連載中 短編

粉塵大爆発

作者からの一言コメント

粉野郎が何か呟くブログ

社畜歴15年の片栗粉が職場のたのしい話をしたりしなかったりするブログというより好き勝手に散らばす何か。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 粉塵大爆発
作者名 片栗粉
ジャンル ブログ/活動報告
タグ ブログ 職場 社畜
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月20日 22時45分
最終投稿日 2020年6月18日 20時01分
文字数 9,092文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 22件
応援ポイント 6,200pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 8月は毎日15時に更新します!(目標)

    ♡4,700

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・16話 yuyu&STYY

    2020年8月14日更新

    1960年、ソ連のウラル山脈にあるカリヤ鉱山にて、謎の光るエネルギー球が発見される。 国際的な協議の結果、ソビエト連邦主導で世界各国からの研究者を募って、未知のエネルギーの研究が始まった。 1965年5月13日、実験中に突如爆発。 エネルギー球への道は爆発によって生じた瓦礫によって閉ざされ、十数年の間人の干渉を受けない環境へエネルギー球は置かれた。 それと同時に、世界中の人類に異変が起きる。 指先から火をだしたり、腕がある程度伸びたり、脳が一時的に活性化するなどのある種の『能力』を手に入れる人々が誕生した。 それらの『能力』を駆使し、人類は技術がかなり進歩することとなる。 コンピューターと接続でき情報を持ち運べる情報携帯機や携帯電話、核兵器の安定的な運用など本来の科学の成長スピードを大きく上回る結果となった。 そんな世界に、能力が強い1人の男が生まれた。 彼はとあることをきっかけに諜報員を目指し、そして望む職と金が手に入った。 1985年、彼は敵国への諜報に何とか成功したが、逃げ込んだ先の路地裏で見知らぬ少女に気絶させられる。 男が目を覚ますとそこは別の路地裏だった。 そこで追手との交戦で死にかけてから、壮大な物語へと飲み込まれていった。 (プロローグは読み飛ばしても構いません。この物語をガチガチに考察したいという変わった方のみお読みください) ・これは「AGENT-エージェント-」(処女作)の改稿版です。 ・自分(執筆、ストーリー設定)とネッ友のSTYY(キャラ創作、ストーリー設定)と一緒に書いています。 ・伏線回収が遅いです。気長に読みたい人向けです。 ・一部のキャラクターに関するサイドストーリーの執筆を計画中。 ・この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ★最高成績★ ・日間ジャンル別 5位 ・日間総合 36位 ★公開順★(基本1日1話を目標) ・15話 スタローバヤ 8月12日午後3時 ・16話 アリエチカ邸 8月14日午後3時 ・17話 食事会と帰路 8月16日午後3時 ・18話 次のステップへ 8月17日午後3時 ・19話 RMと能力者部隊 8月18日午後3時

  • 怪魔が蔓延る闇夜に彼らは現れる。

    ♡41,100

    〇230

    現代/その他ファンタジー・連載中・38話 ぷりん頭

    2020年8月15日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る