ホラー 短編 完結済

我は罪人~蜘蛛の糸たぐらざらんや罪の果て~

作者からの一言コメント

蜘蛛の糸は人間を選ばない。選ぶのは人間だ

読了目安時間:1時間6分

死後、地獄に落ちた男がいた。 荒涼たる赤い大地をさまよい歩くその男は、 自らが罪人(つみびと)であり、その罪を償わなければならないことを理解する。 しかし、その償いとは絶望そのものであった。 罪人ひしめく、救いなきこの地獄。 出会うは、意志と希望を失った人間達と、異形の怪物どもばかり。 永遠にも感じられる時の中で、男も絶望の淵へと呑み込まれるのか。 この赤い大地には、あまりにも絶望が満ちている。 だが。しかし。だからこそ―― 薄く儚い希望が、たったひとつだけここにはあった。 蜘蛛の糸。 それは、地獄に差し込む一筋の光。 希望と絶望を繋ぐ糸。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 我は罪人~蜘蛛の糸たぐらざらんや罪の果て~
作者名 R・S・ムスカリ
ジャンル ホラー
タグ ノベプラオンリー 短編 ダーク シリアス 男主人公 和風 死後の世界 地獄 償い
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年5月30日 17時01分
最終投稿日 2021年6月9日 17時01分
完結日 2021年6月9日 17時10分
文字数 33,014文字
読了目安時間 1時間6分
ブックマーク登録 7件
コメント 8件
スタンプ 31件
ビビッと 2件
応援ポイント 14,600pt
ノベラポイント 91pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヴァンパイア オブ デッド Vampire of dead

    多数サイトに投稿しております。宜しくです

    5,800

    325


    2021年6月22日更新

    ある日、世界各国の大都市にてZゾンビが発生し、北米でも東海岸中心に被害が拡大しつつあった。 発生から1週間経った頃、アメリカ東海岸の北端の州、メイン州ポートランドにて、湧き出るゾンビに悪戦苦闘しながら生存方法を模索するエリア最大の避難所があった。その近隣の一つの小さな避難所から数十名の女子供が拉致される事件が発生、そして拉致犯の吸血鬼達はポートランド避難所を襲う。 奪われた家族を取り戻そうとする3人の若い男女がゾンビと盗賊と吸血鬼が跋扈する世界を旅をしながら様々な事件、人、敵と遭遇する……………… ためになる?ガチで実在する情報とニヤリとするネタを多数散りばめてあり、作者に聞くと「あれは……」と返してくるか天然ボケかますかのどちらかです。それもこの作品のネタの1つであります。 設定と会話のノリと豆知識、ストーリー展開を楽しんでいただければ幸いで御座います。 ☆小説家になろうさん、カクヨムさん、ツギクルさん、アルファポリスさん、pixivさんにも掲載中です☆

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間47分

    この作品を読む

  • 眇眇たる小話

    後味がいいような悪いような話の寄せ集め

    170,900

    790


    2021年6月22日更新

    ハッピーエンドに見せかけた偽りの幸せが好き。眇眇(びょうびょう)。これらの物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 【お気に入り】 002 霊を見たことがある 006 真夏の凶行 014 大統領 018 8月32日 019 社会のネジ 023 執筆中に邪魔が入る件 027 万有引力 031 夢の夢 032 スタンプ 034 狂い方 037 猫好き 043 ふかふか羽毛布団 050 切腹の習慣 056 酒飲む理由 058 缶コーヒーロシアンルーレット 072 選んだ選択肢 074 新説「月が綺麗ですね」 082 進学塾の事件 088 甘い甘い缶コーヒー(微糖じゃないよ) 089 ニャーミャーパラダイス 092 新人へオクる言葉 096 究極の 120 ノーズボン

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間59分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む