完結済 短編

徒歩

作者からの一言コメント

傷つきあって、大人になる。昔の詩。

傷つきあって、大人になる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 徒歩
作者名 あき
ジャンル 詩/短歌
タグ 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月29日 19時56分
最終投稿日 2020年6月29日 19時57分
文字数 58文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 9,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夏と海と南島編!レン!異世界を楽しむ

    ♡121,901

    〇15,100

    異世界ファンタジー・連載中・49話 ネコカレー

    2020年7月14日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる。 転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムの「レム」メイドの「ミュウ」ギルドマスターの「セレナ」と共にギルド結成 レンはレベルアップして召喚石で召喚獣の「ライ」と「アンジュ」をサモン!そしてなんとスキルで人の姿に変身!? この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 【ジャンル異世界ファンタジー】ランキング日間週間と月間1位を獲得しました!いつも読んでいただきありがとうございます! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

  • 一人?違うな、俺達が妖魔師だ。

    ♡14,200

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話 ぷりん頭

    2020年7月14日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る