイタリア人の恋人に関する愛の話

    彼と彼女の同棲生活

    17,300

    0


    2021年5月14日更新

    「愛する人と過ごす日々は、いつだって素敵で素晴らしい日である」 これは、愛しい人とともに生活する人の話。 家事はできないが仕事はできるキャリアウーマン・絢瀬は、家事も仕事もできるイタリア人の恋人・ヴィンチェンツォと同棲している。そんな彼とのゆっくりと、そして優しく甘い日常の話。 連作短編形式なので、思いついたときに増えます。 どの話も世界観は共通ですが、基本的に時系列は繋がっていないので、どこからでも読めます。 気に入ったらスタンプなど感想をいただけると大変嬉しいです。 ※要素は限りなく薄いですが、性行為を匂わせる文面がないとは限らないので、セルフレイティングをつけております。 期待させるほどのものはありませんので、ご容赦ください。 個人サイト、カクヨム、小説家になろうでも同内容のものを連載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間55分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る