一茜の歌集(にのまえあかねのうたのーと)

読了目安時間:1分

しゅくぜんと

粛然(しゅくぜん)夜目(よめ)明々(あかあか) ()える月 えみえぬ人と いづれかちかき 《私の真面目訳》 静かに堂々と 私の夜の目にとても明るく 美しくきわだって見える月は 見ることができない君と どちらが近いのでしょう 《脚色した現代語訳 (語り口調)》 静かに堂々と明るく照らしている月は見ることができますが、どこかに行ってしまったあなたは会うことができず見ることもできません。ならば月のほうが近いのでしょうか。 《一応の解説》 粛然 静か。礼儀正しい。堂々としている。 夜目 夜にものを見ること。またその見ている目のこと。 明々(あかあか) 非常にあかるいさま。 《つぶやき》 発想はちょっとだけ古典あるあるです。 見ることができるものと見ることができないものでは、見ることができるものの方が近いと考えるのは当然。しかし、見えるものに『月』。見えないものに『遠くに行ってしまった人』を当てはめると……間違っているという印象より、切実な思いを感じますね! 季節の変わり目は体調崩すし、暑すぎても辛いです。皆様もお気をつけください

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女魔法使い

    ALIA

    ♡1,000pt 2019年9月25日 7時41分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    ALIA

    2019年9月25日 7時41分

    女魔法使い
  • 十二単風ノベラ

    一茜

    2019年9月25日 10時42分

    スタンプとポイントありがとうございます!月は美しいと愛でられることも多いですが、望郷の念や、恋人への気持ちなどの表現にも使われます。満ち欠けをするけれど、どこでも見えるし、完全に無くなることはないなど、魅力的ですよね!定期的に歌の題材にしたくなります(*´ー`*)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    一茜

    2019年9月25日 10時42分

    十二単風ノベラ
  • 文豪猫

    芥生夢子

    ♡300pt 2020年3月12日 8時54分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    芥生夢子

    2020年3月12日 8時54分

    文豪猫
  • 十二単風ノベラ

    一茜

    2020年3月28日 11時11分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ドヤァ

    一茜

    2020年3月28日 11時11分

    十二単風ノベラ
  • みりたりステラ

    kikazu

    ♡100pt 2019年10月19日 18時49分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊い…尊い…

    kikazu

    2019年10月19日 18時49分

    みりたりステラ
  • 十二単風ノベラ

    一茜

    2019年10月21日 8時05分

    (ちょっと話が逸れてますが)漢詩や、伝説などを踏まえて詠まれた和歌って結構あります。決められた部分を色々な人が詠むことになるのですが、発想が同じだからといって同じ評価にはなりません。いい案を思いついてもまだまだ完成までは遠いと意識して今日も詠む次第です( ´△`)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    一茜

    2019年10月21日 8時05分

    十二単風ノベラ
  • バビロン(デンドロ)

    海音(かいね)

    2019年7月28日 7時12分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    海音(かいね)

    2019年7月28日 7時12分

    バビロン(デンドロ)
  • 十二単風ノベラ

    一茜

    2019年7月28日 11時04分

    スタンプありがとうございます!あの時の知識って現代科学と照らし合わせると間違っていること多いです。でも、それが嫌でないというか、世界の解釈の仕方が美しいと感じます。今回は完全に意図的ですが「間違い=ダメ」とは感じないものが出来たと思います♩

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    一茜

    2019年7月28日 11時04分

    十二単風ノベラ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 彼女と彼の、微妙な関係?

    極普通の恋愛物です(キパ

    16,100

    510


    2021年6月10日更新

    ★表紙イラストは「ガン見してぅるメーカー|Picrew」にて作成させていただきました。7話には同様に、誌愛のイラストがあります。 自称ごく普通の平凡な女子高生、黒河(くろかわ) 沙理砂(さりさ)は過去のトラウマから、男嫌い、男性恐怖症の気があるのだが、ある日いきなり背の低い下級生、神無月(かんなづき) 全(ぜん)に告白されてしまう。 どうなる?どうする?歳の差、背の逆差のある二人の微妙な初恋ストーリー。 基本、一人称で、彼と彼女、どちらかの視点で話は進みます。 これは、同作者の剣恋のパラレル・ストーリーでありますが、基本的にあちらとはまったくの別物、関連はありません。 現代風日本の普通の恋愛ものです。あちらを読まずともまったく問題なく読めます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    91,800

    230


    2021年6月13日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間7分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 憂鬱チルアウト

    くたびれた社会性のクールダウン逃避行

    5,800

    0


    2021年6月14日更新

    詩というものに初挑戦してみました。誰かの心に何か残せたら嬉しいです。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 徒然茸

    明る・鬱・切な・恋等何でも有で一日一更新

    44,000

    100


    2021年6月13日更新

    一日一個の詩を書いてみることに挑戦したもの。書きたいように書きなぐっているのでテーマはバラバラです。 三行くらいのとても短いものばかりなので日めくりカレンダーみたいなものだと思ってください。放っておいても勝手に生えてくるイメージで「茸」とつけてます。浮かんだものを書きなぐりながら、自分の技術の向上を目指しています。 検索かけたら他にも同じことしている方がいらっしゃるようなので何番煎じかは分かりませんが。

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む